カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


業界ナレッジ

byプロテンMZ編集部 プロテンMZ編集部

【徹底解説】広告運用トレーダーってどんな仕事?転職するには?年収は?

インターネットが急速に普及している中で、広告運用トレーダーという注目の職業があります。

今回は、広告運用トレーダーとはいったいどんな仕事なのか、転職するには具体的にどんなスキルが必要なのか、年収はどのくらいなのかについて解説します。

「広告運用をしてみたい!」「広告運用トレーダーとして転職したい!」という方はぜひご参考にしてみてくださいね。

広告運用トレーダーとはどんな仕事?

広告運用トレーダーとはどんな仕事?

広告運用とは、Web広告の効果を最大に高めるために入札額や、ターゲットを絞る等して運用に関する業務を行う仕事のことです。

また単純に運用をするにとどまらず、トレーダーを行いながらコンサルタントのような営業の仕事も同時に行っているのが広告運用トレーダーの仕事となります。

広告運用にはどんな種類があるの?運用型広告ってなに?

広告運用にはどんな種類があるの?運用型広告ってなに?

「広告運用の仕事を始めたい」と思っても、「運用型広告ってなに?」という質問が聞かれることがありますのでお答えします。

まず、運用型広告とは、予算やワードなどをリアルタイムで設定を変更させながら出稿できる広告になります。リアルタイムで変更できるため、予算や効果が変動しやすい点が特徴となります。

また、広告運用の募集を見ると募集の段階で「この広告を使用する」といったように特定の広告の型に絞られている場合があります。そのため、「どんな広告型があるのか」に関してご説明していきます。

運用型広告の種類は、具体的には以下の通りとなります。

    • 項目リスティング広告
    • ディスプレイネットワーク広告
    • リターゲティング広告(リマーケティング広告)
    • DSP広告

リスティング広告」とは、検索エンジンの検索結果に表示させる広告配信方法のことです。

ディスプレイネットワーク方式」とはバナー広告などの一つでユーザーの関心の高い広告を配信することが出来ます。

リターゲティング広告」とは、ユーザーのクッキーを取得して、その情報を元に再び広告配信する方法です。

DNP広告」とは、複数のアドネットワークから広告配信を行い、複数の媒体に対して好みの条件で広告出稿が出来る広告のことです。

以上が主な広告の種類になります。会社によって利用したい広告は異なりますので、ニーズをきちんと理解したうえで導入するようにしましょう。これは転職の際にも同じことが言えます。

広告運用トレーダーに必要な知識やスキルは?

広告運用トレーダーに必要な知識やスキルは?

実際に転職して広告運用トレーダーになるにはどういったスキルが必要になるのでしょうか。業務範囲が広く、様々なスキルが必要となりますので確認してみましょう。

営業力

広告自体のコンサルティングを行うため、戦略設計などから改善まで幅広い分野の業務を行うことが求められることが多いのがこの仕事の特徴といえます。

問題点を発見したら、改善までの実行をし、その後結果を分析し報告まで行うためには営業能力が必要となるでしょう。

案件によって仕事の内容は変わってくるとは思いますが、お客様にプランを提案し、何かあれば対応窓口として相談を受ける役割になりますのでそういったポジションになることも自覚しておきましょう。

また、お客様はその対応を受けて会社のイメージが決まる部分もあると思います。そのため交渉力にとどまらず、信頼関係を築く力なども必要になります。

数字に関する分析能力

まずは数字の分析能力が必要となります。運用型広告は自分が変更した機能や考え付いたアイデアによってアクセス数が変わるという特徴があります。

そのため目標値の設定や、変更を行った後の数値の変化を分析し、結果が万が一悪い場合には、すぐに変更するスキルが必要になります。

また広告の運用には費用もかかりますので入札額などにも注意するスキルが必要となります。さまざまな業務に数字を見て分析することになりますので、数字に対する分析能力が求められるでしょう。

ユーザーのニーズを把握する能力

数字上の分析に加えて、ユーザーのニーズに対応していく能力が必要になります。

広告を見るユーザーに対して、「このサイトには若い女性が多い」「華やかなものを好むユーザーが多い」などターゲットにしたいユーザーの年齢や好みを踏まえた上でより効果的な広告運用をする必要があります。

年齢層や好みが必ずしも自分とあったユーザーではないため、相手の気持ちに立って広告を運用する力が求められます。

また、他の人へ相談することもあるためコミュニケーション能力も必要になっていくでしょう。

チームワーク

チームワークに関してですが、これは広告運用だけに当てはまる話ではありません。

特に広告運用の仕事は一人で仕事をするのではなく、チームで一つの案件を行うこともありますのでチーム内の仲間意識は必須ともいえるでしょう。

また、同じチームだけでなく、例えば「デザインに関しては別の専門家に相談して助言を得たい」といった場面も出てくるため、必要に応じて相談できる力や日ごろからチームとしての意識を持つことは重要といえるでしょう。

問題解決能力

コンサルティング業務を行うので問題解決能力も非常に重要になります。

自分で主体的に課題を見つけ、解決策を提案していく力のある方、課題を解決するのが好きな方はこの仕事に向いているといえるのではないでしょうか。

具体的には「障害を予測し、リスト化した上で包括的に解決策を考えることができる」「外部要因の評価をおこない、困難が生じない場合を考え、問題の予防を目指す」などといった力です。

以上が必要になる知識です。もちろん求人や案件によって必要な知識やスキルはありますが、広告運用トレーダーの仕事をするには共通して以上のようなスキルが求められるでしょう。

広告運用トレーダーに資格は必要なのか?

広告運用トレーダーに資格は必要なのか?

「広告運用トレーダーになるには資格が必要か」という質問に対しては必要ありませんという答えになります。

しかし、まったく資格がないよりも出来れば持っていたほうがいいという点も、もちろんあります。資格の有無に関してこれから詳しくご説明していきます。

転職先の会社の業務によっても必要なスキルは変わりますが、広告運用には例えばCADなどの特殊なスキルが必要になる場合があります。

多くの会社の場合、求人募集で募集の詳細欄に「このスキルを持っているほうが良い」「この業務に関して何年以上の経験した事のある人」など特定のスキルに関しての条件が書かれていることが多いです。

とくに広告運用の場合は広告代理店やコンサルティング会社などで仕事をした事のある人を募集していることが多いため、「コンサルティングはしたことがないが広告に関しては経験・知識がある」というような方は自身の経験をアピールするようにしましょう。

また、面接などに言った際には「具体的にどんなことをしてきたのか」「どこまでこの業務が出来るのか」などを直接聞かれる可能性が高いです。

面接の際にスキルや能力の証明や目安として資格が判断材料になることがありますので、もし「今後面接を考えている」「面接まで時間がある」といった方は取得できる資格に関しては取得しておいたほうが良いでしょう。

また、時間がないという人は面接の際に質問されても答えられるように以上の点に関してポートフォリオの作成などの準備をしておきましょう。

広告運用トレーダーの年収はどのくらい?

広告運用トレーダーの年収はどのくらい?

年収に関しては、経験やスキルに応じて幅があるようです。平均的な年収の幅として300万円~800万円のレンジがあります。

また、「正社員なのか、契約社員か」「経験年数や前職での経験の有無」など、雇用形態によっても変わってくる部分もあります。

ご自身の希望する雇用条件にあったものが見つかることが理想的ですが、幅がありますのでまずはいろんな求人情報を見て検討することをお勧めします。

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら末

この記事を読んだ方におすすめ

広告運用スキルの市場価値と、転職した次のキャリアの選択肢とは?

【徹底解説】WEB広告運用担当ってどんな仕事?転職するには?年収は?

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

プロテンMZ編集部

プロテンMZ編集部

この記事を監修した人 プロテンMZ編集部

転職のためのキャリアアップ情報メディア「プロテンマガジン」の編集部です。広告・IT/Web業界にまつわる業界・業種・職種の情報から転職ノウハウ、キャリアのお悩み相談までを週2回ペースでお届けします。

SNSで記事をシェア