カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


転職ノウハウ

by野崎大輔 野崎大輔

失敗例から学ぼう。第二新卒の転職に失敗しないための注意点

現在、第二新卒を求めている企業は非常に多い状況にあり、それに伴い実際に転職に成功している第二新卒も増加しつつあります。

そのため、「第二新卒であるうちに転職を」と考えているかたも少なくありません。

しかし、中には、転職に失敗してしまうケースも。 では、採用が拡大されている中で、転職に失敗するのはどういった理由があるのでしょうか。 この記事では、

  • 第二新卒の企業からの評価
  • 転職が失敗する考え方の傾向
  • 第二新卒の転職失敗の事例
  • 第二新卒が転職に失敗しないための心得

などについて詳細に見ていきます。どうして失敗につながってしまうのか、明確にわかれば第二新卒の転職に失敗する確率を下げることが可能となるでしょう。

≫≫広告・IT/Web業界に強い「プロの転職」の無料登録はこちら≪≪

第二新卒が企業から求められる理由

第二新卒が企業から求められる理由

まず、第二新卒が企業にどのような評価を受けているのかについて見ていきます。

退職率の推移を見てみると、大企業や中小企業など企業の規模に関わらず、新卒入社から3年以内の人が辞めていく確率は3割以上となっています。

【参考:厚生労働省:学歴別卒業後3年以内離職率の推移】

また、採用時の企業の第二新卒に対する評価は、新卒とは大きく異なります。

企業が第二新卒の採用を拡大している理由は、第二新卒に対する抵抗感が薄くなり、新卒採用だけでは人材が足りないためです。

人材の確保は、採用が通年化していることに加えて、どのような規模の企業でも事業を継続するためにおこなわれるものです。

しかしその中でも新卒だけでは補填できないため、年齢が近く、社会人経験のある第二新卒に目をつけたといえるでしょう。

また、第二新卒に対して、企業は「社会人としての基本ができており、あるていど本人の意向に沿って応募している」と評価しています。

第二新卒は新卒以上に企業や自分自身のやりたいことを日々研究しているため、ミスマッチも少ないと判断している企業が非常に多い状況です。

転職に失敗するパターンと傾向

転職に失敗するパターンと傾向

第二新卒が転職に失敗するパターンや傾向を知ることで、対策を講じることが可能となります。順を追って見ていきましょう。

転職に失敗する考え方を知ろう

原因を分析せずその場しのぎ

第二新卒が転職に失敗するパターンとして、現在抱えている悩みを深く考えなかったことが挙げられます。たとえば、

  • 現在の業務が自分に合わない
  • 周りの環境について行けない

このような悩みは、企業で働く上では非常に大きな問題です。 そのうえで「何が原因なのか」を深く追求しなければ、同じ状況を繰り返す可能性が高いといえるでしょう。

第二新卒に限らず、悩みから解放されるために転職を行うことは悪い事ではありません。

しかし、原因がはっきりしていない中で転職活動をしても、一時的な悩みの解決にしかならず、根本的な考え方までは変わりません。

悩みを踏まえたうえで「何をしていきたいのか」を明確にすることが重要です。

後先考えずに今の感情を優先

現在の企業を感情だけで辞めることは、転職の失敗につながります。それは、先のキャリアプランを入念に考えて辞めたとはいえない状況だからです。

キャリアプランが明確でない場合、転職活動をおこなうリスクは高いといえます。結局何かしらの不満がうまれ、再度退職といったパターンとなることもありうるでしょう。

また、半ば衝動的に会社を辞めることになるので、転職活動するための資金も十分でない場合が多いといえます。

資金的な余裕がない場合での転職活動は、自分のやりたいことよりも、生活を成り立たせることが優先になりがちです。

資金が尽きることへの焦りから望まない転職先に応募し失敗する、といったパターンも少なくありません。

そのため、転職先を決めずに退職する場合は、「資金に余裕を持たせたうえで今後やりたいことやキャリアプランを明確にしてから退職する」ことをおすすめします。

加えて、自分の持つキャリアプランが、その会社で叶わないものなのかどうか見定めることも必要です。

大企業に強いこだわりを持つ

大企業を受けたいという気持ちは誰にでもあるといえます。中小企業と比較した場合、福利厚生や給料などで大きな差が生じることも多いためです。

しかし、大企業の人材募集では、優秀な人間や即戦力となる人間を求めています。加えていえば、自分のキャリアプランを叶えられる企業は、大企業だけとは限りません。

ネームバリューは確かに存在するものの、それは自分の評価ではなく会社のものです。そのため、企業の大きさにはこだわりを持ち過ぎないようにしましょう。

転職に失敗する人の傾向

転職に失敗するケースで最も考えられるのは、自分の転職後のキャリアプランが見えておらず、納得のいく転職理由やその企業を選んだ理由も明確でないことだといえます。

退職理由が環境や人が原因である場合、自分の心が壊れるほど頑張る必要はありません。そういった場合は、「新しい環境で再度キャリアを築きたい」などの前向きな理由が必要です。

第二新卒で転職に失敗する人の傾向は、転職理由や退職理由が後ろ向きであるだけでなく、今後のビジョンが企業側と合致しないことにあります。

そのため、転職活動がうまくいかない場合は、一度自分のやりたいことやキャリアプランをはっきりとさせたうえで、自分の強みを企業にアピールしていくことが必要だといえるでしょう。

加えて、今の気持ちだけでなく、「今後どのように自分がキャリアプランを築きたいのか」を掘り下げる必要があります。自己分析を重ねながら、転職活動を行っていくことが重要です。

\転職ノウハウ伝授します!/

かんたん3分!第二新卒の転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

事例から何故失敗したかを学ぼう

事例から何故失敗したかを学ぼう

ここでは、転職活動に失敗した事例をみていきます。どうして失敗したのかを考察し、対策をおこなうことで失敗は防ぐことが可能です。

嫌気が差し今後を決めないまま退職

広告業界の中堅企業に勤めていたAさんは、「社内のスケールの大きな仕事が自分に回されない」という状況に我慢できず退職を決めました。

Aさんにとって就業環境や人間関係などで悩む場合ではなく、自分のやりたいことと現実のギャップに我慢できなかったことが想定できます。

しかし、Aさんは今の自分の環境から会社の将来性や業務を通じて、新しい視点を獲得できる可能性もまだ残されていたといえます。

特にある程度の大きさの会社であれば、相談によって配置換えや希望部署に異動できた可能性もあったでしょう。

自分の強みを明確にしないまま退職

Bさんは、Webエンジニアとして3年ほど経験を積んだものの、「今のままでは、将来が見えない」と考え会社を退職しました。 しかし、Bさんは退職時に自分の強みを把握せず退職しています。

その場合、転職先を見つける際に非常に苦労する可能性があります。 第二新卒の場合、ある程度の期間は何かしらの業務でスキルや考え方を学んでいることが想定されるでしょう。

しかし、企業が求めているのは、人間的な魅力です。また、技術職だとしても短期間の転職ではスキルはないと見なすパターンも少なくありません。

そのため、第二新卒は自分の内面の良さを分析し、転職先の企業にアピールする必要があるといえるでしょう。

転職先の十分な下調べをしなかった

Web業界の大企業に勤めていたCさん。しかし、「技術職であるものの、一定の内容しか任されず自分のスキルが伸びない」と感じ退職しています。

しかしその後、決まった転職先は、Web業界とは関係ない製造業を基幹業務とする企業でした。

Cさんは転職市場の状況や入りたい企業を優先したものの、「将来性や業界規模」「自分とあうかどうか」などの考え方が抜け落ちていました。

結果として、入りたい企業には転職できず、技術職志望だったにも関わらず、営業事務を務めることに。

キャリアチェンジであれば、全く問題ないものの、本人の意向とは合わないため、結果として毎日の業務が苦痛という状況に。

このケースでは自分のキャリアや企業に対しての研究をおこなわなかったため、転職先が決まったものの全く自分のためにならない転職となってしまいました。

第二新卒で転職をおこなう場合には、転職先の企業を徹底的に調べることに加えて、自分のキャリアプランをはっきりとさせる必要があります。

転職に失敗しないための3つの方針

転職に失敗しないための3つの方針

ここでは第二新卒が転職に失敗しないための方針をみていきましょう。

転職に大事なことは、自分がこれから何をしていきたいかを企業にアピールしたうえで、自分の意向だけでなく会社とともに成長できるかどうか、という点です。

経験やスキル、考え方を分析する

転職活動をおこなう場合、活動の軸になるのは自分の気持ちです。

そのため、徹底的に自己分析をおこなうことによって、どのようなキャリアプランを実現したいのか発見することが可能となります。 たとえば、

  • 今足りないスキルはどうやったら手に入るのか
  • そのスキルを身につけたうえで何を行いたいのか
  • どんなキャリアを作っていきたいのか

などをよく検討する必要があります。

自分の考え方やスキルを分析することによって、今後何をどうして行きたいのかが明確になります。そのうえで、自分の意向にあう会社を見つけていくことが転職活動では重要といえるでしょう。

キャリアプランと「何をしたいか」

転職活動は、自分だけの考えを相手に押し付けるものではありません。たとえキャリアプランがはっきりしていても、その企業にあわせたものでなければ全く意味がないといえます。

そのため、企業と自分の考えたキャリアプランが合致するかどうかを見極める必要があるといえるでしょう。

また、「企業に入って何を目的として活動していきたいのか」は面接でも聞かれる質問事項です。

考え方に一貫性を持つ

転職は成功と失敗に分かれます。そして、転職後に失敗だった事柄としてよく挙げられるのは、

  • キャリアチェンジをしたいわけではないのに業務内容が変わってしまった
  • スキルアップにつながるとおもったが実際には全くつながらなかった
  • やりたい業務はできたものの、会社の将来性が見えない

などです。

転職後、何を実現したいのかを意識していない場合でも、第二新卒というだけで企業に採用される確率はゼロではありません。

しかし、意向に合わない転職先では長く働ける・スキルアップが実現できる可能性は低くなってしまいます。

転職に何を求めるのかは人によるものの、自分の目的に合わないものは失敗につながります。そして、転職後に失敗だったと思わないためには、転職前に

  • 今後、どのようなキャリアプランを建てたいのか
  • 更なるスキルアップに必要なものは何か

このような点について考えておくことが重要です。

まとめ

まとめ

第二新卒として企業から認識される時期は限られているため、採用に有利なこの期間に転職をおこないたいと思う人は少なくありません。

だからこそ、失敗をして再度転職することになったうえ、そのころには第二新卒の時期を過ぎてしまった、といったことは避けたいですよね。

今回ご紹介した第二新卒が陥りがちな失敗パターンは以下の3つです。

  • 原因を分析せずその場しのぎ
  • 後先考えずに今の感情を優先
  • 大企業に強いこだわりを持つ

そしてその失敗を避けるためには、以下の3つの方針をご紹介しました。

  • 経験やスキル、考え方を分析する
  • キャリアプランと「何をしたいか」を明確にする
  • 考え方に一貫性を持つ

この方針を念頭に置き自己分析や企業研究を行ったうえで、企業と自分の合致している部分を自覚しながら転職活動をおこなうことが、成功へのカギとなるでしょう。

かんたん3分!第二新卒の転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

この記事を読んだ方におすすめ

第二新卒の転職バイブル!事前準備~内定まですべてがわかるまとめ

20代におすすめしたい転職エージェントの活用法

年齢別に解説!20代の転職成功ポイント

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

野崎大輔

野崎大輔

この記事を監修した人 野崎大輔

デジタル時代で10年後も勝ち続けるキャリア設計を支援する白メガネ。転職/副業/就活/イベント企画を横断したコンサルティングに従事。リクルートの人材ビジネス、博報堂DY系アイレップ等を経て現職。デジタル知見を活かしたマッチングが得意。趣味は面接同席。MarkeZine「白メガネ野崎が突撃!」連載中。

SNSで記事をシェア