カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


転職ノウハウ

by野崎大輔 野崎大輔

第二新卒の転職時期はいつがいいの?ベストタイミングをズバリ紹介

第二新卒は若くて転職しやすい年代です。しかし、だからといって第二新卒ならどんな時期でも転職が成功するわけではありません。

適切なタイミングで転職しないと、転職できなかったり希望の条件ではない企業に入社したりしてしまいます。

この記事では、第二新卒の転職時期のベストタイミングを紹介します。第二新卒でこれから転職活動を行おうと考えている方は、参考にしてください。

≫≫広告・IT/Web業界に強い「プロの転職」の無料登録はこちら≪≪

ベストは2年目もしくは3年目の4月

ベストは2年目もしくは3年目の4月

第二新卒の転職時期のベストタイミングはズバリ、「2年目もしくは3年目の4月入社」です。以下でその根拠を解説していきます。

4月入社の求人が多い

企業のスケジュールの図

まず、企業の採用活動の動きを説明します。3月の年度末に決算時期を設定している企業が多く、1月~2月は決算準備のため多忙になりがちです。

3月になると業務が落ち着くため、4月入社の求人が増加します。4月入社は新卒求人もあるため、企業においては1年で最も人員募集が多い時期となります。

その後の4月~6月の間は、翌年度の新卒採用の面接や新人研修が入るため、人事は大忙しです。この間は新しく求人を出す余裕はないでしょう。

7月~9月になると、下半期に新規プロジェクトを始めるために、再び採用活動が活発化します。半期末となる9月末に退職する社員もいるため、10月入社の求人が増えます。

10月~12月になると、社員の年末調整で人事は再び忙しくなり採用活動は縮小します。

この時期では、12月のボーナスを貰うまでは在職したいと考えますから、転職希望者も少ないでしょう。

求人の少ない時期に応募すると?

通年で第二新卒の採用を行っている企業もありますが、求人の多さは時期によって波があります。

7月入社や1月入社など求人の少ない時期に応募すると採用が難しいのはもちろんのこと、同期の人数も少なくなってしまいます。

仕事の悩みを相談したり愚痴を言ったりできる相手がいないと、転職先で仕事のストレスをためてしまうでしょう。

また、募集が少ない時期に求人を出すのは、急に退職者が出たための欠員補充のケースも多いです。

この場合、ポジションが限定されてしまうので、職種や業務内容などの自分の希望が通らない可能性も高いです。

「業務量が多くてきつすぎる」「パワハラで精神的につらい」といった、すぐにでも転職したいケースでも、この視点でのみいえば、募集が活発に行われていない時期の転職はおすすめできません。

※本当につらいときは、決して無理しないでください

1年未満の転職はご法度

新卒で入社した会社がブラック企業だったため、1年未満で退職してしまう人もなかにはいます。

しかし、1年未満で退職してしまうと、「ストレス耐性がなさすぎるのでは?」と採用担当者に懸念されて採用につながらないケースが多いです。

また、企業は第二新卒に対して基本的なビジネスマナーが備わっていることを期待しています。

1年未満の社会人経験だと、そういったスキルも「身に付けられていないのでは?」と思われる確率が高いです。

厳しい事情があったとは思いますが、1年も経たずに辞めてしまった場合、企業からは厳しい目を向けられてしまいがちになります。

1年未満で退職した人の体験談:広告業界→広告業界
新卒で入社した会社がつらすぎて半年で転職を決意。働きながらの転職活動なので休日返上で面接に行かなくてはならず大変でしたが、一番きつかったのは面接です。

「なぜもっと頑張れないんだ」「そんなところに入ったお前が悪い!」と、思いきり圧迫面接を受けました。

ストレス耐性をチェックするためなのかもしれないですが、面接官のストレス発散に利用されたのでないかと思うほど理不尽な質問もありました。

遅すぎてもいけない

第二新卒に明確な定義は存在しませんが、基本的には学校を卒業して入社した会社を3年未満で離職し、転職活動を行っている人を指します。

このため、新卒入社後4~5年経過してしまうと、第二新卒枠で応募できない可能性が高くなります。

企業によって第二新卒で応募できる条件は異なるので一概には言えませんが、20代後半にさしかかると中途枠で受けるしかない場合もあるので注意してください。

ここまでのまとめ

  • 企業は4月入社の求人を多く出す
  • 在職期間1年未満は短すぎる
  • 第二新卒の転職はできる限り早いほうが良い

このことから、第二新卒の転職のベストタイミングは2年目もしくは3年目の4月入社となります。

4月入社は新卒社員と同じ入社時期となるため、同期が多く職場に馴染みやすいのもメリットです。

また、企業側としても一度に新人研修や採用の手続きを行えるため、コスト削減につながります。

このように、求人数が多いことだけではなく、求職者・企業双方にとってメリットが大きい時期が4月入社なのです。

2番目に良いタイミングは?

次におすすめの時期は2年目もしくは3年目の10月入社です。理由は、4月入社までとはいかないですが、年度の切り替わりとなるため求人数が多いためです。

10月入社の場合、新卒社員はいませんが、即戦力の中途採用と同期となる可能性があります。

第二新卒といえども、いきなり現場に出てOJTで経験を積んでいくことが多く、採用後すぐに業務に取り組みたい方にとっては刺激的な環境で働くこととなるでしょう。

転職活動をはじめるベストな時期は?

転職活動をはじめるベストな時期は?

一般的に、第二新卒の転職活動には1~3か月が必要と考えられています。

第二新卒は転職活動がはじめての方ばかりですから、たっぷりと3カ月は見ておいた方が良いでしょう。

そのため、4月入社を目指すなら1月に、10月入社を目指すなら7月に転職活動をはじめるのが好ましいです。

転職活動を大きく3つに分けると、次のようなステップがあります。

  • 自己分析・企業研究
  • 応募・面接
  • 内定・退職

それぞれの段階で1カ月程度かかると考えておきましょう。中でも重要なのは「自己分析・企業研究」です。

転職を志したということは少なからず今の勤め先に不満があったわけですから、転職先ではミスマッチを起こさないよう細心の注意を払う必要があります。

自己分析で自分のやりたいことを明確にし、それが実現できる企業を見つけましょう。

転職の時期を迷っている方はご相談ください!

かんたん3分!第二新卒の転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

3年は続けろって言われるけどどうなの?

3年は続けろって言われるけどどうなの?

よく「転職したいと思っても3年は1つの企業で続けてみろ」と言われます。

「勤めて3年にも満たないのに転職したいのは甘えだ」と考えられるし、3年続けたらよいところも見えてきて気持ちが変わるかもしれないためです。

しかし、この考えは今の時代にはそぐわなくなってきました。

この言葉を忠実に守れば、どんなブラック企業でも3年は我慢しろという話になりますが、無理を続けて精神や肉体を病んでしまっては、元も子もありませんよね。

それに転職自体は悪いことではありません。スキルアップを目指したり良い条件の企業に移りたいと考えたりするのは自然なことです。

そもそも3年経つと下手したら第二新卒では受けられない可能性もあります。

厳格な基準を採用している企業だと、3年以上の職歴があると第二新卒ではなくキャリア採用の枠組みに入れられてしまいます。

キャリア採用ではそれまでの経験が重視されるので、第二新卒のように未経験の業界・職種に転職することは難しくなります。

10人中3人以上が3年以内に転職

更には、3年以内の転職も構わないとする根拠のデータが存在します。

厚生労働省の「新規学卒者の離職状況(平成30年調査)」では、大学卒業者の約3割が3年以内に離職しているという結果が出ています。

平成27年3月卒のデータを見ても、3年未満で離職した人の割合は31.8%です。3年未満で退職することは珍しいことではないのです。

転職時期で失敗しないためのポイント

転職時期で失敗しないためのポイント

それでは、ベストなタイミングである「2年目もしくは3年目の4月」に転職を成功させるためには、具体的にはどうすれば良いのでしょうか?

ここでは、第二新卒が転職時期で失敗しないためのポイントをご紹介します。

計画的に行う

希望の時期に転職を成功させるためには、転職活動のスケジュールを立て計画的に進めることが何より大切です。

転職したい時期を決めてしまえば、転職活動にかかる期間は3ヵ月程度ですから、逆算してスケジュールを立てることが可能です。

例えば、4月入社したいなら、1月には自己分析を開始し、2月には希望の求人に応募、3月には内定をもらうというスケジュール感で進めることになります。

転職を決めた時期が2月や3月だった場合、その年の4月入社を目指すのは厳しいかもしれません。

なぜなら、焦って自己分析や企業研究ができていない状態で応募すると、内定が出たとしても入社してからミスマッチが生じやすいためです。

第二新卒として扱われる期間はある程度限定されているため、本来ならできるだけ早く転職をした方が良いのですが、早まってはいけません。

難しいことかもしれませんが、転職活動の期間は余裕を持たせておくほうが良いでしょう。

転職の期限を決める

「来年の3月までには転職を決めよう」など、転職活動の終わりの時期を具体的に設定するようにしましょう。

なぜなら、終わりを決めておかないと、ダラダラ転職活動を進めることになってしまうからです。

特に「今の職場にそこまで不満はないけど、いまより良い条件の企業があったら転職したいな」という何となくのスタンスで進めると、熱が入らず転職活動が長期化しやすいです。

そのままズルズルいってしまい、第二新卒の上限から外れてしまうケースも考えられます。転職すると決めたら、活動の終点もすぐに決め、ゴールを意識して活動を進めましょう。

<転職活動のスケジュール管理法について詳しく知りたい方はこちら>

【決定版】転職活動のスケジュール管理法と時間の使い方をプロが伝授

転職エージェントを利用する

転職活動の際は、転職エージェントを利用することをおすすめします。転職エージェントを利用すると、求職者に対し担当のコンサルタントがつきます。

彼らはこれまで何人もの求職者を転職成功に導いてきた転職のプロですから、様々なアドバイスをくれる心強い存在です。

また、在職中に転職する方が多いと思いますが、その際に困るのが仕事の都合でなかなか面接の日程が決まらないことです。

その点、転職エージェントでは企業との日程調整も代行してくれます。企業とのやり取りは基本的にエージェント側にお任せすればよいので、転職活動がスムーズに進みやすいです。

<転職エージェントの活用法についてもっと知りたい方はこちら>

20代におすすめしたい転職エージェントの活用法

まとめ

まとめ​​​​​​​

第二新卒のベストな転職時期は「新卒2年目、もしくは3年目の4月入社」です。

1年の社会人経験があれば企業は基本的なビジネスマナーは身に付けていると考えてくれますし、4月入社の求人は1年の中で最も多いためです。

また、新卒2年目、もしくは3年目の4月入社するために転職活動をはじめる時期は、基本的に転職活動は3ヵ月程度必要となるため、1月が望ましいでしょう。

そして、希望時期に転職を成功するために最も重要なのは、計画的に転職活動を進めることです。

ゴールをまず設定しそこから逆算してスケジュールを決めた上で転職活動に取り組みましょう。

かんたん3分!第二新卒の転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

この記事を読んだ方におすすめ

第二新卒の転職バイブル!事前準備~内定まですべてがわかるまとめ

20代におすすめしたい転職エージェントの活用法

年齢別に解説!20代の転職成功ポイント

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

野崎大輔

野崎大輔

この記事を監修した人 野崎大輔

デジタル時代で10年後も勝ち続けるキャリア設計を支援する白メガネ。転職/副業/就活/イベント企画を横断したコンサルティングに従事。リクルートの人材ビジネス、博報堂DY系アイレップ等を経て現職。デジタル知見を活かしたマッチングが得意。趣味は面接同席。MarkeZine「白メガネ野崎が突撃!」連載中。

SNSで記事をシェア