カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


業界・業種・職種ナレッジ

by野崎大輔 野崎大輔

デジタルマーケターに求められる役割と必要な性質とは

スマートデバイスの爆発的な普及によるマーケティングの変化

スマートデバイスが爆発的に普及したことによって、企業におけるマーケティングの取り組み方も大きく変容を遂げました。

欧米から始まり、今もなお発展を続けているデジタルマーケティングのテクノロジーは、海外の国々を超えて日本にも普及。

現在は多種多様なメディアを通じて「デジタルマーケティング」という用語を耳にする機会も増ています。

デジタル時代に活用されるマーケティングでは、マーケターは一社の総合広告代理店に頼るだけではなく、専門性を備えた様々な分野のパートナー企業と緊密に連携する必要性が生じてきました。

デジタル時代のマーケターに必要とされるのが、専門性を有するパートナー企業を適切に束ねてチームを構築し、プロデューサーとしての能力を発揮していく役割です。

デジタルマーケティングは、インターネット上に存在するデジタル広告やサイト、メールやモバイルアプリなど各種のチャネルを介して製品およびブランドに関するプロモーション施策を行います。

顧客の反応をデータにして蓄積し、活用することによってマーケティング業務を高度化し、顧客との繋がり(エンゲージメント)を強めていく仕組みづくりです。

デジタルマーケティングを強化することで、企業は顧客の興味関心の度合いを可視化し、状況に応じて効果的なプロモーション施策を行えるようになります。

一方、デジタルマーケティングが一般に流通し始めた結果、従来のWebマーケティングと混同されるケースも少なくありません。

デジタルマーケティングをWebマーケティングと比較した場合の大きな相違点は、活用できるデータの種類およびチャネルの違いです。

Webマーケティングは主として企業が運営するWebサイトに特化した手法で、Webサイトのアクセス履歴を活かして閲覧しているユーザーの満足度を上げたり、サイトへのユーザーの流入を増やすことが目的です。

これに対してデジタルマーケティングでは、Webサイトのアクセス履歴だけでなく、スマートフォンあるいはタブレット端末で提供されるアプリも活用。

さらにはIoTによって収集されるデータも応用しながら、各チャネルにおいて顧客の体験価値をアップさせることを狙いとしています。

デジタルマーケティングと一口に言っても、デジタルマーケティング関連の業務内容は多岐に亘ります。

ウェブ広告をはじめ、自社サイトや自社メディア、ウェブ制作やマーケティングツールの運用など様々です。

その上、日々新たな技術およびサービスが誕生しているため、デジタルマーケティングに必要な人材に要求されるスキルも、現時点で特に定められている訳ではありません。

デジタルマーケーターは「好奇心」が必要

では、具体的にどのような人材がデジタルマーケティングの業務に向いているのでしょうか。まず最初に必要になるのが、色々なものに対する好奇心です。

この分野では新しいツールや新たな概念が次から次へと登場しますので、常に自分の知識をアップデートし続けなくてはいけません。新しいものが好きで、新しいものを楽しめる精神が大切です。

また、世間で流行っているものやサービスに関して、それがなぜ消費者の関心を集めているのか、どんな層の消費者に人気が高いのか、様々な視点から興味を抱く人が向いているでしょう。

また、消費者心理についての興味関心も必要ですし、施策を検討していく時にはバランス感覚も重要です。 例えば、ある製品を購入した1時間後に、購入したことに対する御礼の通知をアプリを介して届ける施策を行うとします。

その際、「この施策は消費者にプラスの感情をもたらすのか、その逆になるのか」という問いへの答えは、対象になる消費者の志向あるいは属性などに応じて変わってくるでしょう。

自社や自分自身の視点だけでなく、想定している消費者からどう思われるのか、その人の友達や家族はどう感じるのか、多様な視点から物事を考えるスキルが求められます。

ちなみに、デジタルマーケターとして広告業界で活躍するキャリアパスは、決して一つではありません。
これまでマスマーケティングに携わってきた人がデジタル領域の専門技術を身に付けていく場合もありますし、人事労務などの異業種で活躍していた人がデジタルマーケティングの領域に転職するケースも。
しかし、いずれのケースでも、デジタルマーケターに向いているのは先程触れたような素質を持っているタイプ。
つまり、最新アプリなどをすぐダウンロードして体験したり、話題の製品やサービスがなぜ人気なのか、誰が購入しているのかなどを考えるのが好きなタイプです。

デジタルマーケティング領域のスキルを勉強しようとする場合には、基礎知識に加えて専門のノウハウが必要です。

まず、マーケティングに関する基礎知識を横断的に習得すること。これを身に付けると、新しいトレンドや技術などを自分でキャッチアップできるようになります。

同時に、これまで経験してきた実務で培った技術や、興味を抱いている分野について専門性が高いノウハウを集中して学ぶことが必要です。

かんたん3分!マーケティング転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら末

この記事を読んだ方におすすめ

マーケティングにまつわるコラム・インタビュー記事の一覧(まとめ)

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

野崎大輔

野崎大輔

この記事を監修した人 野崎大輔

デジタル時代で10年後も勝ち続けるキャリア設計を支援する白メガネ。転職/副業/就活/イベント企画を横断したコンサルティングに従事。リクルートの人材ビジネス、博報堂DY系アイレップ等を経て現職。デジタル知見を活かしたマッチングが得意。趣味は面接同席。MarkeZine「白メガネ野崎が突撃!」連載中。

SNSで記事をシェア