カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


キャリア相談

byプロテンMZ編集部 プロテンMZ編集部

こんな会社辞めてやる!と思ったときに、思い出して欲しいこと。

こんな会社辞めてやる!と思ったときに、思い出して欲しいこと。

転職を考える人が、潜在的にも顕在的にも増えています。

新型コロナウイルスが猛威を振るい、経済環境とともに経営が悪化した企業は多く、サラリーマンが不安を感じるのは当然です。

同時に、「会社は自分を守ってくれるのか?」「社会の状況にあわせて変わることができる会社なのか?」と考えるきっかけにもなりました。緊急事態宣言にともなってすぐリモートワークを導入したか、また解除後すぐに通常のオフィス勤務に戻したかなど、会社ごとに対応は異なります。

もちろん経営判断ですが、緊急事態において何を大切にする会社かをあらためて目の当たりにした生活者にとって、今後会社に対してどのように接するかを決める重要な基準となったといえます。

経営には経営の事情もあるのは分かりますが、それは労働者側も同じこと。今回の一件で「こんな会社辞めてやる!」と不安になったり呆れたりした方も多いことでしょう。

しかし、この例に限らず、何か嫌なことや不愉快なことがあったからと会社を辞めてしまうのは、短気で向こう見ずなことかもしれません。これから紹介する事柄は、「会社を辞めよう」と思ったときに思い出して欲しいことです。

転職はその場の感情や勢いでしてしまうと後悔につながります。正しい意思決定をするために、思い当たることがないか冷静に見つめなおしてみませんか?

そもそも本当に転職する必要はあるか?

転職しようとしているのですから、会社や上司に対する不満が募っていることでしょう。しかし、それは転職しなくては解決できない問題でしょうか?まずは、転職の必要性に関して熟考する必要があります。

ただの勢いではないか?

上司と言い合いになったとか、同僚と愚痴で盛り上がりすぎたとか、一時的に辞めたい意欲が高まりすぎているだけではないでしょうか?社会人生活をしていれば、何度かは(もしくは数えきれないほど)そういった場面はあるもの。気持ちは分かりますが、勢いで退職してしまうとほぼ間違いなく後悔します。

辞めた後の自分の姿をイメージすると、冷静な頭を取り戻すことができる場合もあります。

  • 辞めて自分は何をしたいのか
  • 働かないでどれくらいのあいだ生活できるのか
  • どんな会社に転職して何をしたいのか

といったことを考えると、踏みとどまった方が良いケースかどうか見極めやすくなります。

勢いで辞めてしまった経験は、転職の面接でも話しづらいもの。まず間違いなく転職理由は聞かれます。できることなら嘘をつかず、堂々と話せる転職理由でありたいものです。

給料の不満なら副業をする手もある

「今の給料では生活もままならない」「毎日耐えて働いているのだから好きなものを買うお金が欲しい」。給料に対して不満を抱くサラリーマンは多いものです。働き方改革の文脈で残業が抑制されて、生活が苦しい方ならなおさらでしょう。

たとえば本業の給料を10万円/月アップさせることは簡単ではありません。多くの場合、年単位の努力が必要になるでしょう。昇進昇格が必要かもしれません。可能な限り早く大きく収入を増やすなら、副業はいかがでしょうか?「正社員+副業が最強の働き方である」という意見は多く聞かれます。転職という高いリスクを取らずに、収入を増やせるからです。

もちろん稼ぐには休日や平日夜の可処分時間を労働に充てなくてはならず大変ではありますが、副業なら月収10万円アップさせるのは比較的難易度が低くなります。

年収ベースで100万円変わるとしたら、長い労働もそこまで苦にならない方も多いのではないでしょうか。

「他の仕事をやってみたい」欲も副業で解決できるかも

退職理由として多い「興味のある仕事をやってみたい(いまの仕事は正直飽きた)」ですが、こちらも副業で解決できるかもしれません。

昨今、KDDIやサイバーエージェントなど、社内の他部署の仕事を経験できる「社内/グループ内副業制度」を導入する企業も徐々に増えてきました。
「コンテンツマーケをやっていて、でもCRMもすごく興味ある」など隣接した領域であれば、手を上げやすいでしょう。

「いま銀行の窓口担当だけどどうしてもマーケターになりたい!」ぐらい離れていると転職しないと難しいかもしれませんが、転職しなくてもやりたい仕事ができないか?という視点は重要です。

 

現職でスキル・年収を上げられる余地はないか?

現状はこれ以上身に着けられるスキルがないと思ったとしても、今後役職がついたり別の部署に異動したりすれば、どうでしょうか?また、年収も今貰える額には不満かもしれませんが、結果を残せばインセンティブや昇給が期待できないでしょうか?

結果的に転職するにしても、現職でスキルや経験を蓄えておくと、選択肢の幅が増えます。現職にいるうちに英語を勉強して、TOEIC高得点の付加価値をつけてからあらためて転職を検討する手もあります。

長期的な視点を持つと、いまは我慢する時だと思いとどまるケースもあるでしょう。

第三者の意見を取り入れたのか?

転職のことを家族や友人など信頼できる人に一度でも相談してみましたか?第三者の意見を取り入れることで、自分を客観的に見ることができます。

自分にとっては明らかに転職すべき状況でも、他人から見れば全くちがった見え方かもしれません。また、人に話を聞いてもらうことで気持ちがスッキリして「もうちょっと頑張ってみようかな」と思い直すこともあるでしょう。

信頼できる人が周りにいなければ、「いま転職するべきだと思いますか?」などと、転職エージェントを利用しキャリアコンサルタントに相談するのもおすすめです。独りよがりの意見に陥らないよう、注意が必要です。

 

\転職を前提としない無料キャリア相談はこちら/

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

転職が成功する保証はあるか?

転職活動をはじめて、自分の理想を実現できる求人に出会えそうですか?また、見つけられたとして、そこへの転職が成功するでしょうか?市場環境だけでなく自分のスキルや経験を客観的にとらえ、自身の市場価値を適切に把握しましょう。

転職回数が多すぎないか?

転職する回数が多い=ダメというわけではありません。アメリカでは人生で平均10回転職するといいます。しかし、日本企業はまだまだ多くが「経歴が荒れている」ことを嫌います。「転職回数n回以上の方は書類選考で落とす」企業も少なくありません。

筆者など、父に転職を報告したら「転職しただと!?」と怒鳴られたことがあります。年配の方はひとつの会社で定年まで勤めあげるのが良いことだとする固定観念を持っている場合が多いです。

一方、東京のIT系企業などは転職してキャリアを作っていくような風潮もあります。これまでの日本の労働からすると、新しい考え方だといえます。しかし、このような考え方も、大手人材企業が打ちまくっている広告に一切影響されていないと言えるでしょうか?

電車の広告を思い浮かべてみてください。ほとんどが「痩せろ・英語しゃべれ・脱毛しろ・転職しろ」ではないでしょうか。世間は今「転職は全然悪いことではない」との考えが一般化してきましたが、広告に動かされて、必要もないのに転職してしまった人は決して少なくない数存在します。

基本的には、転職は、どうしても転職しないと解決できない時だけにするべきです。転職回数が多くなると不利に働くことは間違いありません。

転職経験者の転職回数の目安は、20代なら2社、30代なら3社。これ以上の回数転職をするのはあまりおすすめできません。あくまで目安ですし、「30代で5社、年収1200万です」みたいな人もいますが、これは例外的なケースです。超ハイスキルな一部の方を標準であるかのように考えるのは危険です。

もちろん、この回数以内なら絶対転職できるわけではありません。特に2020年春以降のコロナ時代では、企業の未経験枠は大部分が閉められ、第二新卒などの転職は非常に狭き門となりました。

その会社でどんなコアスキルを身に着けた?

転職市場においてコアスキルとは、即戦力として他の社員と比べても張り合える能力を指します。社会常識やマナーのようないわゆる「社会人基礎力」の意味ももちろんあるのですが、面接の場での「コアスキル」は、「広告運用」や「SEO」といった、その仕事で成果を出している手法は何か?を成果ベースで語ることがメインです。

たとえば仮説立案能力やコミュニケーションスキルなどももちろん関連していると思いますが、言い換えれば、「成果を出せるスキル」を現環境下で磨けたでしょうか?

今まさに成果を出している人とまだ出せていない人、企業はどちらにより高い年収を提示してくれるでしょうか。その視点で考えると、成果を出してから転職しよう、という考えにもなります。

不満解決のために努力した?

よく検討した末の決断だとしても、状況解決のための努力を何もしないまま辞めるのはいただけません。転職面接では、退職理由に関する質問が必ずといっていいほどされます。

そこで人事担当者は、なぜ転職したのかだけでなく、不満を解消するためにどのような工夫をしたのかも確認します。会社で働く以上、困難にでくわすのは避けられませんから、困難の乗り越え方を知りたいのです。

不満解決のための努力をし、その内容を言語化できることは転職成功のためには外せないポイントです。

転職後に後悔しないといえるか?

うまく希望の企業に入社できたとしても、そこで「転職して良かった」と思えるかどうかは別問題です。前の方が良かったと感じるケースすら考えられます。転職後に後悔しないために、転職により生じるリスクに関しては十分理解しておくべきです。

待遇は悪くなる可能性もある

転職したからといって、待遇が良くなるとは限りません。求人票の年収レンジはあくまで目安で、スキルや経験はもちろん、転職にもトレンドがあり、場合によっては年収が下がることも考えられます。

転職とは、これまで会社で築き上げてきた信頼や待遇を全て捨てることを意味します。人間関係はまた一から構築しなければいけませんし、福利厚生や各種補助、ベンチャー/スタートアップならSO(ストックオプション)の有無でも大きく違います。

キャリアアップの転職とはよく言いますが、積み上げてきた実績やスキルがなければ難しいことであると認識しましょう。

上司ガチャはどこにでもある

上司と合わなかった、パワハラを受けたなど、上司が嫌で転職を志すケースは多いです。上司が変われば仕事もうまくいくだろうと考える気持ちは分かります。筆者も新卒時の上司からは相当キツイことを言われたものです。

会社を変えれば、働いている人物のタイプも異なるから大丈夫だろうという意見も一理あります。しかし、上司ガチャはどこにでもあります。

社風が自分の性格や価値観とマッチする企業に入社できたとしても、自分と合わない、苦手なタイプの上司に当たる可能性は十分にあります。「人間関係を理由とする転職は繰り返すからよくない」とよくいわれるのは、このような意味からです。

転職を「今」やるべきか?

転職するにしても、「今なのか」という点も考える必要があります。

たとえば2020年8月現在の日本では、新型コロナウイルスが猛威を振るっていて、たくさんの企業が経営上の危機に瀕しており、そこまでいかなくてもすべての採用活動を打ち切っている会社は多いです。

たとえ採用活動は続けていても「今すぐ成果を出せる人材しか採用しない」と採用バーをもの凄く上げている会社もあります。向こう数年は第二新卒は転職できないだろう、と考える向きすらあります。

簡単に言えば、希望の転職を実現するハードルが上がっているのです。難易度の高い時にわざわざ転職をする必要があるのか、よく考えるべきでしょう。

仮に転職できても、もしフルリモートなのに研修体制があまり整っていないような会社だった場合、自分のパフォーマンスをちゃんと発揮できるだろうかという問題もあります。

オンラインでの研修はどこの会社もまだ運用を開始して間もないですから、実際に効果があるのか何ともいえないところです。研修でうまく知識を身に着けられなければ、入社後短期のうちに評価が下がることになりかねません。

まとめ

転職を考える人は増えていますが、転職するかどうかの決断に当たっては慎重になりましょう。退職前に考えなくてはならないことは多いです。

一時的な感情に流されていないか、今抱えている不安は転職以外に解決できないか、転職が成功する保証はあるのか、転職をやるにしても今なのか、といったことが挙げられます。

転職はメリットもありますが、リスクも高い行為であると認識した上で行動を取ることが、後悔なき選択のためには大切です。

それでも転職したいと思う方は、ぜひ「プロの転職(produced by ホールハート)」にご相談ください。業界に精通したコンサルタントが、あなたの大切なキャリアの転機をサポートいたします。

 

デジタル時代のキャリアプランを考えましょう!

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら末

広告/マーケティング・IT業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告/マーケティング・IT業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

プロテンMZ編集部

プロテンMZ編集部

この記事を監修した人 プロテンMZ編集部

転職のためのキャリアアップ情報メディア「プロテンマガジン」の編集部です。広告・IT/Web業界にまつわる業界・業種・職種の情報から転職ノウハウ、キャリアのお悩み相談までを週2回ペースでお届けします。

SNSで記事をシェア