カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


転職ノウハウ

by野崎大輔 野崎大輔

第二新卒の転職でベストな転職理由は?面接官に刺さる転職理由の作り方を解説

第二新卒の転職理由は、人によって様々。ただ、リアルな転職理由はネガティブなものが多いので、面接で正直に伝えるのは良くないケースが多いです。

転職理由はポジティブな言い方に変換し、できれば志望動機と一貫した内容となるのがベスト。

この記事では、第二新卒が応募書類や面接で伝える際に、望ましい転職理由の考え方や具体例などを紹介します。

最後まで読めば志望動機までつながる、素晴らしい転職理由が書けるようになりますよ。

≫≫広告・IT/Web業界に強い「プロの転職」の無料登録はこちら≪≪

第二新卒のリアルな転職理由

第二新卒のリアルな転職理由

第二新卒はなぜ転職を決意するのでしょうか?

転職理由は本当なら「やりたいことが別にある」などポジティブなものが望ましいですが、実際は今の職場に不満を感じてのネガティブな理由が多いです。

まずは、第二新卒のリアルな転職理由を紹介していきます。

人間関係で失敗した

上司や同僚等との人間関係が上手くいかず、転職するケースは多いです。

学生の頃は気が合う人とだけ付き合っていれば良いですが、社会人になると苦手な人とも良好な関係を築く必要があります。

この違いにつまずき、職場の人間関係でストレスを抱いてしまう若者は多くいます。「業務のことより人間関係が上手くいかないほうがつらい」ともらす第二新卒も多数います。

体験談

上司がキツイ言い方をする人で話しかけるのが苦痛。勇気を出して報告するも「声が小さい」とどやされ、委縮してしまう。もっと優しい上司の下で働きたい…

残業が多い

残業が多くてプライベートな自分の時間が取れないことも、第二新卒のリアルな退職理由として多いです。

政府は働き方改革の推進を必死に訴えていますが、実際はどこも人手不足ですから、残業しないと仕事が回らない企業が数多く存在します。

若手は業務を覚えるだけでも精一杯のため、ベテランよりも仕事に時間がかかってしまい、残業量も多くなります。

体験談

いくら人手不足だからといっても、新人にいきなりテレアポ300件はおかしいだろ!毎日終電で帰っているし、もっと楽な職場に転職したい…。

給料が安い

給料が安いことも、第二新卒が転職を考える大きな要因です。

若いときは「頑張って給料をもらったのだから好きなことに使いたい」と思いがちですが、家賃や食費、住民税や年金などの支払いを考えると、残ったお金は微々たるものです。

日本は勤続年数を重ねるごとに徐々に給料が上がっていく給与体系の会社が多いですから、若いころは給料に不満を抱きやすいです。

体験談

大学の友達と久々に会って給料の話をしたら、自分だけ明らかに給料が低い。1人暮らしで生活するだけでカツカツだし、もっと給料が良い職場に転職したい…。

このように、転職を考えている第二新卒は、はじめての職場で人間関係や待遇面で不満を抱いていることが多いです。

社会人になると、学生時代までとは違いよりたくさんの人との人間関係が発生するので、必ずしもうまくいかないこともあるかもしれません。

そこで大切なのは、転職する際の退職理由の伝え方。間違っても前の職場で感じていた不満をそのまま面接で告げないようにしてください。

転職理由の伝え方

転職理由の伝え方

企業側が第二新卒の採用にあたり懸念しているのが以下の2点です。

  • またすぐ辞めてしまわないか
  • この人はうちの会社に価値を与えてくれるのか

この不安点が解消されるよう、転職理由を伝える必要があります。

退職理由というのは、その人の労働観や職業観を色濃く反映しているため、その人がどんな人物か知る上で非常に重要な役割を果たします。

転職理由の理想の伝え方は以下の通りです。

ポジティブな内容に変換する

実際の退職理由がネガティブなものでも、ポジティブな内容に変換して伝えましょう。

不満をダイレクトに伝えてしまうと、採用担当者から「うちでもすぐ文句や不満を吐きだすのでは…」と敬遠されてしまうのです。

それに前向きな理由のほうが聞いていて気持ちがいいものです。新しい環境を自分の意志でつかみ取ろうとしているのだなと、肯定的に捉えてくれるでしょう。

志望動機に一貫性がある

転職理由と志望動機に一貫性を持たせるようにしましょう。

転職理由と志望動機に食い違いがあると「あれ、さっきと言っていることが違うな…。もしかしてウソをついているのかな」と疑惑の目を向けられてしまいます。

例えば、「前職では業務に裁量権がなかったので自分の意見を仕事に反映できる職場で働きたいと思った」と言っていたのに「ワークライフバランスが保たれている御社に魅力を感じた」と伝えると、どうでしょう?

裁量権を持って働くためには、人よりも努力する姿勢が必要です。それなのに、プライベートの充実も求めているのは、一貫性がありませんよね。

面接官も何人もの求職者を見てきたプロですから、このような違和感は見逃してはくれません。

突っ込まれてしどろもどろにならないためにも、転職理由と志望動機は一貫性を持たせるべきです。

他責にしない

第二新卒など短期間の離職の場合、転職理由を職場のせいにしがちですが、他責な理由は良くありません。

長時間労働やパワハラなど労働環境が悪かったことは事実かもしれませんが、自分にも悪いところはなかったか顧みる姿勢が必要です。

とげがある言葉づかいをしていたり、ストレス耐性が欠如していたりなど、自分に問題はなかったでしょうか?

転職活動を長期化させないためにも、自責の念を持ち、一度退職理由を見つめなおしてみましょう。

\転職ノウハウ伝授します!/

かんたん3分!第二新卒の転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

どうやって前向きに一貫して伝えるか?

どうやって前向きに一貫して伝えるか?

上記で解説した通り、転職理由を伝える際は「ポジティブに志望動機と一貫するよう伝える」のがポイントです。

しかし、「そうはいっても前の職場に不満しかないし、しかも志望動機につなげるのなんて無理だよ…」と思う方もいるでしょう。

そんな転職理由を上手く考えられない方向けに、理想的な転職理由の考え方をご紹介します。

前の会社の志望動機を思い出す

前の会社の志望動機は、あなたが入社時に抱いていた理想や目標のことです。この想いが叶えられないと悟ったから転職を決意したのでしょう。

つまり、前の会社の志望動機は、あなたが仕事に求めるものを表しているといえます。

一見、転職先とは関係ないように思えますが、あなたの労働観をいま一度明確にする意味でも、原点に立ち返ることが大切です。

また働いてみて、入社時とは労働に対する価値観が変化したケースもありますよね。

元々の理想が叶えられなかったにしろ途中で価値観が変化したにしろ、前の会社の志望動機を思い出し、自分が労働に求める点を明確にするのが大切です。

退職理由をポジティブに変換

退職理由をポジティブに変換オリジナル画像

退職理由はネガティブなものが多いですが、その裏にはポジティブな感情が隠れています。

退職理由に隠されたネガティブな感情とは、あなたが労働で大切だと考える点。これは、前のステップで見てきた前職の志望動機と一致する場合が多いです。

つまり、自分が求めているものは前職では叶えられなかったというストーリーの構築が可能です。

このような言い方をすれば、仕事に対してポジティブな考え方を持っているのだなと感じとれます。

例えば、人間関係に悩み転職を検討しているケースなら、その裏に周りの人と協力して仕事を進めていきたいという願望が読み取れますよね。

志望動機につなげる

前職で叶えることができなかった自分の理想を、転職先の会社なら叶えられると思ったという伝え方をすれば、志望動機との一貫性が出ます。

非常に筋の通った、納得のいく転職理由となるのです。とはいえ言葉で説明するだけでは分かりにくいかと思いますので、具体例で見ていきましょう。

転職理由の具体例

転職理由の具体例

冒頭で見てきた「第二新卒のリアルな転職理由」を、前章で紹介した方法を使って面接官に刺さる転職理由に変換します。ぜひ参考にしてください。

人間関係に問題があるケース

具体例

新卒入社時は、社内で良好な人間関係を築き、チームで仕事を進めていくことを目標に入社しました。

しかし、入社してみると個人プレーが良いとされる会社で、人間関係も芳しくなく、業務上のコミュニケーションを取ることすら難しい環境でした。

積極的にコミュニケーションを取るよう努めたのですが、うまく伝わらず次第に孤立するようになってしまいました。

この組織では自分の望みが叶えられないと感じ、チームで団結して課題に取り組む風土がある御社を志望いたしました。

ポイントとしては自分が行った努力も伝えていることです。理想が叶えられないとしても、改善のための行動を起こさないのではこちらにも非があると捉われます。

頑張ってもどうしようもなかった状況をきちんと伝えることで、転職への理解が得られるでしょう。

残業が多いケース

具体例

新卒時は、効率よく仕事できる優秀なビジネスパーソンになることを目標にしていました。

しかし、いまの会社は残業している人が偉いと捉える文化があり、ダラダラと仕事をしている先輩社員が多く見受けられました。

業務量が多ければ残業があるのは致し方ないことですが、与えられた時間の中でベストを尽くすことが生産性を上げるには不可欠だと考えます。

「無駄を極力省く」がモットーの御社なら、自分の理想の働き方が実現できると考え、応募しました。

給料が低いケース

具体例

前職では安定志向の強い企業でしたが雑用的な仕事が多く、次第に物足りなさやスキルが身に付かないことへの焦りを感じるようになりました。

その中で、自分が本当は安定ではなく、力を最大限に発揮できる環境で、個人に対して評価を行ってくれる環境を求めていることに気づかされました。

この会社では自分の望む働き方はできないと思い、実力主義でインセンティブ制度も導入している御社で働きたいと考えるようになりました。

効率よく仕事がしたいと伝えることは全然かまわないのですが、残業したくないと捉えられると「やる気がないのでは?」とがっかりされてしまいます。

そのため、必要なら残業もいとわないことも合わせて伝える必要があります。

まとめ

まとめ

第二新卒の正しい転職理由の伝え方を解説してきました。

第二新卒は、前職ではじめて会社勤めを経験した人が多いはずですから、入社前の理想とギャップが生まれ、前職に何らかの不満を抱いているケースがほとんどです。

それ自体は仕方のないことですが、不満をそのまま転職先の面接で伝えてはいけません。転職理由はポジティブに、志望動機と一貫性を持ち伝える必要があります。

前職の志望動機を思い出し、自己の労働観を明確にすることが大切です。

自分が重視していたものが前職では叶えられず、転職を決意したというストーリーを心がければ、面接官に刺さる、分かりやすく説得力ある志望動機となりますよ。

かんたん3分!第二新卒の転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

この記事を読んだ方におすすめ

第二新卒の転職バイブル!事前準備~内定まですべてがわかるまとめ

20代におすすめしたい転職エージェントの活用法

年齢別に解説!20代の転職成功ポイント

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

野崎大輔

野崎大輔

この記事を監修した人 野崎大輔

デジタル時代で10年後も勝ち続けるキャリア設計を支援する白メガネ。転職/副業/就活/イベント企画を横断したコンサルティングに従事。リクルートの人材ビジネス、博報堂DY系アイレップ等を経て現職。デジタル知見を活かしたマッチングが得意。趣味は面接同席。MarkeZine「白メガネ野崎が突撃!」連載中。

SNSで記事をシェア