カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


業界ナレッジ

by依田昂騎 依田昂騎

【広告代理店の職種】ビジュアル制作の総責任者、アートディレクター

広告業界のさまざまな職種を解説するシリーズ、今回は「アートディレクター(AD)」を取り上げます。

主に広告代理店で働くアートディレクターの仕事内容や必要なスキル、年収、転職事情について見ていきましょう。

アートディレクターとは

アートディレクターとは

アートディレクターとは、紙媒体やWebサイトといった制作物におけるビジュアル表現の責任者です。よく「AD」と略して書かれます。

クライアント、プロデューサーなどの意向を汲みながら、クリエイターの実力を引き出し、作品として世に送り出します。

アートディレクターの仕事内容

アートディレクターは、多くの場合、営業(アカウントエグゼクティブ)からアサインされて、主に案件のビジュアル制作を統括します。

大手代理店のADは、自分の手を動かしてデザイン業務をすることは稀で、デザインの方向性を決める、外注先のクリエイターや部下のグラフィックデザイナーに制作の意図を伝える、ビジュアル表現の部分を クライアントにプレゼンするなどの業務に注力します。

ADの仕事は、デザイン力はもちろんですが、アイディア力がものを言います。

そのアイディアを形にするため、クリエイティブディレクターと共に、広告のコンセプトに沿ったラフづくりを行い、グラフィックデザイナーコピーライター、カメラマン、イラストレーターなどのスタッフと連携をとります。

大手広告代理店のADが比較的大きな案件に関わることが多いのに対し、プロダクション(制作会社)のADは、規模の大小を問わずプロジェクトに参画し、時には自ら手を動かしてデザイン作業を行うこともあります。

案件の多くは代理店から声がかかり、プロジェクトが進行していきますが、クライアントからダイレクトに依頼がくることも。

また、もともとは代理店のADとして活躍していた人が、独立してプロダクションを立ち上げることもあります。

アートディレクターになるには

アートディレクターになるには

大手広告代理店のADになるには、美大卒であることが前提です。その中でも内定をもらえるのは大手1社につき、年間たった1~2名、とても狭き門なのです。

入社直後はデザイナーとして活躍しますが、同時にアートディレクターへと成長するための訓練もするので、デザイン力はもちろんのこと、センスや企画力、アイデア力も求められます。

プロダクションのADになるには

美大、専門学校のほか一般大学であっても入社できる可能性が高まります。

どんな場合でも入社当初はグラフィックデザイナーとしてキャリアがスタートし、最初からADとして成長させるための教育を受ける大手代理店と違い、あくまでデザイナーとしての素養を磨きます。

もちろん、将来ADとして活躍させるための訓練をする会社もたくさんあるので、会社を選ぶ際は、将来自分がどうなりたいかをきちんと考えることが大切です。

アートディレクターのキャリアアップ

アートディレクターのキャリアアップ

ADとしてキャリアを積み、一流を目指します。

役職や会社経営に参加するといったキャリアアップは稀で、その先にあるのは、ずっとADのまま活躍するか、CD(クリエイティブディレクター)へのステップアップです。

また、将来独立するという選択肢もありますが、どちらを選ぶかは人それぞれです。

プロダクションのADのキャリアアップ

デザイナーとしてキャリアをスタートさせ、だいたい10~15年ほど経験を積むとADとして制作物の責任者となるケースが多いようです。

会社の規模にもよりますが、より経営に近い立ち位置となり「シニアAD」といった呼称をされる場合も多くなります。

アートディレクターの年収

アートディレクターの年収

大手代理店、プロダクションともに個々のスキルや請け負う案件の内容、数によって幅が出ます。目安としては以下の通りです。

35歳年収 500万円~800万円
40歳年収 600万円~1200万円

800万円~1200万円にまで達するケースは少数。

もちろん、独立をし成功するとそれ以上の額に達することもありますが、それはほんの一握りの人だけ。

デザインセンスや発想力だけでなく、営業力や経営力も必要になるため、決してやさしい道ではありません。

いかがでしたでしょうか。アートディレクターは誰でもなれる職業ではありませんが、年収や責任の幅も含めて、魅力的なポジションですね。

ご自身がアートディレクターを目指したいけど目指せるだけの力がついているかわからない場合、または、現在アートディレクターで別会社に移られることを検討している場合は、ぜひ業界に精通したキャリアコンサルタントにご相談ください。

最新情報を常にアップデートして、お待ちしております。

アートディレクターの無料転職相談はこちら

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら末

この記事を読んだ方におすすめ

【広告業界の職種】グラフィックデザイナーの仕事内容と年収、転職事情

【徹底解説】デザイナーで年収1000万円は目指せる!

【刺さるプレゼン】クリエイティブディレクター松尾卓哉氏に学ぶピザーラ、KIRINなどヒットCM連発の極意

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

依田昂騎

依田昂騎

この記事を監修した人 依田昂騎 プロテンマガジン編集長

クリエイティブ出身のマーケター。コンテンツディレクター。これまでのキャリアを活かして、働き方改革やキャリアをテーマにした各種メディアで発信中。

SNSで記事をシェア