カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


業界・業種・職種ナレッジ

byプロテンMZ編集部 プロテンMZ編集部

【広告業界の職種】グラフィックデザイナーの仕事内容と年収、転職事情

広告業界のさまざまな職種を解説するシリーズ、今回は花形職種の1つである、「グラフィックデザイナー」について。デザイナー出身のディレクターが解説します。

仕事内容や必要なスキル、年収、転職事情について見ていきましょう。

グラフィックデザイナーの仕事内容は?

グラフィックデザイナーの仕事内容は?

そもそも「グラフィック」の意味は、Wikipediaにはこのように書いてあります。

出版・広告・印刷・映像・ゲームなどの媒体・コンテンツにおける視覚表現

つまり、雑誌、ポスター、パンフレット、DM、CDジャケットといった、主に紙媒体のデザイン制作を行うのがグラフィックデザイナーの役割です。

Webデザイナーとの違いは、簡単に言えば、制作物が紙かホームページ等のWebに載せるものかどうか。

したがって、Webデザイナーには(コーダーなどにデータを渡すという事はあっても)あまり入稿というものがありませんが、グラフィックデザイナーは媒体ごとに異なる入稿方法を把握する必要があります

同じ媒体でも、入稿先の企業によって入稿形式が違ったりするなど、その都度確認することが求められます。

Webデザイナーは知らないがグラフィックデザイナーは知っている用語の代表的なものに、「アウトラインを切る」「トリムマーク(やや年上の人は「トンボ」)」「illustratorのバージョン設定」があります。

グラフィックデザイナーが活躍する業界は?

グラフィックデザイナーが活躍する業界は、広告代理店出版社制作会社、アパレル、その他事業会社の広告宣伝部門という場合が多くなっています。

自社の広告宣伝物を制作している場合は、インハウスのグラフィックデザイナーとして、少し働き方が異なる傾向にあります。

【インハウスのグラフィックデザイナー】を徹底解説! 広告代理店・制作会社との違い

グラフィックデザイナーになるために必要な資格・スキルは?

グラフィックデザイナーになるために必要な資格・スキルは?

グラフィックデザイナーになるために必要な資格は、実は特にありません。

「Illustratorクリエイター検定」「Photoshopクリエイター検定」はありますが、取得しているデザイナーが多いわけではなく、それよりも経験、センス、実績が求められます

色の知識を身につけるために「色彩検定」を受験するのはおすすめです。 では未経験で独学で学び、グラフィックデザイナーになれるかというと、やや厳しいのが現状です。

さらに未経験かつ中途採用でグラフィックデザイナーに挑戦する場合、まず専門学校や通信講座で学び、アルバイトからのスタートを覚悟して、制作会社やデザイン事務所に入って経験を積むことを優先するのが得策です。

面接では二回目が実技試験になることが多いようです。

<有名なスクール>

  • 東京デザイナー学院
  • 学校法人・専門学校HAL
  • MACデザインアカデミー
  • 東京デザイン専門学校

グラフィックデザイナーに向いているのはどんなタイプ?

グラフィックデザイナーに向いているのはどんなタイプ?

グラフィックデザイナーに向いているタイプとしては、下記のような特徴が挙げられます。

  • 制作・ものづくりが好きな人
  • メンタルが強く、体力にも自信がある人
  • 細かいところにも気を遣える人

何より大切なことは、デザインや制作、モノ作りが好きであるという事です。

体力勝負であることはもちろん、変化の激しい業界なので、絶えず勉強をし続けなければ第一線で戦い続けることは難しい職業です。

ですから、それを実行するためには何よりもまず「好きである」というエネルギーが欠かせません。 また、グラフィックデザイナーの平均年齢は38歳前後といわれています。

センスや体力的なところもありますので、よっぽど強い気持ちがない限り、30代、40代からのチャレンジはお勧めできません。

グラフィックデザイナーのキャリアプラン、年収

グラフィックデザイナーのキャリアプラン、年収

最後にグラフィックデザイナーのキャリアプランと年収についてお伝えします。 平均月収は約31万円平均年収は約430万円です。

業界全体の水準と比べるとあまりよい条件とはいえませんが、将来的にフリーランスになり、大幅に年収が上がる方もいるのもグラフィックデザイナー職の特徴です。

グラフィックデザイナーとしてキャリアを積んだら、フリーランスのほか、企業に所属していれば、アートディレクターやクリエイティブディレクターになっていく方が殆どで、グラフィックデザイナーのままスペシャリストとして定年まで働く方は少数派です。

もちろんアートディレクタークリエイティブディレクターとしてポジションアップしていけば年収もアップしていき、いわゆる1000万プライヤーになることも現実的な目標になりますが、グラフィックデザイナーとしてそのラインに到達するのはかなりの困難を伴います。

【参考】【徹底解説】デザイナーで年収1000万円は目指せる!

グラフィックデザイナーについてのまとめ

グラフィックデザイナーは、自分の仕事をした成果がはっきりとわかる、それ故に評価もはっきりとわかる、「わかりやすい」職業の1つです。一方で、数あるほかのデザイナーとしのぎを削り、長年にわたって努力し続けることでしか生き残っていく事が難しい、過酷な職業でもあります。

働き方改革の影響もあり、てっぺん越え(退勤が深夜24時を回ること)をするデザイナーは減ってきていますが、華やかなイメージとは違い、決して楽ではない職業です。

近年はAIによって簡単なロゴはものの数秒で生産されてしまうなど、改めて人間の能力が試されていますが、それだけに、作業ではない本物のクリエイティブな能力を持つデザイナーが求められています

クリエイティブを担う存在として生きたいと願う方を、プロの転職は応援しています。キャリアに迷ったら、是非一度ご相談ください。

専門のエージェントが、最新の業界情報をアップデートしてお待ちしております。

グラフィックデザイナーの無料転職相談はこちら

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら末

この記事を読んだ方におすすめ

【インハウスのグラフィックデザイナー】を徹底解説! 広告代理店・制作会社との違い

ポートフォリオのここでわかる!グラフィックデザイナーのキャリアを決める「デザインの目」

グラフィックデザイナーが20代、30代で身に付けておくべきスキルとは?

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

プロテンMZ編集部

プロテンMZ編集部

この記事を監修した人 プロテンMZ編集部

SNSで記事をシェア