カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


転職ノウハウ

by飯田賢平 飯田賢平

IT業界への転職は未経験からでも可能?転職で役立つスキル・経験・資格まとめ

IT業界への転職は未経験からでも可能?転職で役立つスキル・経験・資格まとめのアイキャッチ

IT業界は人材需要が増大しており、今狙い目の業界です。未経験からIT業界への転職を志す人も増えています。

しかし、専門的な知識が必要なイメージが強く、「未経験からの転職は厳しいのでは?」というイメージがありますよね。

今回は、IT業界への転職は未経験からでも可能なのか解説します。転職に役立つスキルや資格などもまとめているので、ぜひご一読ください。

≫≫広告・IT/Web業界に強い「プロの転職」の無料登録はこちら≪≪

IT業界への転職は未経験でも可能?

 

IT業界への転職は未経験でも可能?

経済産業省の「IT人材需給に関する調査」によると、2030年時点でIT人材(IT企業やそのユーザーの情報システム部門に従事する者)は、約45万人不足すると見られています。

このように人材不足の未来が確実視される状況を考慮すると、未経験からでも人材を受け入れる可能性が高いと考えられますが、実際はどうなのでしょうか?

可能だが一定の知識は求められる

結論を先に言うと、IT業界への転職は未経験からでも可能です。しかし、どんな人でも可能というわけではありません。

まず、未経験といえども知識が求められます。プログラミングやデザインなどの専門的知識が必要となる領域ですし、中途採用では即戦力を求められるため、「入社してから勉強すれば良いや」というスタンスでは厳しいです。

プログラミング知識はもちろん、志望の業種によってはハードウェアやネットワーク関連などの知識も求められます。

年齢も大事

IT業界に未経験で入るには、年齢も重要です。20代なら未経験でもあまり問題にならないですが、30代に突入すると年齢が不安材料と捉えられがちです。

若ければ吸収力に優れ、未経験分野の知識もスッと頭に入るだろうと期待されます。 また、社会人経験が短い分、前の業界・企業とのギャップで、なかなか職場環境に適合できないといった事態も防げる、と見込まれるでしょう。

【職種別】IT転職で求められる経験

 

【職種別】IT転職で求められる経験

ひとくちにIT業界といっても、さまざまな職種があります。職種別に求められる経験や転職のしやすさは異なるので、その点解説します。

セールス

IT業界未経験から最も転職しやすい職種は「セールス」です。IT業界に限らず、営業は未経験からでも挑戦しやすい職種で有名です。

ただITセールスの場合、業界未経験であることは問題なくても、営業経験を求めるケースは多いです。なかには無形商材の営業経験を持つ人に限定する求人も少なくありません。

営業経験を求めない求人があったとしても、高いコミュニケーション力は求められるでしょう。

エンジニア

エンジニア職に未経験から転職するのは難しいと思われていますが、冒頭で紹介した通り、昨今はIT人材が不足しているため、不可能ではありません。

条件の良い企業への転職を成功させるには、プログラミング知識だけでなく、アプリなどを作った経験があると好ましいです。

アプリを作るには、複数のプログラミング言語を組み合わせて利用する必要があるため、実践力をアピールする良い材料です。

マーケティング

マーケティング系の職種は、エンジニアに比べると未経験から挑戦しやすいといえます。 未経験からWebマーケティングに転職する際は、個人的に何かを試した経験をアピールするのが効果的です。

たとえば、

  • 自身のブログをGoogleサーチコンソールで解析し改善策を講じることで上位表示させた
  • SNSのフォロワーを短期間で1,000人越えを達成した

このような実績があると良いでしょう。

企業によって、SNS運用やSEOなど取るマーケティング手法は異なるので、求められる方法に合致した経験をアピールすることが重要です。

デザイナー

実績やスキルが求められるため、未経験からWebデザイナーに転職できる可能性はかなり低いです。

Webデザイナーに転職したいなら、派遣やアルバイトでどこかの企業に所属し、経験を積む必要があるでしょう。

需要自体は増えているので、正社員以外の未経験可の求人なら見つかりやすいです。

求められるスキル

 

求められるスキル

未経験からの転職の場合、大きな懸念材料となるのがアピールできるスキルを保有していない点です。

しかし、他の業界でも必要となる汎用性のあるスキルから、IT業界への適性をアピールすることも可能です。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、IT業界のなかで最も必要なスキルと言っても過言ではありません。

パソコンを黙々と操作するイメージが強く「人と話す機会が少ないのでは?」と考える人も多いですが、実はこうした印象は誤っています。

IT業界では基本的にチーム単位でプロジェクトを進めるため、メンバーやクライアントなど、日々さまざまな人とコミュニケーションをとる必要があるのです。

特に、

  • 他者の求めているものを理解する力
  • 情報をわかりやすく正確に伝える力

の2つが求められます。

ITシステムの知識がないクライアントでも理解できるように、かみ砕いてシンプルに説明しなければなりません。

プロジェクトメンバー間でも、システムの仕様の伝達やプロジェクトの進捗状況の確認など、コミュニケーションを取る機会は多いです。

メンバー間の理解に齟齬が生じないよう、過不足なく正確に情報を伝える必要があります。

チャットやメールなど対面以外でやり取りするケースも多いですから、文章力や図表の作成スキルなども備えておくとベターです。

プロジェクト管理能力

プロジェクトを予定通り終わらせるために必要な能力です。タスクをできる限り細かく分割し、それぞれのタスクの作業時間を正確に割り出します。

作業を遂行する際は、計画の変更や突発的なトラブルなどにより、計画通りに進められないケースも起こり得ます。

この時に、柔軟にスケジュールを変更できるよう、あらかじめスケジュール変更の可能性を考慮した上で、計画を立てるのが大切です。

プロジェクトの全体統括はPM(プロジェクトマネージャー)というポジションが担いますが、プロジェクトを問題なく終わらせるには、メンバー1人ひとりのタスク管理意識が不可欠です。

論理的思考力

論理的思考力とは、「Aである、だからBである。」と矛盾なく物事を考える力です。

システムを構築する際は、性能・費用・リスクなどさまざまな視点・角度から検討し、最適解を導く必要があります。

この際に論理的思考力を備えていれば、クライアントのニーズを満たすサービスが提供でき、ひいては顧客満足度の向上にもつながります。

IT業界に挑戦したい方はお気軽にご相談ください!

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

役立つ資格は?

 

役立つ資格は?

IT転職では知識が必要だとお伝えしましたが、知識の証明となるのが資格です。しかし、IT関連の資格にはさまざまな種類があり、なかには転職の助けにならない資格も存在します。

この記事では、IT業界未経験の人が転職活動でアピールしやすい資格を紹介します。

ITパスポート

ITパスポートは、IT業界の基礎知識が学べる資格です。分野は以下の3つに分かれます。

  • ストラテジ系(経営全般)
  • マネジメント系(IT管理)
  • テクノロジ系(IT技術)

エンジニア以外の事務系の職種において、有利に働く可能性が高いです。IT業界に必要な知識が広く浅く学べるので、業界研究にも役立つでしょう。

基本情報技術処理者

正直なところ、エンジニアを目指すならITパスポートだけでは物足りません。ITエンジニアの基礎資格ともいわれる情報技術処理者の資格を取得しましょう。

情報技術処理者試験は国家資格です。国が認定しているだけあって、信頼度が高く履歴書にも書ける資格です。さまざまあるエンジニア系資格のなかでも、登竜門的存在といえます。

 未経験から成功に導く4つのポイント

 

未経験から成功に導く4つのポイント

ここまで紹介したことを踏まえて、未経験からIT業界への転職を成功させるポイントを解説します。

自分がやりたいことを明確にする

IT業界には下記の通り、さまざまな領域があります。

  • インターネット・Web業界:Webサイト構築やECサイト運営など
  • 情報処理サービス業界(システムインテグレータ):クライアント企業への情報システム導入一括サポート
  • ハードウェア業界:家電や自動車などに組み込むシステムを開発
  • ソフトウェア業界:OSやアプリなどのプログラム開発

職種も業界ごとに異なります。情報処理サービス業界ならクライアントの悩みを引き出すITコンサルタントという職種が存在しますし、Webデザイナーは主にWeb業界に限定して求められる職種です。

また、エンジニアの名称や役割も業界ごとに変わります。たとえば、ハードウェア業界ならハードシステムを構築できる組み込みシステムエンジニア、ソフトウェア業界ならサーバの保守などを担当するネットワークエンジニアなど、必要な技術も変わってきます。

まずは、どの業界で働きたいか、そしてどの職種で働きたいのか明確にする必要があります。やりたいことが明確になれば、志望動機も作りやすくなるでしょう。

また、「保険会社の営業→ITセールス」のようにIT業界ははじめてでも同職種間の転職の場合、前職の経験がアピール可能です。

業界が異なっても業務内容は近しい場合が多く、前職の経験をダイレクトにアピールできるためです。このため、現在営業やエンジニア等、IT業界でも存在する職種に就いている場合、同職種間の転職をおすすめします。

20代と30代の違い

あなたが20代であれば、IT系の知識が無くても未経験可の求人に応募するのも良いでしょう。20代なら意欲をアピールできれば、知識なしの状態でも採用される可能性は十分あります。

ついていけるか心配になるかもしれませんが、実務に勝る勉強はありません。また、働きながら実績を積めるのもメリットです。

ただ、30代に突入すると、知識もなしに身一つで飛び込むのは難しいです。

プログラミングスクールなどに通い勉強し、javaやjavascriptなど基本的な言語を使いこなせるレベルまで高めておけば、転職成功率があがるでしょう。

行動から意欲をアピール

未経験分野への転職では、意欲や熱意を見せることが重要です。 その際に「前からエンジニアの仕事に興味があった」「全力を尽くし頑張りたい」と、やる気を全面に押し出すアピールの仕方では不十分です。

意欲が本物であると面接官に印象付けるには、未経験を補うためにやってきたことも合わせて伝える必要があります。

資格を取得したと伝えれば、一定の知識が備わっていることの証明にもなるため、効果的です。 また、開発したアプリなどを提出するのも、どれくらいのスキルがあるかチェックしやすいのでおすすめです。

新しい分野に挑戦する

未経験からの転職で成功率を高めるには新しい分野に挑戦するのも効果的です。

業界経験者は、培ってきたスキルや経験を武器に転職活動をおこなうので、新しい分野への挑戦には消極的な傾向があります。

このため、新しい分野は未経験者が参入しやすい領域なのです。IT業界でいえば、AI(人工知能)やVRが先端技術として注目を集めています。

AIはこれからどの業界でも関わってくる分野です。現在においても、自走運転や飲食店の無人化にITが利用が進められています。

ディープラーニングやビッグデータを操れるITエンジニアの需要はますます高まっていくでしょう。こうした最先端分野に絞って学ぶのも、成功率を高める戦略のひとつです。

まとめ

 

まとめ

IT業界は未経験からでも転職できるのか、役立つ経験・スキル・資格はどんなものなのか、まとめました。

IT業界は年齢が若かったり、知識を持ち合わせたりしていれば、未経験からでも転職は可能です。自らプログラミングを学んだり、IT関連の資格を取得したりするのが好ましいです。

また、転職を成功させるには意欲やコミュニケーション力をアピールする必要があります。チームメンバーやクライアントなどさまざまな人と関わるので、コミュニケーション力は必須です。

意欲をアピールする際は、資格や作ったアプリなど、してきた努力を目に見える形でアピールすると効果的ですよ。

 

まずはお気軽にご相談ください!

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら末

この記事を読んだ方におすすめ

《2019年4月最新版》IT業界ベンチャー企業売上高ランキング

企業を知るには社長から!ITベンチャーのカリスマ社長9名の想いを紹介

テック営業の仕事内容・年収・転職方法などを徹底解説!未来を担う商材を売り出そう

広告/マーケティング・IT業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告/マーケティング・IT業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

飯田賢平

飯田賢平

この記事を監修した人 飯田賢平 取締役COO/Exective consultant

理系の大学卒業後、電機メーカーから宣伝会議グループに営業職として転職。2008年に代表の小野とホールハート創業。広告・PR・ベンチャーなど幅広く企業の採用に携わる。特にベンチャー・スタートアップとの経営陣とのネットワークを持つ。キャリアに関する「アニキ」のような存在になり、転職後も飲みに行くような関係になること多数。1982年生まれ。

SNSで記事をシェア