カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


転職ノウハウ

byプロテンMZ編集部 プロテンMZ編集部

年齢別に解説!20代の転職成功ポイント

同じ20代でも全然違う!年齢別転職成功ポイント_アイキャッチ

「新卒で入った企業がブラックだった…」「仕事には慣れてきたけど毎日つまらない…。転職したい…」など、20代で転職を検討している方は多いものです。

しかし、20代だと今の仕事をこなすだけでも精一杯で、転職したいと考えていてもなかなか行動に移すのが難しいですよね。

この記事では、毎日忙しいあなたに向けて、20代の転職に関する情報をいろいろ詰め込みました。この記事を最後まで読めば、20代で転職を成功させる確率が高まります。ぜひ一読あれ!

≫≫広告・IT/Web業界に強い「プロの転職」の無料登録はこちら≪≪

20代の転職の特徴

20代の転職の特徴_画像

一般的に、転職市場は若いほうが有利であり、30代や40代に比べて20代の求人は豊富です。そのため、転職するなら20代のうちに行うのがおすすめです。

まずは、20代の転職の特徴を見ていきましょう。

実績が無くても採用される

20代の転職では、実績よりもポテンシャルを重視して採用を行っている企業が多いです。

若いというだけで、物事の飲み込みの早さや柔軟性、これからの成長性があると企業側は判断してくれます。そのため、今の勤め先で実績を残せていなくても心配することはありませんよ

逆にいうと、ポテンシャル採用の選考を受けるときは、柔軟性や成長性といった20代ならではの強みをアピールしないとうまくいかない可能性もあるので注意してください。

第二新卒向けの求人が利用できる

新卒以外に第二新卒向けの求人を用意している企業は多いです。第二新卒とは、学校を卒業後、一度就職したが短期間で離職し、転職活動をしている若手求職者を指します

大まかな第二新卒の定義では、学校を卒業後1~3年以内に就職や転職を志す者で、年齢でいうと25~26歳を上限としています。

企業がなぜ第二新卒を欲しがるのかというと、第二新卒の人材は前の会社で一般的なビジネスマナーを習得していることが多く、1から教育する必要がないと考えているためです。

そのうえ、仕事への固定観念や先入観を抱いていないことも多く、企業から見ればかなり扱いやすい人材となります。

第二新卒向けの求人は未経験でもOKとするものも多く、異業種にジョブチェンジしたいと考えている方も転職しやすいですよ

20代前半、中盤、後半の転職しやすさの違い

20代前半、中盤、後半の転職しやすさの違い_画像

20代の転職では、特にスキルや経験は必要無いことが分かりましたね。

しかし、20代とひとくちにいっても20~29歳までその幅はかなり広いです。そして、23歳と29歳で転職活動をするのでは、難易度や戦略が変わってきます

それぞれの年代に見合った戦略を立てなければ、うまくいくはずのものもうまくいかなくなってしまう可能性が高いです。

ここでは、20代前半と中盤・後半のそれぞれの転職難易度や戦略をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

20~25歳(20代前半)

20~25歳の転職では、企業が求めているのは「社会人としてマナーが身についているのか」「基本的な仕事の流れを理解しているのか」といった程度のものです。

企業がこの年齢の人材に経験やスキルを求めることは少ないでしょう。アピールポイントとしては、「若さ」と「熱意」です。面接では、明るく元気よく話すことを心掛けてください。

上記で記載したように、第二新卒向けや未経験OKの求人がたくさんあるので、かなり転職しやすい年齢だといえます。

26~27歳(20代中盤)

26~27歳の転職では、「基本的な仕事の流れを理解した上で、一通りの仕事を自分でこなすことができる」レベルの人材を求められることがあります。

そのため、前職で評価されたポイントや仕事中意識していたポイントに関してアピールしてみるのも良いでしょう。またこの年齢なら、まだポテンシャルもアピールポイントとなります。

業界・企業研究をしっかりと行い、その企業に対する熱意や意欲をアピールするのも効果的です。

このように求められるレベルは第二新卒よりも高いですが、経験も考慮されるので20代前半と同様、かなり転職しやすい年齢だといえます。

28~29歳(20代後半)

28~29歳の転職では、「仕事を自分一人でこなすことができる」ことの他に、新人を指導できるレベルまで求められます。

同業種への転職であれば今まで培ったスキルを活かして働くことができるため、即戦力としての役割を期待されています。

未経験の業種にチャレンジする場合、今まで培ってきたスキルをその業種でどう活かせるのかをアピールすることができます。

この年齢にさしかかると、20代とはいえども求人の量が減り出します。ポテンシャル採用や若手ならではの勢いをアピールすることが厳しくなってきます。

その反面、キャリアアップを目指した転職も可能となります。もちろん良い転職先を見つける大変さはありますが、今の職場での年収や待遇に不満がある方は、今までの経験やスキルを活かして思い切って転職してもいい年齢だといえます。

\20代の広告・IT/Web業界転職はお任せください!/

かんたん3分!20代転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

20代の転職成功のためのポイント

20代の転職成功のためのポイント_画像

まだ若いといっても、転職は何度も繰り返したりせず、できれば一度で成功させたいものですよね。ここでは、20代の転職がうまくいくために成功のポイントを伝授します。

現職場でのミスマッチの原因を突き止める

「転職したい」と考えるということは、今の職場に少なからず不満があることになります。

「年収が低い」「休みが取れない」「やりがいがない」など、不満に思うポイントは人によってさまざまですが、大切なのはミスマッチの原因を突き止めることです。

不満を持っていた部分があやふやなまま転職してしまうと、転職先でも同じ不満を持ってしまいやすいです。

例えば、年収の低さが不満なら、年収の高い求人を中心に探すことになりますし、休みが取れないことが不満なら、福利厚生やマネジメント体制が充実している求人を探さなければなりません。

自分の仕事への価値観を明らかにするためにも、ミスマッチの原因を突き止めることは非常に大切です。

やりたいことを明確にする

やりたいことを明確にし、それができる企業に就職するのが一番良いですよね。

やりたいこととは、言い換えれば興味があることや得意なことですから、そういうことを仕事でできるのであればやりがいを感じる可能性は高いでしょうし、早期離職にも繋がりにくいでしょう。

やりたいことを明確にするためには、自己分析を緻密に行うことです。新卒の就職の際にも自己分析をやったことがあると思いますが、さらにその精度を高めましょう。

就職して、足りないものや苦手なことに気づけたもしれませんので、前職での経験も含めつつ、第三者に意見を求めたり、転職エージェントを利用したりして自己分析をやり直してみてください。

退職理由はポジティブなものを

面接では全てのことを正直に話す必要はありません。特に退職理由は、実際はネガティブなものが多いですが、嘘のない範囲でポジティブな言い回しをすると良いでしょう。

例えば、実際の理由が「人間関係がうまくいかなかった」だとしたら、「もっと周りの人とコミュニケーションを取れる環境で働きたいと思った」などと言い換えることが可能です。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは、面接対策や応募書類の添削など、あなたの転職活動をさまざまな面からサポートしてくれるサービスです。

数分で簡単に登録でき、無料で利用可能です。担当のコンサルタントがつきますので、転職活動における悩みを相談することもできます

転職エージェントには多くの種類があり、それぞれ特徴があるので、自分に合ったエージェントを選びましょう。

20代の転職におすすめの職種を紹介

20代の転職におすすめの職種を紹介_画像

ここからは、20代の転職におすすめの職種を紹介していきます。昨今は労働力不足なのでどの業界も転職しやすくなっていますが、その中でも特に就職しやすいのは以下の2つです。

IT関連

IT業界は日々成長を続けている業界です。そのため、労働力が慢性的に不足しており、中途採用にも積極的です。

「システムエンジニア」や「プログラマー」などの職種があります。経験者であればすぐに転職先が見つかる可能性が高いですが、未経験はプログラミングの知識などをアピールする必要があります

web関連

Web業界も人手不足ため、未経験からでも転職しやすい業界です。IT業界は主にインフラ関連を担当しますが、Web業界ではインターネットを通じてさまざまなサービスを提供しています。

未経験からいきなりサイト構築に携わるのは厳しいでしょうが、Web業界にはコンサルタントや営業といった職種があるので、これらの職種なら未経験でも手が届きやすいでしょう

20代転職Q&A

20代転職Q&A_画像

最後に、20代の転職において皆さんが疑問に感じやすい点について回答していきます。

転職活動を行うのは在職中?退職後?

結論からいうと、転職活動は在職中に行うほうが好ましいでしょう。

退職後に転職活動を始めると、空白期間の生活をどうするのかという金銭面の問題がありますし、必ずと言っていいほど、転職先の面接で空白期間が生じた理由について説明を求められます

退職後に転職活動を始めて、なかなか次が決まらないと精神衛生上もよくありません。

そうなると、焦ってブラック企業に転職してしまうという事態も起こり得るので、在職中に次を決めておくほうが賢明な判断だといえます。

円満退職のためにはどうする?

「立つ鳥跡を濁さず」という言葉もあるように、どうせ辞めるなら円満退職したいものです。そのためには、辞意を早めに伝えることが大切です。

抱えている業務量によっては欠員を補充する必要があり、いきなり辞められると企業としてはかなり困ります。遅くとも退職予定日の一ヵ月前、できれば二ヵ月前には伝えるようにしましょう

また、辞意を申し出るのは言い出しづらいのは分かりますが、大事な話ですので必ず口頭で伝えるべきです。

最近は退職手続きを代行してくれるサービスも登場していますが、もしこのサービスを利用すると、上司は「こんな大事な話を自分でしないなんて…」と絶句することでしょう。

苦手だったり嫌いだったりするかもしれませんが、どんな相手でも上司である前に1人の人間です。非常識な辞め方だけはしないようにしましょう。

最終出社日にはお世話になった職場の方に1人1人挨拶するのもお忘れなく!

3年は我慢しないと転職できないって本当?

「新卒で勤めた職場は3年は勤めるべきだ」ということはよく言われます。その真意は、3年以内に離職すると忍耐力の無い人材とみなされ、転職しづらくなるということです。

これは単なる古くからの言い伝えではなく、ある程度信ぴょう性があるのは事実です。

実際に、短期で離職してしまうと転職先の採用担当に不審に思われ、面接で辞めた理由をしつこく聞かれることは多いです

しかし、近年はその風潮に変化が生じ、どうしても合わないのであれば3年を待たずして離職し、次を求めてもいいというのが主流となってきました。

ブラック企業に入社してしまったのに3年も我慢するのは時間を無駄にしている行為だといえますし、ブラック企業で3年も耐えていたら身体を壊してしまいますからね。

まとめ

まとめ_画像

30代や40代と比べ、20代は転職がしやすい年代です。若いというだけで企業はポジティブに捉えてくれるので、転職を受け入れてくれる企業が沢山あります

ただ、28歳や29歳など、20代後半にさしかかると応募できる求人が減ってくるので、20代のなかでも早めに転職したほうがいいでしょう

つまりあなたが20代で、今の職場で定年まで勤め上げる気がないのならば、一番若い今のうちに行動を起こすべきです。

転職の方法としては、転職エージェントを利用するのがおすすめです。1人で転職活動を進めなくても良いので、転職エージェントを利用すれば転職の成功率が上がりますよ

かんたん3分!20代転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

この記事を読んだ方におすすめ

20代におすすめしたい転職エージェントの活用法

第二新卒の転職成功例5選!転職を成功に導くポイントも解説

市場価値を上げるベンチャー転職!大手との比較とチェックポイントを完全網羅

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

プロテンMZ編集部

プロテンMZ編集部

この記事を監修した人 プロテンMZ編集部

転職のためのキャリアアップ情報メディア「プロテンマガジン」の編集部です。広告・IT/Web業界にまつわる業界・業種・職種の情報から転職ノウハウ、キャリアのお悩み相談までを週2回ペースでお届けします。

SNSで記事をシェア