カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


業界ナレッジ

by荻久保健一 荻久保健一

マーケティングにまつわるコラム・インタビュー記事の一覧(まとめ)

「プロの転職」サイト内には、マーケティング職をテーマにした記事コンテンツが数多く公開されています。

そこでここでは、ユーザーの皆様によりわかりやすくお使いいただくために、そのすべてを一覧にしてご紹介します。

タイトルと概要をあわせて記載しますので、マーケティング職の働き方について広範囲に知りたい方も、ピンポイントで確認したい方も、便利にご活用ください。

≫≫マーケティング職の転職相談はこちら(無料)≪≪

目次

マーケティング職とは?

こんなにある「マーケティング」の職種!転職するには?年収は?徹底解説!

こんなにある「マーケティング」の職種!転職するには?年収は?徹底解説!

就職を控えた大学生たちの間で広告業界へ志望する人は昔から多いですが、この業界での仕事には幾つもの部署があります。

それらの部署の中でも、特に広告で要となるのがマーケティング職。これは何も広告代理店に限ったことではなく、一般の企業の中にもこのマーケティング職という部署はあります。

そこでこの記事では、マーケティング職という仕事はいったいどういう内容なのか、転職するためにはどのようなスキルが必要なのか、さらにその年収などを解説していきます。

本記事はこちら

マーケターの年収はどれくらい?年収アップのために必要な能力とは

マーケターの年収はどれくらい?年収アップのために必要な能力とは

どれくらいの年収をマーケターは稼げるか知っているでしょうか。専門性の高い分野で活躍するマーケターは、かなりの高収入も目指せる仕事です。

年収が上がる人には共通点があり、それを押さえればキャリアアップも夢ではありません。この記事では、マーケターとして必要な能力や、マーケターになる方法について解説していきます。

本記事はこちら

事業会社勤務マーケティング職の仕事と年収・役立つ資格・勤務のメリット/デメリット

事業会社勤務マーケティング職の仕事と年収・役立つ資格・勤務のメリット/デメリット

マーケティングといえば、華やかな職種というイメージを抱いている人も多い、人気の職種です。

しかし、実際の業務内容は多岐にわたるので、マーケティングに関心はあっても具体的な仕事内容や年収などに関してはよく分からない場合も多いでしょう。

特に人気のある事業会社のマーケティング職に将来就きたいと考えている人は、この仕事の実態を知りたいと考えているのではないでしょうか。

そこでこの記事では、事業会社におけるマーケティング職の特徴やメリット、収入などの情報を詳しく紹介します。

本記事はこちら

マーケター職のキャリアプラン

マーケティング業界でのキャリアアップに必要なスキルとは?

マーケティング業界でのキャリアアップに必要なスキルとは?

マーケティング業界内でのキャリアアップをお考えですか?

日本のビジネスでのマーケターの地位は少しずつ上がって来ていると言われていますが、だからといって、何もしなくても業界にいさえすれば年功序列で上がっていけるというわけではありません。

マーケティングがデジタル化している」といわれている昨今(もちろんダイレクトマーケティングもなくなっていませんし大変重要です)、今後キャリアアップを目指していくなら、どんなスキルが求められるのでしょうか?

総合広告代理店が「統合マーケティングエージェンシー」を称するようになってきている時代背景も踏まえて解説します。

本記事はこちら

【若手マーケティング職向け】本気でキャリアプランを考えていますか?

【若手マーケティング職向け】本気でキャリアプランを考えていますか?

マーケティングの仕事を始めたばかりか、始めようとしていて、「マーケターとして今後どんなキャリアプランを立てたら良いのか?」 と、迷っていませんか?それもそのはずです。

キャリアプランを立てるコツを掴んでイメージができなければ、マーケティング職でのキャリアプランを立てるのは難しいことなのです。

そこでここでは、そんなマーケティング職でのキャリアプラン例や、プランを立てるコツをご紹介します。

このコツを掴んで、あなたの人生にとって有意義なマーケティング職でのキャリアプランを立ててみてください。

本記事はこちら

マーケティング職のキャリアプラン!CMOの有無でキャリアパスはこんなに違う

マーケティング職のキャリアプラン!CMOの有無でキャリアパスはこんなに違う

マーケターがマーケティング領域でのキャリア構築を考える場合、キャリアの組み立て方において重要な要素になるのが、自分の勤務する企業がCMO(Chief Marketing Officer、和訳:最高マーケティング責任者)職を置いているかどうか?という点です。

実際に、CMOの有無によって企業におけるマーケティングの捉え方や、マーケター自身のキャリアパスが大きく異なってくるからです。では、具体的にはどのように異なってくるのでしょうか?

メーカーでの実際のキャリアアップ例と転職ケースを取り上げながら、マーケターのキャリアの選択肢について解説します。

本記事はこちら

マーケター職への転職成功術

大手広告代理店でマーケターになる夢を叶えた! 転職成功の決め手は?

大手広告代理店でマーケターになる夢を叶えた! 転職成功の決め手は?

プロの転職を利用して転職に成功した事例を紹介するシリーズ企画。今回はリサーチ会社から大手広告代理店へと転職したAさんの事例。

担当は、アイレップの出身でデジタルマーケティング領域に強みを持つコンサルタントの野崎大輔です。

本記事はこちら

まさかの年収200万円アップ! 大手デジタル広告会社からマーケティングエージェンシーへ

まさかの年収200万円アップ! 大手デジタル広告会社からマーケティングエージェンシーへ

プロの転職を利用して転職に成功した事例をご紹介するシリーズ。今回は大手ネット系広告代理店からマーケティングエージェンシーへと転職したDさんの事例。

担当は、キャリアコンサルタントCOOの飯田賢平です。

本記事はこちら

マーケティング職3年、27歳。代理店から事業主側に転職したい!~キャリアのお悩み相談室Vol.4~

マーケティング職3年、27歳。代理店から事業主側に転職したい!~キャリアのお悩み相談室Vol.4~

プロの転職に寄せられたキャリアに関する悩みや不安に、デジタルマーケター出身のキャリアコンサルタントが歯に衣着せずお答えします。

第4回目のお悩みは「マーケティング経験3年で事業主側への転職はアリかナシか?」というご相談です。それでは、さっそくお悩みからご紹介しましょう。

本記事はこちら

デジタルマーケターに関する記事

【徹底解説】デジタルマーケターってどんな仕事?転職するには?年収は?

【徹底解説】デジタルマーケターってどんな仕事?転職するには?年収は?

デジタルマーケターという職業を知っていますか?デジタル時代が進み、デジタルマーケティング領域を担うデジタルマーケターは転職市場でもますます需要が増加しています。

これからなる場合や転職をする時、仕事内容や必要なスキル・目安となる年収などを知っているといいですよね。そこでこの記事では、デジタルマーケターについてあらためて解説します。

本記事はこちら

デジタルマーケターに求められる役割と必要な性質とは

デジタルマーケターに求められる役割と必要な性質とは

スマートデバイスが爆発的に普及したことによって、企業におけるマーケティングの取り組み方も大きく変容を遂げました。

欧米から始まり、今もなお発展を続けているデジタルマーケティングのテクノロジーは、海外の国々を超えて日本にも普及。

現在は多種多様なメディアを通じて「デジタルマーケティング」という用語を耳にする機会も増しています。

本記事ではそのデジタルマーケターに求められる役割と必要な性質について解説しています。

本記事はこちら

儲かる?つらい?デジタルマーケティング業界の業務と年収

儲かる?つらい?デジタルマーケティング業界の業務と年収

平均年収は約440万円より高い?低い?一般のサラリーマンの平均年収は約440万円程度だと言われていますが、デジタルマーケティング業界の平均年収はいったいいくらくらいなのでしょうか。

本記事はこちら

デジタルマーケターが20代、30代で身に付けておくべきスキルとは?

デジタルマーケターが20代、30代で身に付けておくべきスキルとは?

キャリア・年齢と身についているスキルが見合っているかを常に意識すること。それは業界で成功するための近道です。

20代、30代の時点で身についているべきスキルを明らかにしようという企画、2回目は「デジタルマーケター編」。今のあなたは、本来いるべき地点に到達しているでしょうか。

本記事はこちら

デジタルマーケティング領域における企業ニーズの高いポジション3選

デジタルマーケティング領域における企業ニーズの高いポジション3選

この記事では、デジタルマーケティング領域におけるニーズが高い人材についてお伝えします。

もはや広告・マーケティング領域でキャリアを高めるにはデジタルは避けて通れない道であり、弊社にもデジタル人材の求人ニーズが殺到していますが、そのニーズを満たす人材が圧倒的に不足しているのが現状です。

感覚的に、企業ニーズ8に対し、人材2といったバランスといったところでしょうか。業界人材のリアル最前線で、特に人材が取り合いになっている激戦区ポジションは以下の3つです。

  • エンジニア、データサイエンティスト系職種
  • パフォーマンスメディアに関するキャリアをお持ちの方
  • デジタルマッチするタイプの第二新卒

それぞれ解説していきましょう。

本記事はこちら

Webマーケターに関する記事

広告会社?事業会社?全然違うWebマーケターの気になる年収

広告会社?事業会社?全然違うWebマーケターの気になる年収

Webマーケターと聞いてどのような仕事をイメージするでしょうか。広告の費用が少ないと、商品の売り上げが伸びないという関係はもう過去の出来事。

なんとなく、ECに関連した仕事であることは分かっていても、具体的な中身についてはイメージが掴み難いかも知れません。

Web関連の仕事に就いていて、既にある程度の知識を持っている方であれば、SEO対策やアクセス解析のスキルを活かせる仕事であると考えるでしょう。

結論としては、それも間違いではありません。商売を成功させるためには、広告手段は重要です。

もちろん、高額な費用をかけていても売れるとか限りませんし、場合によっては採算が取れないこともあり得ます。

何より予算が厳しい事業者にとっては、広告に要する費用が賄えないがために、商品の売り上げが伸びないということもあるでしょう。しかしそれは、もう過去の出来事でしかありません。

本記事はこちら

20代のWebマーケティング担当が資格を取得するメリット

20代のWebマーケティング担当が資格を取得するメリット

Webマーケティングに関する資格はいろいろあるものの、Webマーケティング担当として仕事をするだけであれば資格は必要ありません。未経験でも、OJTで仕事を覚えることができます。

しかし、若いうちに資格を取得することで今後のキャリアが大きく変わってきます。

そこで、ここでは20代のWebマーケティング担当者が資格を取得するメリットと、取得しておきたい資格について紹介します。

本記事はこちら

ストラテジックプランナーに関する記事

【ストラテジックプランナー】商品開発からコミュニケ―ション戦略までマーケティングの最上流から携わる

【ストラテジックプランナー】商品開発からコミュニケ―ション戦略までマーケティングの最上流から携わる

ストラテジックプランナーは通称「ストプラ」と呼ばれていて、広告がつくられる最初の段階で活躍する重要な職種です。

頭脳明晰であることはもちろん、意外にも体力や忍耐力も求められるタフなポジション。求められるスキルや仕事内容、年収などについて見てみましょう。

本記事はこちら

野崎大輔によるマーケティング徹底解説

野崎大輔のデジタルマーケティング入門

野崎大輔のデジタルマーケティング入門

プロの転職のキャリアコンサルタントの中でもデジタルマーケティングのスペシャリストである野崎大輔が、デジタルマーケティング業界への未経験転職を検討している皆さんに向けて、応募にあたって押さえておきたい基礎知識を解説していきます。

Vol.1 「3分で分かる日本の広告マーケット」は こちら

Vol.2 「なぜインターネット広告は伸びているのか?」はこちら

Vol.3 「これだけは覚えておきたい3つのキーワード」はこちら

10年後、20年後に生き残る人材になるためには?「キャリアコンサルタント目線の市場価値について」マーケターキャリアセミナー(前編)

10年後、20年後に生き残る人材になるためには?「キャリアコンサルタント目線の市場価値について」マーケターキャリアセミナー(前・後編)

この記事では、株式会社バイセルテクノロジーズ様にお招きいただいて開催した、マーケティングキャリアセミナーの模様をお伝えいたします。

「スーツにネクタイ、それっぽい面談をして求人票が大量に出てくる、数撃てば当たると言わんばかりのマッチングをして、ラッキーパンチがあれば決定年収の約35%の成果報酬が入ってくる」という”転職エージェント”の一般的イメージからすると、「エージェントが企業に所属している人に対して何をするのか?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、弊社は自分たちのことを「転職させ屋さん」とは思っていません。むしろ上記のような業界を変えたいと考えています。

一人ひとりの人生を考えるキャリアコンサルタントとして求職者のみなさまと接していることをご理解いただいているからこそ、今回は中立の立場としてマーケティングに携わる「マーケター」のキャリアについて、お話をさせていただきました。

日本のマーケターやマーケティングに関わるみなさまが、それぞれのキャリアを考えるヒントにしていただければ幸いです。

前編はこちら><後編はこちら

マーケティングプロデュース業に関するインタビュー記事

【株式会社ベストインクラスプロデューサーズ】《Part1》「デジタルマーケティング」の支援ではなく「デジタル時代のマーケティング」の支援を。

【株式会社ベストインクラスプロデューサーズ】インタビュー

デジタル領域の成長は著しく、人材採用においても、新卒・キャリアニーズともに右肩上がりの状態が続いています。

キャリア形成において、転職という手段が当たり前のデジタル業界だからこそ、このまま現職に残るべきか・転職すべきか、という悩みは常についてまわります。

周囲の仲間が転職するたびに、このまま残っていたら出遅れるのではないかと不安になるのも当然です。だからといって、漠然としたイメージのままで転職に踏み出すのは推奨しません。

この記事のゲストは、「マーケティングプロデュース業」という独自のビジネスを立ち上げた、株式会社ベストインクラスプロデューサーズ(以下BICP)の代表取締役社長・菅 恭一(すが・きょういち)氏です。

事業への想い、仕事への取り組み方、そして業界の未来について語っていただきました。

Part1「デジタルマーケティングの支援ではなくデジタル時代のマーケティングの支援を」はこちら

Part2「戦略領域まで思考を巡らせることが市場価値を高める秘訣」はこちら

かんたん3分!マーケティング転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら末

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

荻久保健一

荻久保健一

この記事を監修した人 荻久保健一 執行役員マーケティング本部長

これからの新しい働き方「副業転職」や「一分の一転職」をマーケティングの力で広げるために日々奮闘する美容好きおじさん。自身も転職を複数回経験し、マーケターのキャリアに関する知見も豊富。

SNSで記事をシェア