カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


業界ナレッジ

by飯田賢平 飯田賢平

Webプロデューサーの仕事内容と年収

広告業界のさまざまな職種を解説するシリーズ、今回は「Webプロデューサー」を取り上げます。仕事内容や必要なスキル、年収、転職事情について見ていきましょう。

Webプロデューサーの仕事内容は?

Web全般のディレクション(指揮)を取る仕事で、Webディレクターと似ていますが、より予算を動かすことやお客様との交渉が多くなる、プロジェクトの全てを統括する責任者です。

Webの知識を豊富に持っているのはもちろんのこと、プレゼン能力がより必要となってきます。

Webディレクターの場合、自分で制作することもありますが、Webプロデューサーは指示を出し、全体をまとめプロジェクトを円滑に進める役割が主になります。  

Webプロデューサーの年収は?

Webプロデューサーの年収は20代後半だと約400万円、30代では約500万円といわれています。 しかし、有名な制作案件を持つプロデューサーになると1000万円を超えることも珍しくありません。

Webディレクターよりも仕事の範囲が広いためより多くの給与がもらえ、IT業界のクリエイター系といわれる仕事の中では最も平均年収が高い職種です。  

Webプロデューサーになるために必要な資格・スキルとは?

Webディレクターと同じく、特に必要な資格はありませんが、Webディレクター試験を受けておくのは得策だと思います。

求人としては、Webディレクターの経験を求められる場合も多く、次のステップとしてWebプロデューサーを考えるのが一般的。

企画立案から、スケジュール構築、予算の設定などすべての工程に携わり、クライアントとの打ち合わせ、多くのスタッフに指示を与えるなど業務が多岐にわたるので、Web制作の幅広い知識やノウハウを熟知し、管理能力のある人に適正があるといえます。

職務経歴書には今までに手掛けたサイト制作、リニューアルの詳細、達成実績などを書くとよいでしょう。  

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら末

この記事を読んだ方におすすめ

【徹底解説】WEB広告運用担当ってどんな仕事?転職するには?年収は?

【徹底解説】SNS運用担当の仕事内容とその区分、ニーズ、年収、転職方法

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

飯田賢平

飯田賢平

この記事を監修した人 飯田賢平 取締役COO/Exective consultant

理系の大学卒業後、電機メーカーから宣伝会議グループに営業職として転職。2008年に代表の小野とホールハート創業。広告・PR・ベンチャーなど幅広く企業の採用に携わる。特にベンチャー・スタートアップとの経営陣とのネットワークを持つ。キャリアに関する「アニキ」のような存在になり、転職後も飲みに行くような関係になること多数。1982年生まれ。

SNSで記事をシェア