カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


転職ノウハウ

byプロテンMZ編集部 プロテンMZ編集部

リスティング広告運用への転職はおすすめ?平均年収はどれくらい?ハードワークで辛いって本当?

リスティング広告運用への転職はおすすめ?平均年収はどれくらい?ハードワークで辛いって本当?

「リスティング広告運用の仕事内容は?」「リスティング広告運用の仕事って、ハードワークって本当?」「リスティング広告運用担当者の平均年収が知りたい!」

 

リスティング広告運用とは、YahooやGoogleといった検索エンジンで検索した際に、検索上位の広告枠に入札を行い、広告を打つ仕事です。

 

インターネットが普及した今日では、広告の媒体も多様化し、リスティング広告がかなり注目されています

 

今回は、そんなリスティング広告運用の仕事内容や平均年収を徹底解説します。

 

また、リスティング広告運用担当者への転職を検討している方は、「プロの転職」の利用がおすすめです。プロの転職は、広告・IT/Web業界に特化した転職エージェントですので、納得のいく広告代理店に転職できます。より高待遇な広告代理店に入社したい人は、ぜひ「プロの転職」で転職を成功させましょう。

 

デジタル時代のキャリアプランを考えましょう!

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら末

 

 

リスティング広告運用担当者の仕事内容は?ハードワークで辛い?

話し合い

 

リスティング広告運用担当者は、広告代理店やインハウスなどでリスティング広告をメインに運用している人を指します。

 

リスティング広告運用担当者の主な仕事内容は、広告配信の入札などの入稿作業が中心です。

 

また、運用担当でもマーケティングも一緒に行います。その際はどの広告枠に広告を出すか、戦術やターゲット戦略も練らなければいけないので、Webマーケティングのスキルも求められるでしょう。

 

 

リスティング広告運用担当者は広告配信に関する入稿作業が中心

先ほども軽く触れましたが、リスティング広告担当者は広告配信に関する入稿作業がメインです。

 

具体的な業務内容は、営業担当から任されているリスティング広告の入札などを行い、そしてその広告の収益や結果を分析し、営業担当と一緒にPDCAサイクルを回します。

 

ほとんどの広告代理店では営業担当と運用担当に分かれていますが、運用担当者も営業担当と一緒にマーケティング戦略を練るのが一般的です。

 

ですのでリスティング広告運用担当者はweb広告の知識だけではなく、マーケティング力や数字から答えを導き出す分析力が求められます。

 

このようにリスティング広告運用者は入稿作業がメインに見えても、実は業務内容が広い職種です。

 

 

リスティング広告運用担当者はハードワーク

リスティング広告の入稿作業をメインに行う運用担当者の仕事は、かなりハードワークです。

 

【リスティング広告担当者がハードワークな理由】

 

  • 勤務時間が長い
  • 広告分析のレポート作成が辛い
  • 入稿作業が膨大

リスティング広告担当者は入稿作業からマーケティングまで行うので、対応しなければならない業務が多いです。

 

また、広告の結果をレポートにまとめるような業務もこなすので、自然と勤務時間は長くなってしまいます。

 

そのためリスティング広告運用担当者は、ハードワークに耐えれるだけの体力と精神力も必須でしょう。

 

 

リスティング広告運用担当者に求められるスキル4つ

 

図解

 

リスティング広告運用担当者に必要なスキルは以下の4つです。

 

  • マーケティング力
  • 論理的思考力
  • コピーライティング力
  • 数字などの分析力

これを見て、「初心者や未経験にはかなり難しいかも…」と感じる人もいるかも知れません。

 

しかし一つひとつ噛み砕いて見てみれば、努力次第で習得できるスキルです。またこれらのスキルは、学校の勉強のように「一度身につければそれでおしまい」というものではありません。

 

目まぐるしく変わる現代社会に刺さる広告が打てるように、日々スキルを勉強する必要があります。

 

また、広告媒体なども多様性を増しているので、最新媒体やトレンドに敏感であることも求められます。

 

それでは、この4つのスキルを詳しく見ていきましょう。

 

 

①マーケティング力

リスティング広告運用者に求められるスキル一つ目は、「マーケティング力」です。

マーケティング力とは、クライアントの商品・サービスが売れるように、市場調査や戦略を練るスキルを指します。

 

マーケティングスキルのある運用者は、広い視野で物事を見れるので、リスティング広告以外の広告媒体からもクライアントに有益になりうる情報を提供できます。

 

また、マーケティングスキルの一環として、競合調査やトレンドの把握といった広い視野で市場を分析しクライアントの表面ではなく潜在的な悩みを解決できるスキルも求められるでしょう。

 

 

②論理的思考力

リスティング広告運用者に求められるスキル2つ目は、「論理的思考力」です。

 

運用担当者になぜ論理的思考力が求められるかと言うと、リスティング広告運用はPDCAを回し続けて数値を改善する作業だからです。

 

PDCAとは、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)のサイクルを繰り返し行い、業務の改善を促します。

 

PDCAを回し続け、効率良く成果を上げるには広告の知識だけでは不十分です。

 

リスティング広告のPDCAでは数値に対して仮説を立てる必要があるので、論理的思考力は身につけておきたいスキルですね。

 

 

③コピーライティング力

リスティング広告運用者に求められるスキル3つ目は、「コピーライティング力」です。

 

そもそもコピーライティングとは、「人の心理を理解し、文章で読者を動かせる技術」を指します。

 

なぜ、運用担当者にコピーライティングスキルが必要かと言うと、広告でクライアントの商品・サービスを購入してもらうためです。

 

効率的な広告成果を上げるためには、良質な広告文が必要不可欠ですよね。したがって、広告のターゲットとなる人に刺さる広告文を考えなければいけません。

 

また、広告文は一文だけではなく、沢山配信することにチャンスや露出機会を広げることができます。

 

ですのでターゲットに刺さる広告文はベストな一つだけではなく、様々なターゲットに向けたものを作成しましょう。

 

 

④数字などの分析力

最後に、リスティング広告運用者は数字などの分析力も求められます。

 

なぜなら、運用担当者はPDCAを高速で回し続ける必要があり、成果が出るであろう「仮説構築」には、数字から読み解く分析力が必須だからです。

 

また、リスティング広告運用担当者は、3C分析や解析ツールを使いこなせるスキルがあると重宝されます。

 

3C分析をざっくり説明すると、市場(Customer)・競合(Competitor)・自社(Company)の3つの視点から分析を行う手法で、マーケティングの大枠を検討する際に多様されています。

 

また、解析ツールを使いこなせるとより詳細な分析が可能になり、PDCAを回すスピードも向上します。

 

これらの理由から、リスティング広告運用担当者は数字から読み解く分析力が必要です。

 

 

リスティング広告運用担当者の平均年収

お金

 

リスティング広告運用担当者の平均年収は、428万円です。

 

これは日本の平均年収と比較すると、やや低い傾向にありますね。しかし、広告を担当するだけでなく、マネジメントを行ったり、営業も掛け持つなど様々な業務を担当すれば、年収1,000万円も狙える職種です。

 

また、専門代理店はベンチャー企業も多いので、年功序列よりも実力成果主義で年収が増加します。

 

したがって、リスティング広告運用担当者として高収入を得たい方は、広告の知識だけではなく、マーケティングやWeb開発など、幅広いスキルを身につけましょう。

 

 

リスティング広告運用担当者の求人を探すならプロの転職に登録しよう

メモを取る

 

そんなリスティング広告運用担当者への転職を考えている人は、自分で転職活動を行うよりも、「プロの転職」に登録するのがおすすめです!

 

プロの転職は、IT/Web系に特化した転職サービスで、広告業界のプロが転職をサポートしてくれます。

 

プロの転職に依頼するメリットとしては、以下の3つがあげられます。

 

  • 広告業界の内部まで知っているので、転職希望者にマッチした企業を紹介してもらえる
  • 広告代理店とのコネクションが強く、独自の優良求人を紹介してもらえる
  • 担当の転職エージェントが最後までサポートしてくれ、企業とのマッチング精度が高い

広告代理店は、スタートアップのベンチャー企業も多いです。したがって、自分1人で企業を探しても優良企業に出会える可能性は低いでしょう。

 

リスティング広告運用担当者として、「今よりも収入を上げたい!」「自分に適した企業に転職したい!」とお考えの人は、ぜひプロの転職に登録してみましょう。

 

デジタル時代のキャリアプランを考えましょう!

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら末

 

 

まとめ

会議

 

今回は、リスティング広告運用担当者への転職について解説しました。

 

おさらいしておくと、

 

  • リスティング広告運用担当者は「検索エンジンで表示される広告の入稿作業」をする仕事
  • リスティング広告運用担当者は、広告の知識以外にも幅広いスキルが求められる
  • リスティング広告運用担当者の平均年収は高くないが、スキルを身につけることで高収入を狙える

広告媒体が多様化し、リスティング広告などのWeb広告分野が注目されています。

 

この記事を読んでいる人は、ぜひプロの転職に登録し、リスティング広告運用担当者への転職を成功させて下さいね。

広告/マーケティング・IT業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告/マーケティング・IT業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

プロテンMZ編集部

プロテンMZ編集部

この記事を監修した人 プロテンMZ編集部

転職のためのキャリアアップ情報メディア「プロテンマガジン」の編集部です。広告・IT/Web業界にまつわる業界・業種・職種の情報から転職ノウハウ、キャリアのお悩み相談までを週2回ペースでお届けします。

SNSで記事をシェア