カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


転職ノウハウ

by飯田賢平 飯田賢平

ベンチャー企業に転職したい!よくある転職理由や転職成功のポイント

ベンチャー企業に転職したい!よくある転職理由や転職成功のポイントのアイキャッチ

さまざまな理由から、転職を考えている人は多いでしょう。そんな中で、ベンチャー企業に転職したいと思っている人も少なくありません。

他の人はどんなことを思ってベンチャーに転職しようとするのでしょうか?

この記事では、ベンチャー転職でよくある転職理由や、ベンチャー企業で働くうえでのメリットやデメリット、転職を成功させるためのコツについて詳しく解説します。

>>ベンチャー企業に強いコンサルタントへの無料転職相談はこちら<<

ベンチャー企業に転職したい理由

ベンチャー企業に転職したい理由

古い体質に馴染めない

ベンチャー企業に転職を考える理由としてまず挙げられるのが、「大企業などの古い体質に馴染めない」ことでしょう。

さまざまな取り組みをして、社員が働きやすい環境を整えている企業は多くあります。しかし、古い体質のままで変わっていない企業も珍しくはありません。

たとえば、成績が良くてもなかなか給料に反映されない、年功序列で頑張ってもキャリアアップしにくいなど、会社の体質に不満を持っている人も多いでしょう。

大企業は年収や地位などは安定していますが、その地位にいくまでに時間がかかってしまう傾向が強いのです。

自分の実力を正当に評価してもらえない、年功序列から抜け出したいと思い、ベンチャー企業への転職を考える人も多いでしょう。

また、古い体質ならではの風通しの悪さに不満を持っているケースもあります。組織としての壁が厚く、新しいことにチェレンジしにくい空気がある企業も少なくありません。

効率的に仕事をするために、新しいやり方を提案しても採用してもらえない、自分の意見が通りにくいなど、風通しが悪いために業務がスムーズに進まないことに嫌気がさしてしまうこともあるでしょう。

思ったように成長できない

「思ったように成長できない」ことも、ベンチャー企業への転職理由として多く聞かれます。

安定した会社に入ったけれども、自分以外でもできるような仕事しか任せてもらえない、希望の部署に配属されないといったケースは多くあります。

大企業の場合には入社してからしばらくの間は、上司に指示された仕事をこなすことが求められるので、裁量権が与えられることはほとんどありません。

そのため、自分の能力を生かすチャンスが与えられないことも多いでしょう。もっと自分の能力を生かした仕事をしたいと思った場合に、仕事の裁量が広がるベンチャー企業への転職を検討する人も少なくはありません。

社員の数が多く一つの仕事を複数人でおこなうことも多い大企業とは違い、ベンチャー企業では一つの仕事は1人で担うことが多くあります。

そのため、仕事の裁量は広がりますし、責任も大きくなるでしょう。複数の役割を担わなければいけないケースも珍しくないため、成長するチャンスが多くなります。

ベンチャー企業へ転職するメリット

 

ベンチャー企業へ転職するメリット

ベンチャー企業に転職するメリットは、4つ。それぞれ解説していきます。

実力や成果で評価されやすい

大企業だと、どうしても年功序列の傾向が強く、横並びで評価されることが多くあります。

しかし、ベンチャー企業の場合には、年齢や入社時期などに関係なく、実力や成果によって評価が決まる成果主義をとっているケースが一般的です。

頑張って成果をあげれば、その分だけ評価されることになるので、仕事に対するモチベーションが上がりやすくなります。

自分の力を試すことができる

ベンチャー企業は、大企業とは違い分業がされてないことも多く、具体的な業務内容が定まっていないこともよくあります。

そのため、上司からの指示を待つのではなく、自分から主体的に動く必要があります。目標達成のためにどのような仕事をすればいいのか、自分で考えて仕事を作ることが求められるのです。

そのため、自分の本当の実力が把握しやすいといえます。色々な経験ができるので、スキルを磨きやすいのもメリットです。

自分の意見が通りやすい

ベンチャー企業は、大企業とは違い風通しがよく、経営者や責任者に意見が言いやすいという特徴があります。

大企業では経営者などが一緒のフロアで働くことはほとんどありません。しかし、ベンチャー企業の場合には、同じフロアや近い場所で仕事をしていることも多くあります。

一緒の空間で働くことによって、意見を直接伝えやすいというメリットも考えられます。

場合によっては、経営者から意見を求められることもあるので、しっかりした意見や提案をすることができれば自分のアイデアが採用されることもあるでしょう。

意見が通りやすいという性質上、考える力も培われますし、やりがいを感じことができるでしょう。

柔軟な働き方ができる

大企業の場合には、会社の就業規則がきっちりと整備されているため、働き方はあるていど制限されます。

しかし、ベンチャー企業の場合には、柔軟な働き方を認めているケースも珍しくありません。

在宅で仕事ができるリモートワークや、フレックスタイム制、残業なしなど、ライフスタイルに合わせた働き方がしやすいことは、大きなメリットになります。

ベンチャー企業へ転職するデメリット

 

ベンチャー企業へ転職するデメリット

さまざまなメリットのあるベンチャー転職ですが、デメリットもあります。

大企業と比べて安定感が低い

ベンチャー企業は、大企業とは違い損失を吸収できるような企業体力がありません。そのため、1つのミスから大きな損失が発生してしまい、そのまま倒産してしまうことも考えられます。

前職に比べて収入が減ってしまうケースもあります。もちろん、収入の増減は前職によります。しかし、たとえば大企業から転職した場合は、前職より収入が減ってしまうケースも珍しくはありません。

ベンチャー企業の場合には、企業の成長によって給料が変わってきます。

起業したばかりで資金があまりない、業績がまだ伸びていないといったベンチャー企業に転職する場合には、初めのうちは給料は少なくなってしまうでしょう。

研修制度が整っていない事が多い

ベンチャー企業は大企業のように手厚い研修制度や教育制度が整っていないことが多いため、自分自身で考えたり質問したりしながら業務を進めていきます。

つまり、未経験の職種にチャレンジする場合には、分からないことが多く、なかなかスムーズに仕事をこなしていくことができない可能性が高いといえます。

自分で仕事を見つけたり質問したりするのが苦手な人には、あまり向いていないでしょう。

転職を成功させるには?

 

転職を成功させるには?

ベンチャー企業への転職を成功させるためには、いくつかのポイントを押さえておくことが重要です。一つずつ見ていきましょう。

転職理由を明確にする

まずは、なぜベンチャー企業に転職したいのか、その理由を明確にしておきましょう。

漠然とした理由で転職してしまうと、思っていた企業と違う、転職して失敗だったと思ってしまう場合もあります。

そのようなミスマッチを防ぐためには、自分の将来の姿を思い描いて、何のために転職をするのかをはっきりさせておく必要があるのです。

実力だけで評価されたいのなら成果主義を徹底している企業を選ぶ、柔軟な働き方をしたいのならライフスタイルを重視している企業を選ぶというように、自分にとって譲れない部分を明確にしておきましょう。

主体性を持つ

ベンチャー企業では、指示を待っているだけでは仕事になりません。

仕事に関わるツールなどが整備されていないケースもあるので、自分で考え決定しながら仕事を進めることになります。そのため、受け身の姿勢ではなく、自分の意志をしっかりと持っていることが求められます。

面接の際にも、将来の展望やどのような仕事がしたいのかといったことについてはっきりと伝えられたほうが、有利に働く可能性が高いです。

企業研究をしっかりおこなう

ベンチャー企業への転職では、転職したい企業について生の情報を仕入れることが非常に大切になります。

企業体質や仕事内容、職場の人間関係などは、多くの情報を仕入れておくことで、ミスマッチが起こりにくくなります。

これらの情報を自分自身で調べることは難しいため、転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職エージェントは、希望の求人を紹介してくれるだけではなく、さまざまな情報を提供してくれます。

企業の内部情報について詳しい転職エージェントに登録すれば、自分では調べられない職場の雰囲気や評価形態などを知ることもできるでしょう。

また、履歴書や職務経歴書などの書類の書き方や面接対策などをしてくれる場合もあります。自分に合った転職エージェントを選ぶことで、効率的で失敗の少ない転職活動が可能です。

まとめ

 

まとめ

ベンチャー企業へと転職したいのなら、まずはベンチャー企業の特徴を把握することが重要です。

ベンチャー企業には多くのメリットがありますがデメリットもありますので、自分の望む働き方ができるかどうかきちんと考えてみましょう。

また、転職理由を明確にすることで、ミスマッチが起こりにくくなります。

どのような仕事がしたいのか、なぜ転職したいのかをはっきりさせることが、ベンチャー企業への転職を成功させるコツです。

 

かんたん3分!ベンチャー転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

この記事を読んだ方におすすめ

ベンチャー企業にまつわるコラム記事の一覧(まとめ)

市場価値を上げるベンチャー転職!大手との比較とチェックポイントを完全網羅

IT業界ベンチャー企業売上高ランキング

広告/マーケティング・IT業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告/マーケティング・IT業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

飯田賢平

飯田賢平

この記事を監修した人 飯田賢平 取締役COO/Exective consultant

理系の大学卒業後、電機メーカーから宣伝会議グループに営業職として転職。2008年に代表の小野とホールハート創業。広告・PR・ベンチャーなど幅広く企業の採用に携わる。特にベンチャー・スタートアップとの経営陣とのネットワークを持つ。キャリアに関する「アニキ」のような存在になり、転職後も飲みに行くような関係になること多数。1982年生まれ。

SNSで記事をシェア