カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


転職ノウハウ

by野崎大輔 野崎大輔

第二新卒の転職でベンチャー企業は選択肢に入るのか?

第二新卒の転職先は、多くの企業が採用を拡大している背景から非常に幅広い選択肢があります。中には大企業よりもベンチャー企業を中心に転職活動を行う方もいらっしゃるでしょう。

では、ベンチャー企業は一般企業や大企業とどのような点が異なり、何処に魅力的なポイントがあるのでしょうか。
この記事では、第二新卒ならではのベンチャー企業への転職のポイントについて詳しく焦点をあてていきます。

ベンチャー企業と第二新卒の転職事情

ベンチャー企業と第二新卒の転職事情

​​​​​​ここでは、ベンチャー企業の意味や第二新卒が転職を行う中で何故、ベンチャー企業を選択肢に入れるのかについて解説していきます。

大企業
中小企業
ベンチャー企業
メガベンチャー
福利厚生
整っている
整っているが大企業に敵わない
企業によってバラつきがある
大企業と同等かそれ以上
業務内容
ルーチンワークが多い
ルーチンワークが多い
一定周期で変わることが多い
変わることもあるものの、根幹の業務内容は大きく変わらない
個人の裁量
管理職以外は低い
管理職以外は低い
役職者でなくてもそれなりに高く、望んだ役割を担える可能性が高い
管理職以外は低い

ベンチャー企業とはどんな企業なのか

​​​​​​​一般企業や大企業とベンチャー企業の性質は大きく異なります。それは、ベンチャー企業が新しい分野やサービスに挑戦し続ける姿勢をもっているためです。

そもそもベンチャー企業とは、既存の企業が展開してこなかったサービスや商品を用いて新しい価値を市場に提供する会社のことです。
新規事業であるため多くの企業が創業から年数が経っておらず、人数や資本金が多くありません。 しかし、ベンチャー企業の中には株式上場を果たしたメガベンチャーと呼ばれる企業も存在しています。
特に、広告・IT/Web業界にはメガベンチャーと呼ばれる企業が多く、大企業と同等かそれ以上の給料・福利厚生などが優れている場合もあります。
ベンチャー企業は、新規事業ならではのリスクもありながら、世の中の既存のシステムを大きく変化させる可能性を持っています。 そのような特性を理解したうえで転職活動を行っていきましょう。

選択肢としてのベンチャー企業と第二新卒の転職事情

上記のベンチャー企業の特性は、第二新卒の転職事情のニーズと合致しています。 第二新卒が転職活動を始める最大の理由は、現在の職場や前の職場における業務内容のミスマッチです。

特に仕事に対する意識・やりがいは、与えられた仕事の中で見つけることが非常に難しく、自分でその仕事や会社にいる意味を見つける以外には解決方法がありません。

ベンチャー企業は一人ひとりの業務量が多く裁量が大きいため、重要な業務を任される可能性も大いにあります。

また、常に新しい状況に対応して制度や業務内容が変化し続けるため、常に仕事にやりがいを感じることができるでしょう。

そして、第二新卒として転職し、やりたい業務に挑戦できる環境がベンチャー企業にはあります。 そのため、ベンチャー企業が第二新卒の転職先の1つとして選ばれているといえるでしょう。

ベンチャーのリスクを理解しよう

ベンチャー企業は、常に新しい取り組みを行っています。 そのため、社内体制だけでなく業務内容が日々変化していく可能性があります。

入社すればその変化に対応し続ける必要があるでしょう。 また、社員の人数が少なければ少ないほど複合的な業務を行う必要があります。

仕事に対するプレッシャーは大きく、自分の行動に重大な責任が伴う場面もあるでしょう。 加えて、一般的な企業や大企業などと比較した場合、働く環境そのものが不安定です。

福利厚生や給料なども事業の成否によって大きく変化する可能性も低くありません。 多くのベンチャー企業が第二新卒を歓迎していても、安易に転職先と決定しないことをおすすめします。

企業の実態や業務内容、サービスを展開している業界などを複合的に判断しましょう。

これからの期待度が高い

これからの期待度が高い

ベンチャー企業は今後の時代を担う企業となる可能性があります。 しかし初期段階では、社内体制や給与体系などが整っていない場合が多いことはデメリットです。

ただ、新しい取り組みやサービスが市場に認められた場合には企業としての価値が高まります。

企業が発展すればするほど、次第に一般的な企業や大企業以上の待遇を用意できるようになる可能性もゼロではありません。

また、第二新卒が求めている意向に沿った業務内容などを率先して実行できる体制が将来的に整えられることもあるでしょう。

第二新卒としてベンチャー企業に転職を検討する場合には、将来的に自分の理想の働き方ができるのかということを意識してみましょう。

かんたん3分!ベンチャー転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

転職先としての3つのメリット

転職先としての3つのメリット

ここで転職活動を行う場合のベンチャー企業のメリットを見ていきましょう。

単純にやりがいがあるだけでなく、ベンチャー企業だからこそ一般的な企業とは異なる経験を積むことができる可能性があります。

少人数での組織の立ち上げや役職を経験できる可能性がある

ほとんどのベンチャー企業は少人数であることが多く、場合によって組織の立ち上げや新しい事業の開始などの手続きを経験できる可能性があります。

また、一人ひとりの裁量が大きく、本人の能力次第では若年層でリーダーや役職につく人も珍しくありません。

一般企業や大企業では、役職者としての立場や業務を経験出来る人が非常に限られるのが現状です。

ベンチャー企業の中では望めば、役職をはじめとしたあらゆる立場を経験できる可能性がある点はメリットだといえます。

今までの経歴に囚われない採用が多い

ベンチャー企業も第二新卒を歓迎する姿勢を見せています。 また、異業種からの転職であってもそれをマイナスとして扱うことが非常に少ないのが現状です。

その背景には、ベンチャー企業の場合1人で多数の仕事を受け持つことが多いことから、スキルだけではなく人間性を評価した採用を行うケースが多いという面があります。

ベンチャー企業では広告・IT/Web業界でもスキルよりも人物を評価して採用を行うケースも増加しつつあります。

なぜならそれは、人物としてのやる気やバイタリティが非常に仕事に対して影響力を持つためです。 スキルは後から覚えることができるものの、その人が持つ考え方まで変えることはできません。

そのため、第二新卒が異業種のベンチャー企業に転職する場合でも採用担当者は経歴のみでマイナス評価とすることはないといえます。

加えて、第二新卒の場合は考え方や仕事のやり方が他社に染まりきっていないことから、新しい環境にもなじみやすいと評価されています。

日々の変化に合わせることで自分の能力が伸びる

ベンチャー企業の日常は変化の連続です。社内体制や業務内容が急激に変化することも少なくありません。 そのため、役職者でなくとも自分で判断し、自分で動くスキルが身につくでしょう。

また、トップから部下への情報伝達が早いため、企業内の業務の変化も早いといえます。 そのような状況に慣れてしまえば、どこでも通用する考え方や実行力が身につくでしょう。

しかし、常にスピードと結果を求められるため、安定した環境が好きな方や変化が苦手な方などにはハードに感じられる環境です。

転職先としての2つの注意点

転職先としての2つの注意点

ベンチャー企業のメリットは幅広く人を評価し、人を受け入れる体制を整えている点にあります。 一方でデメリットも存在しており、第二新卒であっても全員に適正があるとは言い難い状況です。

企業としての安定性に不安がある

ベンチャー企業を転職先として選んだ場合、企業の将来性や安定性は、一般企業や大企業と比較して不安な面が目立つ点はデメリットだといえます。

多くのベンチャー企業は体制そのものが不安定な場合も少なくありません。

例えば、大企業からの転職者であっても給与水準は高くない場合も多く、福利厚生も整っているとは言い難いケースもあり得るのです。

そのような場合であれば、第二新卒として転職したとしても失敗する可能性が高いといえます。

ただ中には、メガベンチャーなど、第二新卒であっても大企業に負けないほどの体制を整えている会社もあります。

ベンチャー企業に転職を希望する場合は、会社の将来性はどうなのか市場に対してどのようなサービスを展開しているのかなどの企業研究が必須だといえるでしょう。

1人に対する業務量が多くなりがち

給与や待遇面は、企業によってはすぐに改善することが可能です。 しかし、1人に集中する業務量をコントロールすることは非常に難しいといえます。

特に、企業の体制そのものが整っていないスタートアップや創業数年などの状態であれば、業務量はそれなりに多くなるでしょう。

そのうえで、働き続けるためには、自分のバイタリティを落とさずに目標に向かい続ける姿勢が必要となります。

ベンチャー企業の転職を考慮する場合は、自分のやりたいことに加えて、業務にどのように向き合えばいいのか想定しておきましょう。

ベンチャー企業の向き・不向きの傾向

ベンチャー企業の向き・不向きの傾向

ベンチャー企業で働くという目的を達成することは、第二新卒の場合は難しくありません。 なぜなら求人数が多く、ベンチャー企業としても第二新卒を迎える体制を整えているからです。

しかし、ベンチャー企業に転職するにあたっては自己分析を行ったうえで、どのような人が向いているのか考察する必要があります。

向いている人の傾向

ベンチャー企業のメリットは、一人ひとりに対する仕事の裁量が非常に大きいことにあります。

仕事の裁量が大きいため自分の行動力によって、役職者や新しい事業の部門長となることも不可能ではありません。

そのうえで、ベンチャー企業に向いている人の傾向は、

  • 多忙な状況であっても自分を見失わず、業務を遂行できる
  • 業務の変化に柔軟に対応できる
  • 実行力がある

などです。特に、業務内容に強くやりがいを求める場合には、ベンチャー企業は最適な選択だといえるでしょう。

向いていない人の傾向

ベンチャー企業は一般的な企業と比較した場合、会社の将来性に対するリスクが高いことがデメリットとなります。

例えば、できたばかりの新しい会社が既存のシステムよりも優れたサービスを市場に提供しても、経営者の経営手腕によっては会社ごとなくなってしまうパターンもあるでしょう。

そういった事情をふまえたうえで、ベンチャー企業に向いていない人の傾向は

  • 安定を好む
  • 急激な変化を嫌う
  • やりがいよりも給料が大事
  • リスクを取りたくない

などです。 第二新卒としてベンチャー企業を選択する際は、自己分析を重ねたうえで転職を決定しましょう。

ベンチャーではやりたいことと目的意識を明確に

第二新卒として転職活動をしている殆どの方は、社会人経験を通して自分のやりたいことを明確に意識しているでしょう。

そして、自分のやりたいことに対してどんな企業に所属すれば、やりたいことができるのかを日々検討している状況にあります。

ベンチャー企業の場合、自分のやりたいことを叶えることはそこまで難しいものではありません。 日々、変化していく業務に対応しながら、自身のスキルを大きく伸ばしていくことも可能です。

しかし、一般的な企業とは異なり、ベンチャー企業は新しい事業やサービスに挑戦し続けることから、安定性を求めることはできません。

中小企業と規模が変わらないベンチャー企業であれば、日々の業務の中での意識が重要な要素となります。

スキルを磨く自分のやりたいことから将来を見据えることが働く理由ややりがいにつながるでしょう。

まとめ:どのような目標を持って行動するのか意識しよう

まとめ:どのような目標を持って行動するのか意識しよう

ベンチャー企業は、一般的な企業や大企業とは異なり、常に変革の中にあります。 社内体制や昨日までの業務が突然変化するパターンも多いでしょう。

そのうえで、ベンチャー企業は第二新卒の転職先の1つとして有力だといえます。 大企業や一般的な中小企業にはない新しい目線や挑戦はベンチャー企業ならではのものです。

そして、第二新卒としてベンチャー企業に転職する場合には、その会社の中でどのような目標を持って行動するのかを強く意識しましょう。

かんたん3分!ベンチャー転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

この記事を読んだ方におすすめ

第二新卒の転職バイブル!事前準備~内定まですべてがわかるまとめ

ベンチャー企業にまつわるコラム記事の一覧(まとめ)

20代におすすめしたい転職エージェントの活用法

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

野崎大輔

野崎大輔

この記事を監修した人 野崎大輔

デジタル時代で10年後も勝ち続けるキャリア設計を支援する白メガネ。転職/副業/就活/イベント企画を横断したコンサルティングに従事。リクルートの人材ビジネス、博報堂DY系アイレップ等を経て現職。デジタル知見を活かしたマッチングが得意。趣味は面接同席。MarkeZine「白メガネ野崎が突撃!」連載中。

SNSで記事をシェア