カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


業界ナレッジ

by若林一平 若林一平

今注目のインサイドセールスとはどんな仕事?転職のポイントまで徹底解説

今注目のインサイドセールスとはどんな仕事?転職のポイントまで徹底解説

転職活動をするなかで、インサイドセールスという言葉を聞いたことはありませんか? インサイドセールスは新しい営業スタイルとして今、脚光を浴びている仕事です。将来性も高いため、転職するにはおすすめといえます。

この記事では、業務内容や求められる能力など、転職に必要なさまざまな情報を解説します。

最後まで読めば、インサイドセールスがどんな仕事が丸わかりになります。気になる方はぜひ読んでみてください。

≫≫広告・IT/Web業界に強い「プロの転職」の無料登録はこちら≪≪

インサイドセールスってどんな仕事?

インサイドセールスってどんな仕事?

「内勤営業」のことを指し、電話やメール、オンライン会議などを使い、社内にいながらにして顧客と直接対面せずに営業をかける仕事です。

一方、従来の対面営業型のスタイルを「フィールドセールス」と呼び、インサイドセールスと対になる言葉です。 インサイドセールスはリーマンショック後のアメリカが発祥です。

アメリカでは急激な成長を遂げ、現在では訪問営業職の数を上回るレベルに達しています。

日本ではまだ馴染みのない言葉かもしれませんが、短期間でここまで成長したのは、訪問型営業に比べてメリットが多いためです。

たとえば、従来の訪問型営業では、事業所からあまりに遠方の見込み客に対しては訪問できないため、契約を断念せざるを得ませんでした。しかし、インサイドセールスはそうした顧客にもアポイントが可能です。

顧客側でも、ECサイトなどネットを通じて、お店に直接出向くことなく物を買うことが一般的になってきている中、ユーザー行動にマッチングした新たな営業形態といえるでしょう。

基本的な業務の流れとしては、マーケティング部門が獲得したリード(見込み客)に対し、インバウンドでコミュニケーションを図り、商談機会を創出します。

実際に商談を行うのはフィールドセールス部門であり、アポイントメントを取ったら業務を引き継ぎます。

成約につなげるよう、電話の段階で顧客のニーズを正確に把握したり、商材のメリットをわかりやすく伝え、フィールドセールス部門をサポートしたりする必要があるのです。

必然的に顧客だけでなく、所内の他部署ともコミュニケーションが発生します。

テレアポとの違いは?

電話をかけて営業をおこなう仕事というと、テレアポをイメージする人もいるでしょう。

しかし業務内容に大きな違いがあり、テレアポは質より量が重視で、リストの顧客に対してどれだけ電話をかけられるかがポイントです。

話す内容もマニュアルで決められているので、形式的な業務の一種といえるでしょう。

テレアポとの違いは?の挿絵​​​​​​​

しかし、インサイドセールスは、会話の中で顧客のニーズや課題を引き出さなければなりません。マニュアル通り話せばよいものでなく、量より質が重視されます。

引き出した情報から成約率を予測し、成約する可能性が高い顧客からフィールドセールスに引き継ぎます。

成約の見込みが低い顧客には営業をおこなう必要がなくなるので、より効率的な営業形態なのです。

インサイドセールスは将来性が高い

インサイドセールスは将来性が高い インサイドセールスは営業手法として今注目を集めており、募集を開始する企業も増えています。インサイドセールスが脚光を浴びる理由を解説します。

効率的な営業活動が可能

顧客への訪問時間が短縮できるので、従来に比べ多くの見込み客にコンタクトが可能です。また、交通費などのコストも削減できます。

働き方改革と親和性が高い

近年、声高に叫ばれている働き方改革。時間や場所にとらわれない自由な働き方が提唱されていますが、インサイドセールスはテレワークも可能なので、働き方改革との親和性が高いです。

また、営業の人手不足が問題視されていますが、インサイドセールスなら少人数で回すことも可能なので、人件費削減にもつながります。

分業でデータに基づいた戦略を立案

従来、営業というのは営業マン個人の手腕にかかるところが大きい仕事でした。

しかし、インサイドセールスを導入し、営業活動を分業化することで、受注に至る過程をデータ分析できるようになりました。

たとえば、どのような特徴を持った顧客が成約に至りやすいかといった情報が数値化されます。 これにより、営業マン個人の能力に左右されず、誰でも成約に至りやすい環境を構築可能です。会社として売上を予測する際にも有利に働くでしょう。 また、分析の結果により、効果的なマーケティングや営業策の策定も可能です。

年収レンジとキャリアアップ後の収入

年収レンジとキャリアアップ後の収入

年収は企業によっても異なりますが、おおよそ300~700万円の間で収まっています。インセンティブ制度が採用された求人もあり、業績が良ければ更なる高年収を上げることが可能です。

インサイドセールス自体はそれほど収入が高い職種ではありませんが、仕事をする中でさまざまなスキルが身につくため、スキルアップして高年収の職種に転職すれば、大幅な年収アップも可能です。

また、チームをまとめるマネージャー職になれば、年収1,000万円を越えることも十分期待できます。

インサイドセールスの前職とは?

年収レンジとキャリアアップ後の収入

どういった職種からの転職が多いのか解説します。

ちなみに、営業職未経験でも、インサイドセールスに転職することは可能です。あるていどの社会人経験があれば、選考の対象とする企業は少なくありません。

特に第二新卒や20代など年齢が若ければ、営業未経験可の求人も見つかる可能性が高いです。

営業職

やはり、営業職からの転職が多いです。インサイドセールスといっても、やっていることは従来の訪問営業がおこなってきた業務の一部なので、前職での経験をダイレクトに生かせます。

実際の求人でも、応募条件として「営業経験」を挙げている企業も多いです。

事務職

同じオフィスワークということで事務職からの転職も多いです。

事務は労働時間が少なくホワイト企業が多いですが、次第に物足りなさを感じたり給与の低さを不満に感じ、転職を考えたりするパターンも多いようです。

特に営業事務として営業のサポートをしていた人なら、インサイドセールスへの転職では有利でしょう。

カスタマーサポート

顧客からの問い合わせに対応するカスタマーサポートからの転職も少なくありません。

電話やメール等で顧客に対応する点は、インサイドセールスと同様なので前職のスキルや経験が活かせます。

ただ、カスタマーサポートはインバウンド業務が多いため、こちらから積極的に関わる営業の仕事に戸惑う可能性もあります。

インサイドセールスへの転職もお任せください!

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

キャリアパス

キャリアパス

キャリアパスとしてどういった職種があるのか解説します。

インサイドセールスマネージャー

インサイドセールス部門を管轄するマネージャーのポジションとなる人が多いです。

チームメンバーのマネジメントから、採用活動や業務プロセスの改善などにも携わることがあります。長年の経験や培ったスキルが求められる難易度が高いポジションです。

フィールドセールス

インサイドセールスからフィールドセールスへと転職する人も多いです。

インサイドセールスの経験があれば、フィールドセールスとして見込み客の商談を受けた時に、電話でどのような会話があったのか想定でき、顧客の本当のニーズにたどり着く確率が高まります。

キャリアパスの挿絵

マーケティングやカスタマーサクセス

マーケティングやカスタマーサクセスといった、関連職種へと転職するパターンも考えられます。

新人が入社したら、まずはインサイドセールスに配属させ、経験を積みスキルアップして関連職種へとキャリアアップするという人材育成プロセスを採用する企業もあります。

インサイドセールスでは、日常的にマーケティング部門と関わりを持つため、マーケティングの知識が身につきます。

また、カスタマーサクセスとは、顧客が目標を達成できるようサポートをおこなう職種で、単なるサポートセンターとは異なり、顧客と密接に関わる必要があります。

いずれも、フィールドセールスでの経験が十分活かせる職種と言えます。

コンサルタント

インサイドセールスは、従来の営業手法と比べ、顧客と話す機会が圧倒的に多いです。そのため、担当の業界の裏側まで丸ごと知識を仕入れることが可能です。

たとえば以下のような、実際に顧客と関わったことがあるからこそ得られるリアルな情報を入手できるでしょう。

  • 項目どういった数字を持っていて、何を目標にやっているのか
  • どういった顧客が成約につながりやすいか

こうして得た知識は、コンサルタントとして役立てることが可能です。

インサイドセールスで培った顧客のニーズを正確に把握する力や、伝えたいことをうまく言語化する力などを最大限に発揮し、コンサルタントとしてクライアントの事業改善や目標達成のための良き相談役となるのです。

コンプライアンスの徹底やグローバル化などで企業を取り巻く状況は複雑化する中、どの業界でもコンサルタントの需要は高まっています。

将来性豊かな業界なので、自身の能力を発揮したい方、より年収をアップさせたい方などは、コンサルタントを目指すのがおすすめです。

転職を成功させるには?

転職を成功させるには?

インサイドセールスは注目を集めており、これから求人数が増えることが予想されます。特に専門的なスキルを必要とする仕事ではないため、転職しやすい職種といえます。

ただ、単なるテレアポとは異なり、営業の一連の流れを意識しつつ、顧客とコミュニケーションを取る必要があるので、簡単な仕事ではありません。

インサイドセールスへの転職を成功させるためのポイントを解説します。

求められる能力を把握する

この職種に限った話ではありませんが、転職を成功させるには応募職種に求められるスキルを把握することが第一です。

インサイドセールスに最も求められるのは、高いコミュニケーション力です。対面しないタイプの営業なので、文字や声だけで顧客と適切にコミュニケーションをとる必要があります。

誤解を生まないよう、言葉遣いや声のトーン、話すスピードなど多くの面で気を遣わなければなりません。 また、フィールドセールスにうまく引き継ぐために、顧客のニーズを把握する必要があります。

本音を引き出せるよう、うまく質問しなくてはいけません。 顧客だけでなく、社内の他部署ともコミュニケーションを取る機会は多いです。

マーケティングが提案した商品の企画内容を理解する、電話してつかんだ顧客の情報をフィールドセールスにわかりやすく伝える必要があります。

これは、高度なコミュニケーション力がなければ務まりません。テレアポと同じ感覚で面接に臨んでははじかれる可能性が高いので、心して挑戦しましょう。

マーケティングの知識

成約率が高い顧客を選定するために、マーケティングツールを使う場面もあります。そのため、マーケティングの知識を事前に備えていれば、転職成功率も上がるでしょう。

現場で使うマーケティングオートメーションツールやSFA(Sales Force Automation)等のツールを使えるようにしておけば、即戦力の期待も持たれる可能性が高いです。

協調性

従来の営業とインサイドセールスの大きな違いは、個人ではなくチームで仕事をするという点です。

特に前職が営業職だった人に注意してほしいのは、今までのように個人のやり方を貫くことはできなくなるという点です。

インサイドセールスは、チームの一員として目標を達成するために働きます。そのため、チームの仲間とうまくやる協調性は必須です。

その他の求められる能力

上述のとおり、インサイドセールスに求められるのは、以下の3つです。

  • 高いコミュニケーション力
  • マーケティングの知識
  • 協調性

転職活動では、この3つの能力が自分に備わっていることをアピールしましょう。また、企業理念や商材に対する理解、情報整理能力といった点も必要となるので、頭に入れておいてください。

まとめ

まとめ

インサイドセールスの業務内容や、転職のポイントといった情報を解説してきました。「インサイドセールス」という言葉自体、耳慣れないかたも多くいるかと思いますが、今後需要増が見込まれる職種なのでぜひ覚えておきましょう。

営業だけでなく幅広いスキルが身につくので、キャリアアップを目指す方にはおすすめの仕事です。また、さまざまな人と関わるため、高いコミュニケーション力が求められます。

人と話すのが好きな方、ホスピタリティを持って人と接することができる方などは向いているでしょう。

 

インサイドセールスへの転職にお悩みのかたはお気軽にご相談ください!

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら末

 

この記事を読んだ方におすすめ

フィールドセールスって何?インサイドセールスとの違いや転職方法を解説

営業職のベンチャー転職!大手や中小とは何が違う?

正社員VS契約社員「なるなら正社員」は危険かもしれません!

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

若林一平

若林一平

この記事を監修した人 若林一平

エンジニア、通信・アドテク領域・SaaSの営業、DMPの事業開発と幅広い領域・職種を経験。培った経験と人脈を活かしたマッチングが得意。「何のために副業するのか?」という軸を掘り下げて、業界俯瞰視点からキャリアに明確な意味づけをする面談が好評を博するコンサルタント。

SNSで記事をシェア