カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


業界ナレッジ

by若林一平 若林一平

テック営業の仕事内容・年収・転職方法などを徹底解説!未来を担う商材を売り出そう

テック営業の仕事内容・年収・転職方法などを徹底解説!未来を担う商材を売り出そう

皆さんはテック営業の仕事に興味をお持ちでしょうか?開発をメインとし、IT業界のなかでも最先端をひたはしるテック業界に身をおきたいと考える若者は多いもの。

ITサービスが商材となるので専門的な知識が必要ですが、そのぶんやりがいがある仕事といえます。

この記事では、テック営業の仕事や年収、キャリアパス、転職方法といった転職に役立つ情報を紹介します。この記事を読めば、憧れのテック営業に転職できる確率が高まりますよ。

≫≫広告・IT/Web業界に強い「プロの転職」の無料登録はこちら≪≪

テック営業とはどんな仕事?

テック営業とはどんな仕事?

その名のとおりテック業界での営業の仕事を指します。テック業界ではITテクノロジーを用いて、既存サービス・製品に新たな付加価値を生み出しています。

近年は「xTech」という言葉をよく聞きますが、これはIT以外の業界にITテクノロジーを利用して新たな価値を生み出すこと、または生み出されたサービスのことを指します。

テック営業の仕事も、主にIT以外の企業や消費者に、自社のITサービスの提案営業をおこなうという仕事が多いです。参考に「xTech」にはどういったものがあるのか見てみましょう。

Fintech(フィンテック)

Fintech(フィンテック)とは、「Finance(金融)」と「Technology」を掛け合わせた言葉。「xTech」の中でも最も有名だといえるでしょう。

Fintech(フィンテック)の事例としては、モバイル決済が挙げられます。チャージされたスマホを使って瞬時に支払いが完了するので、現金を持ち歩かなくても済むようになりました。

不動産テック

不動産テックとは、その名の通り不動産業界にデジタル化や自動化を持ち込むことです。「Prop Tech(プロップテック)」、「Real Estate Tech(リアルエステートテック)」と呼ばれることもあります。

物件検索向けのWebメディアやスマートロックやスマートホームなど住まいの利便化に貢献するITサービスなどが事例のひとつです。

EdTech(エドテック)

「Education(教育)」と「Technology」の造語です。

教育業界への技術導入を指し、たとえばタブレット端末を活用したペーパーレス授業や、インターネットによるサテライト授業などが挙げられます。

テック営業とはどんな仕事?の挿絵

HRTech(HRテック)

「Human Resource(人材)」との掛け合わせの言葉で、採用活動の自動化サービス、蓄積されたビッグデータを活用したサービスなどが考えられます。

これまでの人材採用は勘や人柄といった人的要素が強い領域でした。そのため、さまざまなテクノロジー導入の余地があるといえるでしょう。

AgriTech(アグリテック)

「Agriculture(農業)」との造語で、ドローンを活用した農地の現状把握、生産管理などが典型的です。

農業のような一次産業はシステム化が遅れている領域ですから、今後の発展が期待できます。

LegalTech(リーガルテック)

「Legal(法律)」とtechnologyの掛け合わせ。弁護士や行政書士といった法律の専門家のサービスを、遠隔地でも受けられるシステムの導入などがあります。

コンプライアンス強化が声高に叫ばれている中、今後の需要増が見込まれる領域です。

紹介した以外にもSportsTech(スポーツテック)やFoodTech(フードテック)など多種多様なものがあります。

つまり、営業の対象となる商材も多様な製品があるということです。時代の最先端をいく商材を担当できる可能性もあり、非常にやりがいがある仕事といえるでしょう。

また、顧客からダイレクトに感謝の言葉が届く立場でもあり、そこが楽しいと感じる人も多いです。

基本的には、IT関連の製品・サービスを営業先に提案するのが主な仕事内容です。契約だけでなく支払いやアフターケアに至るまで、顧客とのやり取りは一任されます。

顧客だけでなく、プログラマーやSE・デザイナーといった社内の関係部署とも頻繁にコミュニケーションをとる必要があります。

小規模な会社だとマーケティングと兼任する可能性もあるので、事前に業務範囲についてきちんと確認しておきましょう。

テック営業の年収はどれくらい?

テック営業の年収はどれくらい?

年代別の平均年収は、下記の通りです。

20代
350~400万円
30代
500~550万円
40代
650~700万円
50代
850~900万円

国税庁の「民間給与統計調査」によるとサラリーマン全体の平均年収は約430万円と出ています。

テック営業なら30代でサラリーマンの平均年収を優に超えるので、年収が高い職業だといえるでしょう。

IT業界自体が高年収の業界ということもあり、他業界の営業と比べても営業の年収は高めです。このため、営業で高年収を達成したいならおすすめの職種です。

また、営業職特有の給与制度に、達成した成果によって報酬が変わる「インセンティブ制度」があります。

テック営業は商材によって利益率が大きく異なるため、インセンティブの幅も広いです。

インセンティブによる高給与を狙っているなら、事前に希望する企業のインセンティブ制度の詳細を確認しておきましょう。

​​​

\テック営業への転職もお任せください!/

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

前職はどのような職種が多い?

前職はどのような職種が多い?

現在、テック営業として働いている人に多い前職の職業をご紹介します。

他業界の営業職

不動産営業や広告営業など他業界ですでに営業の仕事に就いていた人が、IT営業に転職するケースが多いです。

転職の理由としては以下のようなものが大半です。

  • 営業のスキルを上げたい
  • 年収を上げたい

実際の求人にも「法人営業の経験3年以上」というように一定の営業経験を求める求人も見受けられます。

たとえば不動産営業として働いていた人なら、不動産テック企業の求人に応募すると前職での知識や経験がアピールできるでしょう。

システムエンジニアやプログラマー

SEやプログラマーといった技術職から転職するケースも目立ちます。業界が同じなので、習得したスキルや知識を業務に生かしやすいメリットがあります。

テック営業には自社の製品・サービスに対する深い理解・知識が必要なので、IT系の技術職を経験していると提案する商材への理解がスムーズに進むでしょう。

未経験

未経験でも転職することは不可能ではありません。実際、「未経験可」を謳うテック企業の求人もあります。

企業に導入する大規模なシステムを商材とする会社では、技術職や営業の経験を求めるのが一般的です。

しかし、Webサイトやコンテンツ制作などネットビジネス系の求人なら、未経験からでも挑戦しやすいです。

キャリアパス

キャリアパス

転職を成功させるには、将来のキャリアパスをどのように考えているのか説明できることが大切です。

とはいってもIT営業のキャリアパスにはどのような道があるかイメージしづらいですよね。ここでは、考えられるテック営業のキャリアパスを紹介します。

経験を積みマネージャー職を目指す

勤めている会社で結果を残し、課長や部長といったマネージャー職を目指すパターンがひとつです。

この場合、ずっと営業に関連する仕事を担当することになります。役職があがれば年収も上がり、目指すポジションが明確のため、モチベーションを保ちやすいです。

大企業で営業課長になれば年収1,000万円越えも夢ではありません。

企画職

営業から企画職に転職するバターンもあります。テック業界という最先端の業界で日々営業の仕事をしていると、自分でも新しいものを作り上げたいと感じる人も少なくありません。

クリエイティブな人なら企画職は向いていますが、実際の仕事はリサーチやデータ作成など泥臭い業務が多いので注意です。

ITコンサルタント

クライアントが抱えるIT関連の相談を一手に引き受けるITコンサルタントになる道もあります。

その場合、主にコンサルティングファームに勤務することになります。業界として需要が高いので、ITコンサルタントは引く手あまたです。

年収も、営業時代では考えられない高年収を達成することも可能でしょう。

ただ、企業を相手にコンサルを行うのでITに関する知識だけでなく、財務や法律など関連分野の知識にも精通することが必要です。

独立する

これまで培ったスキルや知識・人脈などを活かし、自ら会社を立ち上げるパターンも考えられます。

独立すると会社特有の人間関係のしがらみから解放され、自分の好きなように仕事ができるメリットがあります。

成功すれば会社員時代より大きく稼ぐことも可能です。ただ、失敗したらその責任も自分で負わなくてはならないので注意です。

独立する前に、現在のクライアントなどのつてを利用し、仕事の受注先を確保しておけば失敗するリスクが大幅に低くなるでしょう。

テック営業への転職を成功させる方法

テック営業への転職を成功させる方法

時代の最先端を担う、テック業界での営業の仕事に魅力を感じる方は多いでしょう。

将来のキャリアパスも豊富なので、将来性の高い仕事ともいえます。そんなテック営業への転職を成功させるにはどうすればよいのでしょう。

ここではテック営業に転職を成功させる具体的な方法を解説します。

高いコミュニケーション力

営業の仕事なので当たり前ですが、応募書類や面接では高いコミュニケーション力をアピールしましょう。営業で求められるコミュニケーション力には具体的には以下のような能力です。

    • 専門用語をかみ砕いてわかりやすく説明する能力
    • 信頼してもらえる人柄
    • 顧客の課題を聞き出すヒアリング力

上記のような特性・能力が自分に備わっていることを、過去のエピソードを根拠に伝えられると説得力が出て良いでしょう。

事務的な能力

営業職に応募するとコミュニケーション力のアピールに注力しがちですが、スケジュール管理や書類作成など、事務的なスキルも備わっていることもアピールしたほうが良いです。

実際の業務では、社内担当者の進捗状況を把握することもありますし、請求書や納品書といった書類作成では正確性や期限に間に合わせる力が求められます。

最低限のプログラミング知識

営業職の仕事の大まかな流れは、顧客から要望を聞き、それが実現可能なものか担当者と協議し結論を出し、提案するというものです。

エンジニアと同じレベルまで求めませんが、最低限のプログラミング知識があったほうが話しやすいでしょう。

また、顧客としても営業にはそれなりの知識があると期待しますから、営業に対し技術的な相談をもちかけることがあります。

このような事情から、最低限なプログラミング知識があったほうが好ましいです。前職でIT関連の企業に勤めていなくても事前に勉強し、知識を習得しましょう。

未経験可の求人でも、プログラミング関連の知識があると伝えると採用に有利に働く可能性が高いです。

資格を取得する

転職に資格は必須ではないですが、一定の知識を保有している証明になるので営業やITに関する資格の取得は有効な手段です。

転職する際に有利に働く可能性が高い資格を紹介します。

IT業界で活躍するための基本的知識や法務的知識があることの証明になる国家資格
高度IT人材となるための基本的知識や技能が備わっていることの証明になる資格。エンジニア転職の際にも役立つ。

まとめ

まとめ

この記事では、テック営業に転職したいかた向けに、仕事内容、年収、キャリアプラン、転職方法など紹介してきました。

テック営業はやりがいもあり年収も高く将来性もあるという非常に恵まれた仕事です。

転職を成功させるには「高いコミュニケーション力があること」「最低限のプログラミング知識があること」をアピールするのが大切です。

この記事で学んだことを活かし、ぜひテック営業として活躍する未来を実現させましょう。

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら末

この記事を読んだ方におすすめ

営業職のベンチャー転職!大手や中小とは何が違う?

正社員VS契約社員「なるなら正社員」は危険かもしれません!

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

若林一平

若林一平

この記事を監修した人 若林一平

エンジニア、通信・アドテク領域・SaaSの営業、DMPの事業開発と幅広い領域・職種を経験。培った経験と人脈を活かしたマッチングが得意。「何のために副業するのか?」という軸を掘り下げて、業界俯瞰視点からキャリアに明確な意味づけをする面談が好評を博するコンサルタント。

SNSで記事をシェア