カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


業界ナレッジ

by依田昂騎 依田昂騎

ビジネスディベロップメントになるにはどうする?転職に必要な情報を網羅

ビジネスディベロップメントになるにはどうする?転職に必要な情報を網羅

メルカリやラクスルなどいま勢いのあるIT系企業を中心に、ビジネスディベロップメントという職種が登場し、話題を集めています。

「具体的にどういう仕事をするのかつかめていないが、華やかなイメージがあって憧れる」と感じている方もいるでしょう。

今回は、ビジネスディベロップメント(以下「ビズデブ(BizDev)」)の仕事内容や年収、キャリアパス、転職のポイントなどさまざまな情報を紹介します。

最後まで読めば、憧れのビズデブに転職できる確率が高まることでしょう。

≫≫広告・IT/Web業界に強い「プロの転職」の無料登録はこちら≪≪

ビジネスディベロップメントの仕事

ビジネスディベロップメントの仕事

一言でいえば、事業未満の段階のものを事業のレベルにまで持っていく役割を担います。業務内容は、たとえば以下のように多岐にわたります。

  • 新規事業開発
  • 既存事業の拡大
  • アライアンスや業務提携・資本提携
  • M&A

企業がどの成長フェーズに属すかによって業務内容に違いは生じます。

たとえば、成長期の企業であれば収益モデルの構築が求められますし、成熟期の企業なら事業再構築や新規事業開発が必要となるでしょう。

近年は、市場規模の縮小を受け、生き残りをかけてサービス・製品の多角化や他社との業務提携などの戦略を取る企業が増えてきました。

このような状況を受け、事業開発を専門的に担当する仕事への要請が高まったことが、ビズデブという職が生まれた背景です。

多くの人にとって聞き馴染みない言葉かもしれませんが、外資系やスタートアップ企業などでは職種として設けることが一般的になってきました。一般的な業務の流れは、以下の通りです。

  • KPI/目標の設定
  • 目標を達成するために何ができるかアイディア出し
  • 出したアイディアが実現可能なものか検証
  • 事業として走り出しても良いか経営陣と協議
  • 社内他部署との交渉や業務提携
  • スペック、マニュアル作り
  • チーム結成
  • PM(プロジェクトマネージャー)となり商品が世に送り出されるまでリード
  • 最後に①を達成できたか確認

ビズデブの仕事は登場してまだ間もないこともあり、これといった明確な定義がありません。

また企業規模によっては、ビズデブがかける時間は大きく異なります。

一般的な傾向として、大企業は意思決定に時間がかかるケースが多いため、ひとつの事業開発に年単位の期間を要することがあります。

特に日本の大企業は新しいことに消極的な傾向が強く、経営陣の説得にかなりの時間を要するでしょう。

一方、ベンチャー企業やスタートアップは短期間で事業のグロースを繰り返すことが多く、スピード感があります。

改善点や問題点は業務を進めながら見つけていくというスタンスで、とにかく動きが速いのが特徴です。

ビジネスディベロップメントの具体例

ビジネスディベロップメントの具体例

ビズデブの仕事は業務範囲も広く抽象的なので、どのような業務かイメージを抱けるよう、具体例をいくつか紹介します。

メルカリ

メルカリでは、事業活動の中で足りない部分を見つけそれを補うために、外部からリソースを引っ張ってきて、内部と結びつけるのがビズデブの役割。

「配送」と「決済」の2つの分野の、プロダクトと事業を成長させるためにパートナーシップを結びました。

配送ではヤマト運輸とアライアンスし、「らくらくメルカリ便」をスタートさせ、決済ではセブンイレブンやファミリーマートと提携し、コンビニでの支払いも可能としました。

マネーフォワード

自社で提供する自動家計簿サービス「マネーフォワード」やビジネス向けクラウドサービス「MFクラウドサービス」を拡散するために、他企業との協力が必要と考えました。

そこで、ビズデブの役割は、一緒に課題を解決するパートナーを見つけ提携することとされました。具体的には、金融機関や会計事務所などです。

企業が抱えるお金の問題の相談先は税理士の先生が多いので、会計事務所などとアライアンスすることで、共に中小企業の問題を解決に導きます。

Gunosy(グノシー)

グノシーもマネーフォワードと同じくアライアンス先を探すことが主要な業務のひとつです。

パブリッシャーやアドネットワークサービスを提供する企業が主なアライアンス先。

ニュースアプリは、いかにユーザーにインストールしてもらえるかが重要なので、携帯キャリアとも提携しています。

年収はどれくらい?

年収はどれくらい?

ビズデブの年収は、事業開発チームのどのポジションに就くかによって大きく異なります。

メンバークラス:300~500万円

業種や企業によって幅がありますが、多くは300500万円程度です。業務としては企画案の内容を実行に移し、フィードバックをおこない改善につなげていくというものです。

メンバークラスなら特別な経験がない第二新卒や20代後半でも採用される可能性があります。若手ならではのチャレンジ精神やフットワークの軽さなどをアピールすると良いでしょう。

メンバーで実績を残せば、リーダーに任命される可能性も考えられます。

事業責任者クラス:500~1000万円

これも企業や業界によりますが、事業責任者クラスとなれば、年収1,000万円達成も夢ではありません。

ただ、成果が求められるので、募集時の要件も厳しくなります。企業や職種によって求められる能力は異なりますが、実務経験はほぼ必須となります。

海外展開を推進する企業なら、新規事業開発の経験に加え、高い語学力が求められる可能性も高いです。

ビズデブに就く人の前職は?

ビズデブに就く人の前職は?

多いのは、新規事業開発や企画の経験者です。実際の求人でも、新規事業開発やアライアンスなどの経験を求める企業が多く見受けられます。

未経験でもコンサルティングファームや投資銀行などで外部の企業相手にコンサル業務を行

ったことがあれば、採用してもらえる可能性も十分あります。

また、業界や職種と親和性が高ければ、法人営業の経験も有利に働きます。

キャリアパス

キャリアパス

ビズデブの将来として真っ先に考えられるのは、CXO(体験の最高責任者:Chief Experience Officer)です。

CEOが企業の経営に関する意思決定権を持つのに対し、CXOは日々の業務や機能面における最高責任者です。

また、
事業の統括・推進を行うCOO(最高執行責任者)になるケースも考えられます。

いずれにせよ、企業のトップ、もしくはそれに近い存在の立場で働く可能性が高いでしょう。

転職を成功させる方法

転職を成功させる方法

ビズデブへの転職を成功させるためのポイントをいくつかご紹介します。高いスキルや豊富な実務経験が求められるケースが多く、正直に言うと、転職は簡単ではありません。

紹介するポイントを参考に、少しでも成功率を高めていただけたら幸いです。

新規事業開発や企画業務の経験

もしあなたが事業開発や企画など新しく事業を立ち上げる業務に携わったことがないのであれば、いきなりビズデブを目指さずに、事業開発の経験を積むことをおすすめします。

ビズデブの求人の多くは、「新規事業開発の経験者を求める」と記載しています。つまり、その経験が無いのであればスタート地点にも立てないのです。

新規事業開発は企業の全ての業務のなかでもかなり重要なポジションですから、経験者でないと安心して任せられないと考えられがちなのです。

また、この職種はビジネスマンとしてかなりの、高度で幅広いスキルを求められます。スキルアップの意味でも、まずは経験を積むことに注力するのがベターです。

現職で事業開発や企画の部署に異動するのも良いですし、それが無理なら転職も検討しましょう。

あなたが20代で若ければ、チームメンバーの求人に応募し内部からビジデブを目指すことも可能です。

現職と同じか近い業界の求人に応募

現在勤めている業界と同じ、もしくは近い業界なら、未経験からでもビズデブになることも不可能ではありません。

業界に関する専門的な知識を備えたうえで、一定のマネジメントや法人営業経験などビズデブの業務に関連する経験があれば、採用される可能性も考えられます。

たとえば、外国人旅行者向けにレストランメニューの情報を提供するサイトを運営する企業の求人では、求める経験に「インターネット業界、もしくは流通・小売り業界での経験」を挙げています

人を巻き込んで何かした経験

先述した通り、ビズデブに一番求められるのは「人を巻き込む力」です。そのため、人を巻き込むだけの人間的魅力が備わっていることをアピールする必要があります。

リーダーやマネジメントの経験でも悪くないですが、自分の理念を打ち立てそれに対して周りが協力し何かを達成した経験があれば、より好ましいでしょう。

ちなみに3000億円の事業を生み出す「ビジネスプロデュース」戦略 なぜ、御社の新規事業は大きくならないのか?(著書:三宅 孝之,島崎 崇)という本のなかでは、ビジデブに必要な素養として

  • 項目前向きで明るい
  • 謙虚で素直
  • 自分の意思がある

の3つを挙げています。

これらの素養が自分にあるとアピールできれば、人間力の高さが面接官に伝わる可能性が高いでしょう。

まとめ

まとめ

ビジネスディベロップメント(略してビジデブ)とは、一言でいえば事業開発を担当するポジション。新規事業開発、既存事業の拡大、アライアンス、業務提携、MAなど業務範囲は幅広いです。

実際に担当する業務は企業・業界などによって異なるため、求人をよく確認しましょう。多くの面で高度なスキルが必要で、さらに人間的な魅力も求められるので、転職難易度はかなり高いです。

場合によっては、いきなりビズデブを目指すのではなく、スキルを身につけるため、関連職種に転職するのも選択肢のひとつですよ。

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら末

この記事を読んだ方におすすめ

ベンチャー企業にまつわるコラム記事の一覧(まとめ)

10年後、20年後に生き残る人材になるためには?キャリアコンサルタント目線の市場価値

広告/マーケティング・IT業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告/マーケティング・IT業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

依田昂騎

依田昂騎

この記事を監修した人 依田昂騎 プロテンマガジン編集長

クリエイティブ出身のマーケター。コンテンツディレクター。これまでのキャリアを活かして、働き方改革やキャリアをテーマにした各種メディアで発信中。

SNSで記事をシェア