カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


業界・業種・職種ナレッジ

byプロテンMZ編集部 プロテンMZ編集部

意外と知らない!?広告代理店の仕事とは

広告代理店でおこなわれる仕事には、どのような業務が含まれているのでしょうか。イメージとして浮かびやすいのはCMや新聞・雑誌広告の制作でしょう。

しかし実際には、世の中に出てきているわかりやすい制作物は実際に行われている仕事のほんの一部。これらの仕事のために、幅広い職種のスタッフがさまざまな業務をおこなっているのが現実です。

この記事では広告代理店の具体的な仕事内容について解説していきます。

≫≫広告・IT/Web業界に強い「プロの転職」の無料登録はこちら≪≪

広告代理店の仕事の流れは?

広告代理店は、広告を扱う会社の総称のことです。企業間取引を主に行っているため、一般の人に商品を販売したり、サービスを案内するわけではありません。

広告を出して広く宣伝をしたいというクライアントと、情報を発信する媒体を持つテレビや雑誌などのメディアとを繋ぐ仲介役が広告代理店の役割なのです。

では広告代理店に入ったらどのような流れで仕事を行うのでしょうか。広告ができるまでにはいくつかのプロセスがあります。

オリエンテーションに参加しヒアリングをする

まずはクライアントによるオリエンテーションで、企業がどのようなものを宣伝したいのかという説明を受けます。

商品そのものの魅力だけではなく、どんな人をターゲットにしているのか、また特に売り出したいポイントや他社との違いは何なのかなどの内容をしっかりと聞きます。

クライアントが説明した内容のみでは上手く魅力が伝わらない場合があるので「もっと強い印象を与えるポイントはないか」を考えながら聞き、積極的に質問をすることができるようにするのも大切です。

クライアントが代理店に直接依頼をすることもありますが、ほとんどの場合が複数の代理店が集まっている場でオリエンテーションを行い、それに参加した代理店が広告案を提出するというのが一般的です。

たくさん提出された広告案の中から、クライアントが依頼先を決定するという流れなので、代理店は仕事をとるために広告案をしっかりと作成することが求められます。

基本方針を決める

次にどんな広告にするのかという基本方針を決めていきます。宣伝したい側の気持ちを汲みとって方針を決めていくことが、良い広告作りにも繋がります。

立案作業・制作

方針が決まればいよいよ制作です。チームを組み、クライアントからの要望などを考えながら立案作業をおこないます。

課題があればそれに関する戦略を練ったり、デザイン画を作成したりなど制作のために必要な下準備を行います。これらを一度クライアントに見てもらい、採用されたら本格的な制作に入ります。

クライアントが指定した制作会社に外注する場合もありますし、代理店側が決める場合もあります。 無事に広告が完成したら、最後はクライアントに納品をします。

ここまでが一連の流れとなるのですが、やりかたは広告代理店によってもクライアントによっても若干異なります。

広告代理店の中でも色々な働き方がある

それでは広告代理店では、職種ごとにどんな業務が存在するのでしょうか。この業界も部署は細分化されており、色々な形の働き方があります。

具体的には、以下の3部門に別れていることが通常です。

  • 企業に提案を持ちかける営業部門
  • 企画立案などをおこなうマーティング部門
  • 多数のクリエイターからなる制作部門

スタッフは自身のスキルや長所を活かし、相応しい部門で活躍していきます。

営業部門

最初に営業部門の仕事を見ていきましょう。広告代理店での営業は、相手との信頼関係の構築が大切になります。

広告の依頼を受けた後は、営業部門のスタッフが提案書の作成やスケージュール・コスト管理などをおこなうのが一般的です。

営業部門はクライアントからのニーズを汲み取り、広告代理店の考えとすり合わせて行くため、重要な役割を担います。

広告代理店とクライアントをつなぐ、大切な存在なのです。 社内での会議に出席してクライアントの考えを述べたり、逆に、相手方の会社でプレゼンテーションをおこなう場合もあるでしょう。

このような営業努力が、普段目にするCMやイベントの成功を支えているわけです。

加えて広告の効果検証を担うなど、場合によってはアフターサポートも引き受けます。

広告代理店の営業職についてもっと詳しく知りたい方はコチラ

マーケティング部門

マーケティング部門はプランニング部門と呼ばれることもありますが、大体の業務は似たようなものです。

その名の示すとおり、マーケティングによる情報収集から、実際の企画立案までをおこなっていきます。広告やイベントの骨子を定める役割と言えるでしょう。

従来のマーケティングでは基本的に、データ収集や情報分析をおこなうことが業務となります。

広告やイベントは思いつくままに作っても、効果が期待できるかといえばそうではありません。まずは、市場でどのようなキャラクターやものが、受け入れられているかなどを分析します。

マーケティングデータを基に、企画立案を実施していくのがプランニングです。クライアントの狙っているターゲット層に働きかけるような内容を考えながら、企画を詰めていきます。

どのようなイメージを打ち出すか、どのようなリアクションを狙うかなど、検討すべき点は多数です。

たとえば、お年寄り向けのCMならば、子役を起用したり、往年の大俳優を登場させるような工夫がなされますが、この辺りを決めていくのがプランニングの重要な役割。

視聴者や参加者への訴求力を高めるために、欠かせないのがこの部門です。

また近年では、単に広告を打っても物が売れないと言われる時代の中で、特に大手総合広告代理店が「統合マーケティングエージェンシー」と、「広告」を「マーケティング」に置き換えて名乗る機会も増えています。

単に一商品(サービス)の宣伝をするのではなく、消費者の興味を喚起するところから店頭で購買する/契約するまでのあらゆる設計をすることが求められ、重要性を増しています。

制作部門

制作部門はプランニングで決められた骨子に、いわば肉付けをしていくことが役割となります。

多彩なクリエイターの力が必要で、イラストレーターやグラフィックス・デザイナー、写真関係の専門職などが参加するのが一般的です。

CMやチラシをどれだけ効果的に見せることが出来るかについて、この部門が果たす役割は大きくなりますから、写真のレタッチ一つをとっても、高品質な仕事が要求されます。

とは言っても、基本的にはディレクターとデザイナーなどのスタッフの他は外注に出されるケースが多いでしょう。

クリエイター関係でも広告代理店への就職は望めますが、枠としてはそこまで広くは無いかもしれません。

最近ではエンジニア人材の需要も高まっている

広告代理店では、テレビから新聞、ネットに至るまで幅広い媒体を対象としています。特にこの中で、近年重要性が増しているのがネット媒体での広告

大手の総合代理店もネット媒体に参入している他、ネットを専門とする会社も現れてきました。 これによって仕事内容としては、ITを使いこなす必要がある場面も増えているでしょう。

システムエンジニアなどの、コンピューター技術を持つ人材への需要も高まっていると考えられます。 ITを活用した広告ではオウンドメディアは注目を集めています。

オウンドという事で自主制作の媒体とはなりますが、これもやはり広告代理店が管理しているケースが少なくありません。

ブログやSNS、動画共有サイトなども上手に使いこなすために、広告代理店がサポートをしていくわけです。

広告代理店への転職もお任せください!

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

広告代理店に求められるものとは?

広告代理店に勤める人間に求められるものとは何なのでしょうか。それはコミュニケーション能力です。

提案力や広告案の作成能力などももちろん大切なのですが、広告代理店の大きな特徴は社外の人間と関わって仕事をしていくことです。

そのため、クライアント側ともメディア側とも良好な人間関係を築いていくことが、仕事を獲得することや、良い広告を生み出していくことに繋がります。

ビジネスは1人の力だけでは成長にも限界があります。しかし人脈を作り、仕事をくれる人や手伝ってくれる人などを見つけておくことで、より多くの仕事と出会うことができビジネスパーソンとしての成長もできるのです。

だからこそ、クライアントに対しては仕事をくれたことに、メディアに対しては良い広告作りのために協力してくれたことに感謝しながら接することが大切です。

関わっていく人すべてに感謝の気持ちを持ちながら仕事に取り組むことで、周りの人間も気持ちよく仕事をすることができます。

そして、また依頼したいことがあれば「前回と同じ代理店に依頼しよう」というようにリピートしてくれる可能性も出てきます。

この良い循環が会社の発展にも繋がりますし、個人の能力を上げることにもなります。

人間同士で仕事しているということを大切に

ただし、世の中にはいろいろな人間がいるので、優しいクライアントばかりではありません。

時には無理難題を押し付けてくるクライアントもいますし、メディアに関しても自分たちのやり方を貫こうと独走してしまうことは珍しくありません。

こういった人々の意見をどうまとめていくのか、そしてどう関わっていけば円滑に事を進めることができるのかと頭を悩ませる場面もあるでしょう。

しかし、忘れてはならないのは「人間同士で仕事をしている」ということです。

悪口や文句ばかり言っていても良い仕事はできないので、どんな場面でも大人な対応ができる人は広告業界では好まれます。

現在ある人脈を頼ることも大切ですが、よりビジネスを成長させていくのであれば新しい人脈作りも大切です。

親しい人から紹介してもらったり、ビジネスパーソンの交流の場に積極的に赴くようにするのも仕事のうちです。

ただ言われた仕事だけをこなすようでは発展しない業界なので、常に向上していくことを考えながら取り組むことが広告業界で成長していくためには必要不可欠です。

まとめ

このように広告代理店業界は、クリエイティブスキルやコミュニケーション能力、ITの専門知識などなど、多彩な能力が集結されることで成り立っていると言えます。

広告業界を志望する場合には、自身の能力がどう活かせるか、また、活かすために何が必要かを考えてみましょう。

広告代理店への転職にお悩みのかたはお気軽にご相談ください!

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら末

この記事を読んだ方におすすめ

【広告業界の業種】広告会社/広告代理店とは?職種別仕事内容の具体例、年収、給与、転職事情

広告業界の変化と、今後広告代理店の営業に求められるものとは

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

プロテンMZ編集部

プロテンMZ編集部

この記事を監修した人 プロテンMZ編集部

SNSで記事をシェア