カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


業界ナレッジ

by荻久保健一 荻久保健一

儲かる?つらい?デジタルマーケティング業界の業務と年収

平均年収は約440万円より高い?低い?一般のサラリーマンの平均年収は約440万円程度だと言われていますが、デジタルマーケティング業界の平均年収はいったいいくらくらいなのでしょうか。

デジタルマーケティングとは

そもそもデジタルマーケティングというのはインターネットのWebサイト、スマートフォン、SNSなどで情報収集して、その結果を分析することでどのようにすれば商品が売れるかを考えるマーケティングの1つです。

web広告やSNSなどを使って商品やサービスの販売促進をしていきます。

デジタルマーケティングという名前はあまり聞いたことがないかもしれませんが、Webサイト中心としたWebマーケティングにスマートフォンやSNSが加わった拡大版のようなものです。

しかしながら、現在デジタルマーケティングを得意とする人材は少ないのが実情ですので、デジタルマーケティングのスキルが高いことをアピールできれば高年収を期待することができるかもしれません。

その平均年収は550万円程度でほかの職種と比較すると高い収入といえるでしょう。 もちろん、個々人のスキルや年齢や勤務する企業の規模によって年収は異なります。

特に、企業の規模が大きくなればなるほど年収は高いですし、産前産後休暇や育児休暇などの制度も充実していますので、女性は非常に働きやすいです。

まだまだ新しい業界ですのでいろいろな可能性が見出すことができる職種でもあります。新卒の頃からデジタルマーケティングをやっていくというのはきわめて稀です。

まだまだWebマーケティングが主流になっていますので、まずはそれをやったり、必要に応じてマス広告のマーケティングを行うというのがほとんどです。

そうして上司や先輩と一緒になってクライアントのところに同行訪問してマーケティングに関する知識を習得していきます。

そして少しずつ担当顧客を増やしていき、小規模なクライアントから大規模なクライアントまでを担当していきます。そうして業界ごとの知識も身に着けていってスキルアップをしていくわけです。

キャリアが上がるほど、クライアント数は少なくなる!?

マーケティング業界は概して最新情報がどんどん変わっていく、時代のスピードについていけるかが試される業界です。いかに早く情報をキャッチしてストックしていくかが重要になってきます。

キャリア1年目から3年目程度で平均年収はおよそ400万円程度です。

それから、キャリア5年目から8年目程度になると、徐々にクライアントごとの予算も高くなっていって利用できる手法の幅が広がるようになります。

クライアントの予算によって手法の種類や数がかわってきます。複数の手法を使ったり、それらをうまく組み合わせたりするなど仕事の面白さも増えていきます。

たとえば、リスティング広告、リマーケティング広告、ディスプレイ広告などです。デジタルマーケターとしての手腕が求められて非常にやりがいが感じられるでしょう。

ただし、クライアントから信頼されないと予算は増えません。このキャリアの平均年収は450万円程度になります。

このくらいのキャリア年数になると、能力の高い人はプレイングマネージャーになる人もいます。そのような場合には平均年収は約550万円程度です。

プレイングマネージャーになると、自身でプロジェクトを進めながら、チームとして仕事をすることになります。

チームスタッフがきちんと仕事を進めているかを監督、チェックしたり、複数のプロジェクトを担当することになって、これまでとはまた違った難しさがあります。

ただし、本人自身が抱えるクライアント数はせいぜい3社から5社程度と少なくなります。予算規模が月に数千万円から数億円のプロジェクトも珍しくはなくなるでしょう。

その代わりにこの莫大な予算に対してよりいっそう適切な提案が求められます。

1000万プレイヤーへの道も

それから、このくらいのキャリアでプレイングマネージャーではなく役員になる人もいます。役員クラスになると年収は700万円を超えるところが多いです。

ただし、現場から離れることになりますので、デジタルマーケティングをしたい人には物足りなくなるかもしれません。

その場合には他のマーケティング会社に転職することも選択肢の1つになります。その場合の年収は600万円から700万円は期待できるでしょう。

デジタルマーケティングはまだまだ体系的に学ぶことができる環境がありませんので、転職市場における需要が非常に高いです。そのため、収入や待遇環境が好条件であることが多いです。

最近よく見られるのはクライアントからのヘッドハンティングです。引き抜かれるときには年収が1000万円を超えることも珍しくありません。

そのままデジタルマーケティングとしてのキャリアを進んでいくのもいいですし、マス広告やWeb広告を広くやっていくなどいろいろな可能性があります。

そうしてスキルアップやキャリアアップをしていくわけです。まだ業界自体があ新しいので20代から30代といった若い人たちが活躍している傾向があります。

かんたん3分!マーケティング転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら末

この記事を読んだ方におすすめ

マーケティングにまつわるコラム・インタビュー記事の一覧(まとめ)

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

荻久保健一

荻久保健一

この記事を監修した人 荻久保健一 執行役員マーケティング本部長

これからの新しい働き方「副業転職」や「一分の一転職」をマーケティングの力で広げるために日々奮闘する美容好きおじさん。自身も転職を複数回経験し、マーケターのキャリアに関する知見も豊富。

SNSで記事をシェア