カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


転職ノウハウ

byプロテンMZ編集部 プロテンMZ編集部

第二新卒の女性が転職を成功させるには?成功の秘訣や企業選びのポイントを解説

若さとビジネスマナーを兼ね備えている、第二新卒への需要は高まっています。これは男性だけでなく女性も同様です。

ただ、第二新卒の女性が転職を成功させるには、女性特有のポイントが存在します。この記事では、第二新卒の女性の転職成功の秘訣や企業選びのポイントを解説します。

≫≫広告・IT/Web業界に強い「プロの転職」の無料登録はこちら≪≪

キャリアプラン・ライフプランを明確に

キャリアプラン・ライフプランを明確に

第二新卒で転職を考える女性は、まずキャリアプランやライフプランを明確にする必要があります。

というのも第二新卒の女性の場合、結婚や出産・育児といった人生の転機となる出来事がこれから訪れる可能性が高いでしょう。

企業としては、これらの出来事を理由に早々と退職してしまうことを恐れているのです。 この企業側の不安を払しょくするためには、まず自分が今後どのように働いていきたいか考える必要があります。

  • 生涯独身で定年まで働く
  • 出産したら退職して育児に専念する

など、結婚や育児についての自分の考え方を、転職活動を始める前にきちんと整理しておきましょう。自分の希望のライフプランを明確にすることで、仕事選びの軸ができます。

たとえば、育児しながらも働き続けたいのなら、残業が少ない職場や時短勤務などの制度が充実している企業が有力な候補となるでしょう。

キャリアプランもあわせて考える

また、長く仕事を続けるつもりなら、キャリアプラン(出世)に関してもあらかじめ考えておくのが望ましいです。

育児が一段落つけば、ある程度自分の時間が確保できます。そのときのことを事前に考えていないと、すでに退職してしまっていて働きたくても職場に戻れない状況に陥ってしまいます。

第二新卒の女性が転職を成功させるには?成功の秘訣や企業選びのポイントを解説_前半画像

職種でいうと、事務系の仕事は労働時間が比較的短く、管理職への出世の期待ももてる職場です。

逆に営業などは、出世するためにはノルマをクリアする必要がある場合も多く、育児しながら続けていくのは厳しいでしょう。

また、出世する気がないのであれば、介護や看護の仕事も選択肢の1つに入れられますね。

これらの仕事は出世の機会はないですが身に付けた経験やスキルが活かせるので、長く勤務すればするほど働きやすくなるのが特徴です。

転職を成功させるためのポイント

転職を成功させるためのポイント

ライフプランやキャリアプランが定まったら、実際に転職活動に入りましょう。

「退職理由はボジティブな言い回しにする」「入社意欲をアピールする」など第二新卒の基本的なポイントは、女性の場合も同様です。

ただ、この点以外に、女性特有の転職活動で気をつけるポイントは存在します。以下の4つのポイントを解説するので、ぜひ参考にしてください。

  • 長期で働けることを伝える
  • 将来像を面接で明確に述べる
  • 制度によりかからない
  • 女性ならではの強みをアピール

長期で働けることを伝える

先にも述べたように、企業は、第二新卒の女性の採用において早期退職を心配しています。 第二新卒は前職を短期間で辞めているので、ただでさえ早期退職のリスクが高いと考えられています。

女性の場合、結婚や出産があるため、さらにリスクがあがります。 この不安を払しょくするため、可能な限り長く勤める気があることを述べるようにしましょう。

慢性的な人材不足に陥っている企業も少なくない中、長く勤められる人材というのはそれだけで重宝されます。

将来像を面接で明確に述べる

事前に明確にしたライフプランなどの将来像に関しては、面接できちんと伝えてください。

多くの場合、「結婚や出産といったライフイベントが生じたときに、仕事はどうするのか?」という質問がされるでしょう。

第二新卒の女性が転職を成功させるには?成功の秘訣や企業選びのポイントを解説_中画像

ただ安心してほしいのは、「結婚する気も子供も産む気もありません」などと答える必要はないことです。企業が知りたいのは、将来の考えを明確に持っているのか、という点です。

  • 子供が産まれたら育休を取得したい
  • 育児中は時短勤務を使いたい

など、自分の希望をしっかり伝えることが大切です。

制度によりかからない

産休や育休といった制度があるからといって、それに頼る態度を見せてはいけません。企業側は採用するのですから、会社のために全力で働いてほしいと思っています。

もちろん、制度を利用するのは悪いことではありません。ただ、労働者として自立して働く姿勢を見せるのは大切です。

たとえば、以下のような考えがあるのであればアピールポイントになるでしょう。

  • 将来結婚して子供が産まれても仕事は続けていきたい
  • 転勤はどこにでも構わない

女性ならではの強みをアピール

男性のほうが肉体的にタフだし仕事ができる人が多い、と考えている方もいるかもしれませんが全くそんなことはありません。 確かに、肉体労働など女性に向かない仕事は存在します。

しかし、逆に女性ならではの強みも存在するのです。 たとえば、女性特有のきめ細やかな心配りは、仕事をする上で大きな武器になります。

とくに事務職などは気遣いが求められますし、ミスが許されない書類の作成などは女性のほうが得意な場合も多いでしょう。

また、マーケティングの部署などでは、新商品の開発でのアイディア出しなど、女性からの視点を提供するのは非常に重要なことです。

このように、女性にしか発揮できない能力はいくつもあります。企業側も女性の採用にあたっては、こうした能力を発揮してほしいと期待しています。

面接でも気配りや正確性など、女性ならではの特徴をアピールすると、企業の求めている能力とマッチし採用につながりやすいでしょう。

企業選びのポイント

企業選びのポイント

女性は出産や育児のことも考えるのであれば、そのことも踏まえた上で仕事を選ばなくてはなりません。そのため、職場の選択にあたって大切なのは働きやすさです。

働きやすさといっても、その具体的な要素はさまざまです。以下に列挙しますので、ぜひ働きやすい企業選びの参考にしてください。

  • 柔軟な労働環境が整っているのか
  • 産休・育休制度は整えられているか
  • 育児経験のある女性比率は?
  • 結婚や出産による離職率
  • 正社員以外の働き方は存在するか
  • 家族手当は支給されるのか
  • 女性の管理職の割合はどれくらいか
  • 残業が少ない
  • セクハラ対策・対応は万全か

柔軟な労働環境が整っているのか

リモートワークや時短勤務など、育児中でも働きやすい環境が整っているのか確認しましょう。

リモートワークは、特にWEB系・IT系の企業で導入されるケースが増えてきました。自己管理が必要ですが自宅にいながら働けるため、育児との両立がしやすいでしょう。

産休・育休制度は整えられているか

産休・育休の制度があるのか確認するのは大切です。制度の有無だけでなく、実際に利用できる環境なのかも知っておきましょう。

インターンシップやOB訪問などを利用して、リアルな情報を仕入れるのがおすすめです。また、「転職会議」や「OpenWork」といった企業系の口コミサイトを利用してみても良いでしょう。

育児経験のある女性の比率は?

育児経験がある女性の比率が高い企業は、女性にとって働きやすい環境である可能性が高いといえます。 なぜなら、育児中のかたはほとんどの場合、子育てに支障がある職場を退職してしまうからです。

とくに小さな子供がいる家庭では、子供が急に熱を出したり幼稚園から呼び出しがあったりと、イレギュラーな事態が発生しやすくなります。

そうしたときに、早退できたり休暇を取れたりする環境なら、かなり働きやすいでしょう。

また、育児を経験した女性が多い職場では、子育てを理由とした突発的な休暇に対する助け合いの精神が根づいているケースが多いです。

こうした会社では女性からの共感はもちろん、男性からの理解も得やすいでしょう。

結婚や出産による離職率

産休や育休の取得ができる環境なのか、その実態をリサーチする際は、結婚や出産による離職率を参考にするのもおすすめです。

育休・産休制度が存在しても離職率が高い場合、その制度は機能していない可能性もあります。「名ばかり制度」になっていないか、一つの判断指標としてご利用ください。

正社員以外の働き方は存在するか

志望の企業に、派遣やパートタイマーなど正社員以外の働き方が存在するのか確認しましょう。

安定した正社員が良いと考えている人は多いですが、派遣という働き方にも特有のメリットがあります。

派遣は労働時間があらかじめ決められているため、残業がほとんどありません。そのため、時間の余裕ができ家事や育児に当てることが可能です。

仕事に対する責任も軽く、ストレスを感じることが少なく働けます。ただ、社会保障が薄い、仕事に対するやりがいが感じられづらいなど、相応のデメリットは存在します。

第二新卒の女性が転職を成功させるには?成功の秘訣や企業選びのポイントを解説_後半画像

このように正社員以外の選択肢があることも把握し、ライフステージが変わったとしても自分にあった環境で働けるように考えておくことは重要です。

家族手当は支給されるのか

家族手当の有無についても確認しておきましょう。家族手当とは、家族を扶養している従業員に賃金とは別途で支給される手当のことです。

家族手当は法定の福利厚生制度ではないため、支給するかどうかは企業の任意です。もし家族手当が支給されれば、育児しながら働く女性にとってはとてもありがたい話でしょう。

ただ、支給条件や対象・人数・支給額などの詳細は企業によって異なるため、注意してください。

女性の管理職の割合はどれくらいか

将来的に出世する意欲があるかたは、女性の管理職の割合がどれくらいなのか確認しておきましょう。 日本全体として女性の管理職を増やす取り組みをおこなっています。

しかし、実際にはまだまだその数は少ないのが現実です。 そのため、もともと女性が管理職に就く風土が存在する会社のほうが出世しやすいでしょう。

ただ、応募する企業にどれくらいの女性管理職がいるのか知るのは難しいかもしれません。転職エージェントなどを利用し、情報収集に取り組んでください。

第二新卒で転職を迷っている方は、まずはご相談ください!

かんたん3分!第二新卒の転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

残業が少ない

ノー残業を推進している企業を選ぶのも重要です。 働き方改革が進展しつつある昨今、残業が良くないという意識が広まってきました。

とはいえ、いまだ残業は頑張っている証だと考えている企業も存在します。 残業が多い会社だと、子育てのために休んだり早退したりするときに、仕事を頼みづらくなってしまいます。

仕事を頼みづらい状況は、非常にストレスを感じるでしょう。 残業がない会社であれば、定時で帰ることができます。

定時を前提に仕事を進められるため、帰宅後の家事や育児の調整もしやすいでしょう。

セクハラ対策・対応は万全か

女性が就労するにあたって、大きな脅威となるのがセクシャルハラスメントの存在。

セクハラが脅威となるのは第二新卒の女性に限った話ではありませんが、相談窓口を設けていたり、セクハラへの理解を深めるセミナーを行っていたりと、対策が整っている企業だと安心ですよね。

まとめ

まとめ

第二新卒の女性が転職を成功させる秘訣や企業選びのポイントを解説してきました。

第二新卒の女性が転職活動をおこなう上で最初にした方が良いのは、これからの働き方やライフプランをきちんと考えることです。

第二新卒の女性の場合、これから出産や育児を経験する方も多いことと思います。子供が産まれたときに、仕事を辞めるのか、それとも継続するのか、この段階で明確にしておきましょう。

どのような将来像を描くかによって、仕事選びの基準も異なります。こうした事情があるため、職場を選ぶ際は働きやすい環境が整っている会社を探すことをおすすめします。

「福利厚生が整っているのか」「実際に出産後の女性がバリバリ活躍できる環境なのか」などの点を確実にチェックしておきましょう。

かんたん3分!第二新卒の転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

この記事を読んだ方におすすめ

第二新卒の転職バイブル!事前準備~内定まですべてがわかるまとめ

20代におすすめしたい転職エージェントの活用法

年齢別に解説!20代の転職成功ポイント

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

プロテンMZ編集部

プロテンMZ編集部

この記事を監修した人 プロテンMZ編集部

転職のためのキャリアアップ情報メディア「プロテンマガジン」の編集部です。広告・IT/Web業界にまつわる業界・業種・職種の情報から転職ノウハウ、キャリアのお悩み相談までを週2回ペースでお届けします。

SNSで記事をシェア