カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


業界ナレッジ

by小野進一 小野進一

広告業界の業務とマネージャーの仕事とは?

広告業界は、他の部署と連携しながらプロモーション活動を行っていく。

広告業界では、いくつかの部署と職種が共同作業を行って、1つの仕事を仕上げて行くことになります。

営業部門では、TVや新聞、雑誌などにある広告枠を売ったり、イベントなどを企画、運営し、クライアントの意向に沿った広告を提案します。

営業個人として、広告主からの依頼を受けて、広告主の要望をきちんと把握しなければなりません。営業に必要なのは、人の要求している事をつかみとる力が必要となります。

営業部門は、広告に対しての戦略をできるだけ具体化させて、広告主の持つ要望を他の部署や関連会社と共有させなければなりません。

営業部門は、他の部署と広告主、広告媒体社との仲介を行う重要な業務です他にも予算管理や制作物の進行管理など経理の仕事も行わなくてはなりません。

マーケティング部門では、世の中の動向や流行など様々な情報を収集し、戦略と合致させるための分析を行います。
広告商品やサービスを多くの人達に知ってもらうための戦略を立てる部署といえます

大きな企業になると、マーケティング部門も細分化されて、調査部や広告ビジネス関連の書籍・出版物・情報などを全社的規模で管理している広告データ部などに分かれています。

情報の収集や分析は、広告を行う上では重要な役割を占めています。

PR部門では、PRを広げる社会と自社をつなぐ役割を担っています。PRのために費用をかけて、TVや雑誌などの各メディアの掲載枠を購入し、情報を発信して行きます。
この部署は、広告の知名度を上げるための活動を行う場といえます。

PRを行う上で必要なのは、社外情報の収集や社外情報の社内への伝達、社内情報の収集など、広告主の企業が、進もうとしている道や、経営者はどのように考えているのか、その下部組織である各部門は何に積極的に取り組んでいて、働く社員たちはどんな活動に力を入れているのかなど、広告主のあらゆる情報に通じていなければPRはうまくいきません。

広告業界でのマネージャーという職の業務とは、この様々な活動を行っている各部署ごとのまとめ役のことを指しています。

所属している企業によって、与えられている役割や権限などは微妙に違うので、一概にマネージャーといっても業務の幅は様々となります。

共通してすることは、組織内での管理や、統率の担う事が多いことです。

マネージャーとは、人と関わることが多い一方で、専門家の側面を有しており、部署での仕事も行うことができる人間が就く役職といえます。

マネージャーとして一般的に認識されている業務は、部下の出勤管理や育成、指導などの権限があり、必要な能力として、業務の遂行や対人関係の能力が求められています。

その中でも、営業部門や企業の経営に関わるマネージャーの役割には、様々な部署を取りまとめるためのリーダーシップを発揮しなければなりません。

マネージャーと言っても、様々な役職に分かれている

マネージャーと言っても、ゼネラルマネージャーやプロジェクトマネージャー、プレイングマネージャーなど様々な役職に分かれている場合があります。

これらのマネージャーの役職は、各部署にいるマネージャーの取りまとめ役を担っています。

プレイングマネージャーとは、個人とプロジェクトチームの掲げた目標を達成させるために、個とチームに指導、教育、アドバイスなどを行うマネージャーのこといいます。

他のゼネラルマネージャーやプロジェクトマネージャーと比較してみても、個人に関わる業務が多いといえます。

プロジェクトマネージャーとは、広告主の依頼に対して、特別にプロジェクト設立した時に設けられる役職で、そのプロジェクトを管理、統括する業務です。
プロジェクトの全ての責任を持ちます。

プロジェクトに必要な予算を組み、プロジェクトに携わる人材を選びなど部署を越えたプロジェクトチームを作ります。プロジェクトマネージャーは、プロジェクトを代表して他の部署との調整を行い、広告主とスケジュールの調整を行います。

ゼネラルマネージャーとは、プレイングマネージャーやプロジェクトマネージャーを部下に置く、総責任者です。日本の企業においては、部長待遇に相当すると言われます。

ゼネラルマネージャーは、企業の戦略を構築し、そのための社員の動員や部署分け、新しい人材開発や発掘など行って企業全体を牽引することのできる能力が必要となります。

社員全体のモチベーションを向上させる労働環境を作る必要があります。広告主に対しても、作り上げた広告の成果と、今後の課題を把握し、次の課題を解決する役割を担う大変な役職といえます。

今日の日本人では、マネージャーを担うことの人材が不足している状態といえます。管理や指導力の欠如によって引き起こされた、行き過ぎたハラスメントが社会問題となっています。

今後、求められるマネージャー像として、仕事上のトラブルはもちろん、人間関係やコミュニケーションの問題を解決する力のある人材の育成が急務とされています。

必要な時には、部下一人一人の人間関係が上手くいっているかどうかなどプライベートな部分にまで踏み込んで気を配る必要があります。

それほど重要な役職であるマネージャーは、魅力のある仕事であると考えます。

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら末

この記事を読んだ方におすすめ

広告業界のマネジメントで求められるスキルとは?キャリアプランも合わせて解説

広告業界が行うべき組織マネジメントとは?実際の部下の評価ポイントまで「7S」にあてはめて解説!

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

小野進一

小野進一

この記事を監修した人 小野進一 株式会社ホールハート代表取締役CEO

大学卒業後、大手クレジット会社、日本最大手の企業信用調査会社を経て宣伝会議へ転職。同グループ内で人材紹介会社の創業社長、宣伝会議取締役を経て、2008年ホールハート創業。広告業界に強力な人脈を持ち、1万人以上の求職者をサポートしてきた実績を誇る。これまでのキャリアを活かした他業界への転職支援実績も豊富。人材業界18年の大ベテランで、裏表のない人懐っこい性格からファンも多数。圧倒的な経験と情報量を裏打ちとした、「人」と「人」を繋げるマッチングが持ち味。一般社団法人マーケターキャリア協会代表理事。

「副業」という事業に賭ける思い

SNSで記事をシェア