カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


転職ノウハウ

by野崎大輔 野崎大輔

第二新卒は未経験職種にチャレンジできる?未経験の転職のポイントも解説

新卒で入社後1~3年以内に離職し再び就職活動をおこなっている若者のことを「第二新卒」といいます。近年では、新卒の3年以内の離職率が3割にものぼり、その数は増えています。

そんな第二新卒として未経験の職種・業界に挑戦するのは、即戦力が求められるイメージがあるため、難しいように思えますよね。

この記事では、第二新卒は未経験でも転職可能なのか、第二新卒が未経験職種に転職を成功させるポイントなど解説しています。

第二新卒で未経験職種を目指しているという方は、ぜひご一読ください。

≫≫広告・IT/Web業界に強い「プロの転職」の無料登録はこちら≪≪

第二新卒は未経験の職種・業界に転職可能

第二新卒は未経験の職種・業界に転職可能

第二新卒から未経験の職種・業界に転職することは十分可能です。企業が第二新卒に求めているのは、新卒と同じように経験やスキルではなく、「若さ」や「やる気」です。

若いということは、「新しい環境や仕事内容もすぐ吸収できる柔軟性や成長性がある」とみなされます。そのため、現時点で経験やスキルがあることを必要としないのです。

最も未経験領域に挑戦しやすい年代

それどころかむしろ、第二新卒は最も未経験の職種や業界に転職しやすい年代だといえるでしょう。そもそも、企業は第二新卒の人材を強く求めています。

第二新卒は未経験の職種・業界に転職可能の挿絵

先述したとおり、第二新卒は若くて成長性や柔軟性が優れているうえ、少ないながらも社会人経験があるため基本的なビジネスマナーを習得しています。

新卒に比べ研修など教育コストを割く必要がないため、企業にとっては非常に扱いやすい人材なのです。

また企業側は、第二新卒以上の年齢の人材に対して即戦力として活躍できることを求めています。言うなれば、第二新卒は未経験の職種・業界に転職しやすい最後の年代だといえます。

第二新卒がなぜ転職で有利なのか?もっと詳しく知りたいかたはこちら ここまで説明すると、いったい何歳までが第二新卒に該当するのか気になるところですが、第二新卒の年齢には明確な定義がありません。

一般的な見かたとしては25~26歳程度が第二新卒の上限だと言われますが、企業によっては20代であれば第二新卒として受け入れるというところもあります。

年齢に関しては、応募する企業の募集要項で必ず確認するようにしましょう。

第二新卒っていつまで?もっと詳しく知りたいかたはこちら

このように、第二新卒は求人が多数あり未経験でも不利にならない年代にギリギリ該当するため、最も未経験の職種・業界に挑戦しやすい年代だといえるのです。

収入が下がるリスクに注意

ただ、第二新卒から未経験の職種・業界に転職する際は、転職する前と比べて収入が下がることも多いのでその点は覚悟しておきましょう。

一定の社会人経験を積んでいるとはいえ、その仕事をおこなうのは初めてなので、新卒と同じような扱いになります。

そのため、前の会社にいた頃の新卒のときの給料と同程度の額に落ち込むことが多いです。そもそも高収入を得たいのであれば同業界・同職種に転職したほうが有利です。

未経験領域への転職を志したということは、

  • 興味のある業界で働きたい
  • ずっとこの仕事に憧れを持っていた

など、業務内容に魅力を感じての転職がほとんどです。やりたい仕事ができるのであれば、収入の下落には目をつむっても仕方ないというかたが多いでしょう。

未経験でも年収がアップしたケース

一般的には未経験領域に転職すると給与が下がるケースが多いですが、未経験でも給与水準が高い業界・職種に転職すれば、年収をアップさせることが可能です。

給与水準の高い業界というと、主に以 下の3つが考えられます。

  • コンサルタント業界
  • 広告業界
  • 外資系銀行

また職種でいうと、以下の2つが該当します。

  • システムエンジニア
  • 営業

中でも営業の仕事は、未経験からでも比較的受け入れられやすくインセンティブ制度もあるため、未経験の第二新卒でも高額な年収を達成しやすい仕事だといえるでしょう。

未経験でも入りやすい職種・業界

未経験でも入りやすい職種・業界

第二新卒は未経験でも十分転職可能であることがご理解いただけたことでしょう。ここからは第二新卒のなかでも特に未経験から入りやすい職種や業界を紹介していきます。

別の業界・職種に挑戦したいけど、まだ希望の業界・職種が絞り切れていない、決まっていないという方はぜひ参考にしてください。

広告営業

営業は未経験可の求人が多い仕事です。

人と人との関わりのなかで業務を進めていくため、マニュアル化しづらい仕事であり、コミュニケーションスキルがあれば未経験からでも十分活躍できる職種だといえるでしょう。

また、第二新卒は社会人としてのマナーも備えているため、営業で活躍できることを期待されます。

広告営業というのは、広告代理店などに所属し広告を打ち自社の製品を宣伝したい企業に向け、広告枠を持つメディアの営業をおこなう仕事です。

広告業界は基本的には未経験からの転職は難しいと言われていますが、広告営業職なら十分チャンスはあるでしょう。

未経験でも入りやすい職種・業界の挿絵

IT業界

IT業界は業界全体で成長を続けており、非常に市場規模が大きい業界です。近年のインターネットの急速な発展に伴い、プログラマーなどのエンジニア職の需要が増大しています。

そのため、未経験からでも転職がしやすい業界だといえます。

ただ、専門知識が多く必要な業界であるため、全くの未経験からであれば事前にプログラミングの専門学校に通うなどして知識を習得しておくのが望ましいです。

事前に知識を得るのが難しいのであれば、学ぶ姿勢があることをアピールしましょう。

コンサルタント

コンサルタントとは、企業が抱える悩みを聞きだし適切な対応策を提案することで、悩みを解決に導く仕事です。

経営上の問題を扱う経営コンサルタントや、システムを使って問題の解決を計るITコンサルタントなど、扱う業界や分野によって区分がなされています。

第二新卒では前職での失敗や経験があるため、新卒よりも顧客の悩みに寄り添いやすいというのが強みです。

コンサルタントはクライアント企業の内部にまで立ち入ることができるため、非常にやりがいがある職種だといえます。

また年収が非常に高く、さまざまなビジネススキルが身につくといった長所があります。

その反面、激務だったり人間関係がシビアだったりする特徴があります。 自分の能力に自信があるかたや、最大限に能力を発揮したいかたにおすすめの業界だといえるでしょう。

未経験での転職を成功させるポイント

未経験での転職を成功させるポイント

最後に第二新卒が未経験での転職を成功させるポイントをいくつかご紹介します。ここで紹介するポイントを踏まえ転職活動をおこない、ぜひ第一志望への入社を実現させてください。

志望動機を明確にする

やる気や意欲をアピールするためには志望動機が重要です。なぜ未経験の業界・職種を選んだのかという点ももちろん、なぜこの企業を選んだのかという点まで分かるような志望動機を作成しましょう。

下記に、未経験から転職する際の志望動機の具体例を紹介します。

例①事務職→営業職

前職では事務職で勤務していました。話し好きで人にお会いするのが好きという性格もあり、内勤の仕事ではなく営業職に興味を持ちました。

その中でも、取引先を定期的に訪問し、信頼関係を築く貴社の営業の方の姿勢に強く惹かれました。
前職では来社のお客様への対応を担当していましたが、笑顔での挨拶や席にご案内するまでの会話を大切にしていました。
定期的にご来社される方には名前も覚えていただき、良好な関係を構築することができました。
社外だけでなく社内への対応においても気持ちよく業務を受け渡しできるよう笑顔での対応に努めてきたつもりです。
前職で培ったこのコミュニケーションスキルは貴社の営業の仕事でも発揮できると考えております。

例②事務職→システムエンジニア職

前職では営業事務を2年間経験しました。

顧客管理システムの導入によって業務効率が改善した経験からシステムの開発に興味を持ち、プログラミングに関する勉強を始めました。
現在は簡単なアプリケーション作りもおこなうことができるようになりました。 システムエンジニアの業務は未経験ですが、前職でのこうした経験を活かせることができるかと考えております。

例➂接客業→経営コンサルタント

アパレル会社で店長の仕事をしていました。お客様のニーズに基づく商品やサービスを提供することで満足度を高め、リピーターとなるお客様を増やすことができました。

経営コンサルタントも、お客様の経営上の課題を解決し企業の利益の向上をサポートするお仕事なので、前職で培った経営戦略の経験を活かせると考えております。

汎用性のあるスキルをアピールする

未経験だからといって「何もできなくていい」というわけではありません。

電話対応や名刺交換など社会人としての基本的なマナーを備えていることは前提の上で、前職で培った経験の中で別の業界でも活かせるようなスキルをアピールする必要があります。

どこの業界でも役立つスキルといえば、コミュニケーション力パソコンスキルなどが考えられます。

しかし、ただ頑張ったというだけではアピールとして弱いので、頑張った結果どのような成果を挙げられたのかという点まで述べることができると説得力が出ます。

現在取り組んでいることをアピール

未経験領域で活かせるようなスキルや経験が身に付けていない場合は、新しい業界へチャレンジするうえで現在取り組んでいることをアピールするのもいいでしょう。

たとえば、以下のような内容はアピール可能です。

  • 資格の取得に向けて勉強を続けている
  • 業界研究を進めている

このように現在取り組んでいることを述べれば、やる気や意欲の高さの裏付けにもなるためおススメです。

まとめ

まとめ

第二新卒は未経験の業界・職種へと転職する大きなチャンスです。

企業は第二新卒に経験やスキルは求めていないため、未経験分野への転職のハードルは低くなっています。 その中でも第二新卒が未経験からでも入りやすい仕事は以下のような業界・職種です。

  • 広告営業
  • IT業界
  • コンサルタント

第二新卒が未経験領域へと転職を成功させるには、やる気や熱意を見せるのももちろん重要ですが、それだけではいけません。

未経験の業界においても活かせるスキルや現在取り組んでいることも合わせてアピールしましょう。

かんたん3分!第二新卒の転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

この記事を読んだ方におすすめ

第二新卒の転職バイブル!事前準備~内定まですべてがわかるまとめ

20代におすすめしたい転職エージェントの活用法

年齢別に解説!20代の転職成功ポイント

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

野崎大輔

野崎大輔

この記事を監修した人 野崎大輔

デジタル時代で10年後も勝ち続けるキャリア設計を支援する白メガネ。転職/副業/就活/イベント企画を横断したコンサルティングに従事。リクルートの人材ビジネス、博報堂DY系アイレップ等を経て現職。デジタル知見を活かしたマッチングが得意。趣味は面接同席。MarkeZine「白メガネ野崎が突撃!」連載中。

SNSで記事をシェア