カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


転職ノウハウ

byプロテンMZ編集部 プロテンMZ編集部

面接で見た目が相手に与える影響は?内定に近づくポイントを解説

転職を考えた時に、希望する企業の内定をとるためにどんな準備を心がけていますか?面接の時に、見た目は何よりも自分をアピールする武器になります。

どれだけ転職に対する熱意が強くても、どれだけスキルを磨いても、外見の印象が悪ければ何の効力も発揮しない可能性もあるのです。

そこでこの記事では、面接の場面で外見のどんな所に気をつけたら内定に近づけるのかをくわしく解説していきます。

≫≫広告・IT/Web業界に強い「プロの転職」の無料登録はこちら≪≪

面接では思っている以上に見た目が影響する

面接では思っている以上に見た目が影響する

転職の時に避けては通れないのが面接です。

内定を取るために、歩き方やお辞儀の仕方を勉強したり、自分がこれまで培ってきた経験やスキルをどのようにアピールすれば良いのか、試行錯誤したりするでしょう。ですが、実は面接の時に合格を左右するのが、思っている以上にその見た目なのです。

心理学者であるアルバート・メラビアンが研究した「メラビアンの法則」によると、人は言語からは7%、聴覚からは38%、視覚からは55%もの影響を受けている事が分かっています。

この事から言えるのは、人は外見によって相手の印象を判断しているという事です。

ですから、面接に向かうという時には、身だしなみのチェックを行うことが必要になります。まずは、鏡の前に立って自分の事を客観的に見てみましょう。

相手から自分がどのように見られているかを知る事が、見た目の印象を良くする為に有効です。

見た目の印象は、外見だけではない

見た目の印象は、外見だけではない

面接の時に、なぜ見た目が関係するのでしょうか?それは、相手にとっての判断材料は見た目が主だからです。その人のイメージというのは、第一印象で決まります

つまり、最初に見た時の印象が良ければ好感を持たれますが、もし第一印象が悪ければ、どれだけ自分をアピールしても、全て逆効果になるかもしれません。

そして、面接の時に意識するのは外見だけと思っていたら、それは大きな間違いです。印象というのは、外見もそうですが、話し方も大きく関わっています。

話し方が悪ければ、どれだけ外見に気を遣っても、どれだけ転職に対する意気込みが強くても、合格は遠いと言えるでしょう。

具体的にどのような言葉遣いが良いのか?

どのような言葉遣いが好印象に繋がるかというと、まず、語尾は「です」「ます」で統一しましょう。もし面接官が同世代だとしても、砕けた話し方をすればたちまち印象が悪くなります。

また、「です」「ます」に統一したからといって油断はできません。例えば、語尾を伸ばしたり、語尾が聞こえなかったりする話し方では、かなり印象が異なります。

そして、焦るあまりに質問の途中で答えるのも気をつけましょう。面接官からすると、話しを最後まで聞かない印象だけが残り、マイナスのイメージになってしまいます。

言葉を受け取って、適切に投げ返す。キャッチボールの基本を守ることが大切です。

言葉の頭にいちいち「えっと」「あの」と付けてしまうのも同様です。面接官に好印象を持ってもらう為には、質問をきちんと聞き、ゆっくりと丁寧に説明する事を心がけましょう。

自分の考えや気持ちを、分かりやすいように伝える事も大切な事です。

面接で見た目を良くする方法

面接で見た目を良くする方法

面接の時に見た目を良くするには、まずは清潔感を意識しましょう。清潔感が溢れていると、面接官の印象はグッと良くなります。

ただ、自分では清潔感を出しているつもりでも、実は清潔に見られていないという場合もあります。一度、鏡で自分の姿を見てみましょう。

清潔感のある髪形

まずは髪型ですが、男性の場合、整髪料をつけている人もいるかと思いますが、出来れば整髪料はつけない状態で整える事が理想的です。また、髪の長さは、長すぎないように気をつけましょう。

前髪により目元が隠れていたり、襟足がスーツの襟にかかっていたりするだけで、「だらしがない」という印象を与えかねません。

一方、女性の場合、髪が長いのなら後ろで束ねておくのが理想的です。また、男女問わず、髪の毛を染める事は避けた方が良いでしょう。

髪を染めてはならないという決まりはありませんが、やはり黒髪の方が清潔感をアピールする事が出来ます。

清潔感のあるひげ、メイクなど

さらに、清潔感をアピールする時には、男性ならばひげは剃っておく必要があります。男性の中には、ひげに強いこだわりがあり、丁寧に整えている人も少なくありません。

ですが、面接官にそのこだわりはなかなか伝わらないものです。第一印象で「不衛生」と判断され、合格出来ないという場合もあります

。面接に行く時には、事前に全く問題ないという情報を得られている場合でもない限り、基本的にはひげを綺麗に剃ってから行くのが望ましいでしょう。

片や、女性の場合は出来るだけナチュラルメイクを心がけましょう。例えば、ラメが入っていたり、光沢があったりする物は使わないようにすることが大切です。

もちろん、それとわかる付けまつ毛なども付けないようにしましょう。まず、第一印象が何よりも大切です。そして、爪なども長くなっていないかどうかをチェックしておきましょう。

どれだけ髪型や服装を清潔にしても、爪が長いと不衛生な印象を与えてしまいます。

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

面接では服装も大切

面接では服装も大切

面接の時の見た目では、服装も大切です。面接官から見た時の第一印象がマイナスにならないように心がけましょう。

基本はビジネスの場面で着用するスーツ

新卒の場合はリクルートスーツを着るのが一般的ですが、中途採用の時には、ビジネスマナーを考えたスーツを着用していく事が望ましいでしょう。

色は濃いグレーまたはブラウン、ネイビーが一般的です。また、ネクタイは紺やグレーで、ストライプ柄などを選ぶのがベター。華やかな印象になる色や柄は避けましょう。

そして、女性の場合は、アクセサリーに気をつけることが大切で、ピアスやネックレスは外してから面接に向かいましょう。

また、靴が汚れていないかどうかもチェックが必要です。靴の先が汚れていては、せっかく服装は好印象だったのにマイナスになってしまいます。面接に向かう前には、必ずチェックしましょう。

業界や企業によっては、オフィスカジュアルや完全私服も

近年は、はっきりとしたビジネススタイルではなく、カジュアル寄りの服装で勤務する企業も増えてきました。

そのため、面接の場でも「私服」を指定される企業がありますが、私服だからどのような服でも良いというわけではありません。

私服からも、チームのメンバーと円滑にコミュニケーションが築ける社会性があるかという事を見られています。

よそ行きの格好をする必要はありませんが、自分の好みではなく、周囲から見て好印象を得られる服装を心掛けましょう。個性を出していくのは、入社してからでも遅くありません。

面接では表情や仕草にも注意

面接では表情や仕草にも注意

面接の時に気をつけるのは、髪型や服装だけではありません。その表情も大きく関係してくるのです。

例えば、ずっと下を向いていたり、目がキョロキョロ動いていたりすれば、面接官の印象は悪くなります。

どれだけ清潔感がある外見を意識しても、新品のスーツを着ても、表情が第一印象を悪くしては、何の意味もありません。

また、表情だけではなく、その仕草も大きく関わってきます。面接官が話している間、欠伸をしたり、貧乏揺すりをしたりするのは、「不真面目」という印象を与えてしまいます。

座り方にも気をつけましょう。椅子に座った時に、背もたれに体重をかけたり、両足の間に隙間が見えていたりする座り方は良くありません。

面接官がどんな所を見て判断しているのかを意識することが大切です。

面接官に良い印象を与える表情・仕草とは?

面接官に良い印象を与える為に、面接の間は顔をきちんと上げて、背もたれには背中をつけずに座ります。

足は、男性なら拳一つ分の隙間なら広げても良いですが、それ以上は足を広げないように気をつけましょう。女性は、膝と膝をピッタリとくっつけるのが望ましいです。

そして、男女共手は膝の上に置きましょう。

また、面接官に質問されたら、出来るだけ素早い解答を心がけ、声の大きさにも気をつける必要があります。

聞き取れないような小さな声だったり、怒鳴るような大きな声だったりしては印象を悪くしてしまいます。面接官との距離を考えた声の大きさを心がけましょう。

まとめ:見た目は面接に受かる為のキッカケ

まとめ:見た目は面接に受かる為のキッカケ

面接に受かる為の見た目は、清潔感や真面目さをアピールするだけではありません。見た目を良くするのは、自分がいかに真剣に転職を考えているのかを伝えるキッカケでもあるのです。

自分の情熱を伝える為にも、面接官に好印象を持ってもらえる努力をしましょう。

また、面接官が見たいのは、転職に対する意欲や、仕事に対する姿勢でもあります。これらが面接官に伝わる努力も大切です。

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら末

この記事を読んだ方におすすめ

転職の面接で不利にならない退職理由の伝え方!具体例も交えて徹底解説

ブラック企業はこうやって見分ける! 常時募集しているからといって離職率が高いとはいえない?

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

プロテンMZ編集部

プロテンMZ編集部

この記事を監修した人 プロテンMZ編集部

転職のためのキャリアアップ情報メディア「プロテンマガジン」の編集部です。広告・IT/Web業界にまつわる業界・業種・職種の情報から転職ノウハウ、キャリアのお悩み相談までを週2回ペースでお届けします。

SNSで記事をシェア