カテゴリー

プロテンをフォローして最新情報をチェック!

プロテンをフォローして最新情報をチェックしよう!


業界ナレッジ

byプロテンMZ編集部 プロテンMZ編集部

PMへの転職を目指す方必読!年収や転職のポイントなど役立つ情報を徹底解説

PMへの転職を目指す方必読!年収や転職のポイントなど役立つ情報を徹底解説_アイキャッチ

この記事をご覧のあなたは、PMに転職したいとお考えですね?PMはプロジェクトの総括を担う、プロジェクトの成功に必要不可欠な職種です。

この記事では、PMに転職するために必要な情報をお伝えします。最後まで読めば、PMへの転職成功率が高まりますよ。

≫≫広告・IT/Web業界に強い「プロの転職」の無料登録はこちら≪≪

PMとは?

PMとは?

PM(プロジェクトマネージャー)とは、一言でいえばプロジェクト全体を管理する立場の職種です。

納期までに成果物を納品できるよう、各担当者の進捗状況の確認・予算管理・クライントとの調整など、幅広い業務に携わります。

開発するのがアプリなのかシステムなのか、自社製品か外注なのか等、プロジェクトの目的によって具体的な業務内容は変わります。 ここでは、一般的なPMの仕事内容を詳しく見ていきましょう。

具体的な仕事内容

プロジェクトは基本的に、以下の流れで進みます。

  • 開発計画の策定
  • プロジェクトチームの結成
  • プロジェクトの進捗管理
  • 成果品レビュー

PMはこれら各工程においてリーダーシップを発揮する、いわば「プロジェクトのかじ取り役」を担うのです。

プロジェクトの具体的な流れ挿絵

「開発計画の策定」とは、プロジェクトの目的・予算・納期などを明確にする工程です。

クライアントがいる場合、どのようなシステムをどれくらいの予算でいつまでに必要なのか、しっかりとヒアリングします。

予算や納期などの制約があるため、全ての要望を聞き入れられないケースもありまが、その時は交渉し、落としどころを探ります。

プロジェクトの内容が固まったら、目的を達成するために人を集め、プロジェクトチームを結成します。メンバーの選定はPMの仕事で、必要があれば社外からも人材を引っ張ってくる必要があります。

プロジェクトが始動したら、進捗状況を定期的に確認します。

進捗状況に遅延が生じたり計画に問題があることが発覚したりした場合、ステークホルダーにその旨を報告し、必要な対策を講じなくてはいけません。

成果物が完成した後は、その制作物が当初の想定通りに仕上がっているか確認します。もし至らぬ箇所を発見した場合、担当部署に修正の指示を行います。

このように、PMの仕事はプロジェクト全体に及ぶので責任が重大です。その分、最後までやり遂げられればこの上ない達成感を得られる、やりがいのある仕事といえるでしょう。

PMの年代別年収を紹介

PMの年代別年収を紹介

PMは、システム開発の上流工程を担うのでIT業界の中では年収が高い職種です。

プログラマーやエンジニアなどの実際にシステム開発を担当する職種よりも、かなり年収が高いのです。PMの年代別年収を以下表にまとめたので、ご確認ください。

20代
450万~500万円
30代
600万~650万円
40代
700万~750万円
50代
800万~850万円

国税庁の民間給与実態調査によると、日本のサラリーマンの平均年収は約430万円です。

驚くべきことにPMでは、20代でサラリーマンの平均年収を超えています。日本全体で考えても、かなり高年収が期待できる職種といえるでしょう。

PMへ転職した人の前職は?

PMへ転職した人の前職は?

PMは一定のスキルや経験が必要となる仕事です。

そのため、全くの未経験からいきなりPMになるには難しいでしょう。 ここでは、PMへ転職を成功させた人が、前職でどういった職種に就いていたのかご紹介します。

プログラマーやSE

プログラマーやSEなど開発をメインで担当していた人が、キャリアアップのためにPMになるケースが多いです。

開発部門からPMへ転職した人なら、実際にシステムを開発していたので、どのような作業が必要なのか知っています。

作業内容を熟知していることは、プロジェクトチームを束ねる際に大きな強みとなります。

たとえば、どの作業にどれくらいの時間を要するか、この作業は難易度が高いから問題が発生しやすいだろう、といったことが判断でき、全体の計画が立てやすいのです。

また、少人数のプロジェクトを担当するとPMでも自ら手を動かす場面が生じることもあります。そのため、システム開発のスキルを保有していると有利に働くのです。

ただ注意してほしいのは、プログラミングスキルなど、技術スキルがあることだけをアピールしても、PMの転職に有利に働かない可能性が高い点です。

PMはあくまでも「プロジェクトの責任者」なので、技術的なスキルもさることながら、マネジメントスキルも重要です。

プログラマーやSE時代に、主体的に意見を出し、提案・改善に貢献した経験があると前職の経験を効果的にアピールできるでしょう。

別業界でのマネジメント職

PMになるには、IT業界で経験を積んでいなければ難しいのではと考えているかたも多いでしょう。

しかし、前職がIT業界とは全く関係のない業界でも、マネジメント経験があればPMに転職することも可能です。

たとえば、金融機関で管理職に就いていた人が、Slerに転職し、金融機関へのシステム導入プロジェクトに抜擢される可能性もあります。

金融機関での業務経験があるため、専門的な知識や慣習に習熟していることが評価されるためです。

このように、専門的な知識が必要となるプロジェクトでは、IT業界未経験でも別業界のマネジメント職から人材募集をかけることも十分あり得ます。

\PMへの転職もお任せください!/

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら

PMのキャリアプラン

PMのキャリアプラン

転職活動では、将来のキャリアプランをどのように考えているか聞かれることがあります。

企業は長期的に働いてくれる人材を獲得したいと考えるため、キャリアプランをどう描いているのかが気になるのです。

そのため、PMになりたいのであれば、PMからキャリアアップを遂げるにはどのような選択肢があるのか知っておくべきでしょう。この章では、代表的なPMのキャリアプランを紹介します。

ITコンサルタント

システム開発の最上流工程を担う、ITコンサルタントを目指すパターンが考えられます。ITコンサルタントの仕事内容を一言でいえば、「ITを活用し企業が抱える課題を解決すること」です。

ITコンサルになるとシステム開発の会社ではなく、コンサルティングファームに所属します。

PMはプロジェクトの総括が仕事でしたが、ITコンサルになるとひとつの企業単位で動くので、これまでより業務規模が拡大します。

年収も高くなる傾向があり、ITコンサルでは年収1,000万を超すケースも珍しくありません。

CIO

CIOとは、和訳すると「最高情報責任者」の意味で、企業のIT戦略や情報管理など情報に関する業務の最高責任者のことです。

名称でピンときた人もいるかもしれませんが、CEO(最高経営責任者)やCFO(最高財務責任者)と同様、企業トップ層の一角です。

情報のエキスパートの観点から、企業の情報に関するさまざまな事項を決定します。

フリーランスになる

もう1つのPMのキャリアプランには、フリーランスPMが考えられます。人脈が豊富でスキルも申し分ないとなれば、独立しても仕事には困らないでしょう。

PMはフリーランスの中でも単価が高い職種で、月単価が100万円を越えるケースもあるそうです。 企業経営やコンサルに興味がなく、PMの道を極めたいという人ならフリーランスがおすすめです。

PMへ転職を成功させる方法

PMへ転職を成功させる方法

最後にPMへの転職を成功させる方法を解説します。正直なところ、PMへの転職は簡単なものではありません。以下に紹介するポイントを守り、成功確率を上げましょう。

PMに必要な能力

応募書類や面接では、PMに求められるスキルが自分に備わっていることをアピールしましょう。PMに必要なスキルとは、主に以下の3つです。

  • コミュニケーションスキル
  • マネジメントスキル
  • 危機管理能力

コミュニケーションスキル

PMは社内外多くの人と関わるため、高いコミュニケーション能力が必要不可欠です。 チームを束ね顧客との交渉を有利に働かせるためには、業務上の伝達だけでなく信頼関係の構築が必須です。

選考では、チームで何かを成し遂げた経験チーム内で自分がどのように働きかけたのかをアピールすると良いでしょう。

マネジメントスキル

プロジェクトの管理をおこなうので、マネジメントスキルも求められます。

管理職経験をアピールするのが好ましいですが、管理職に就いていなくても、部下や後輩に指導した経験等を通じて人材マネジメントスキルがあるとアピールすることは可能です。

危機管理能力

PMに求められる3つ目のスキルは、危機管理能力です。 計画通りに業務を遂行するために、作業の遅延やトラブル等、失敗の危険が生じたら早いうちに芽を摘む危機管理能力が必要です。

  • 前職でミスしないためにおこなっていたこと
  • それをやることで実際にミスが減ったなど効果が出たこと

を述べると効果的でしょう。

資格を取得する

PMの業務に関連する資格がいくつか存在します。これらの資格を取得すれば一定のスキルがあると評価してもらえる可能性が高いです。

ただ、資格の取得は必須ではありません。あくまで採用に有利に働く程度にとどまることを認識しておきましょう。

PMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)
アメリカの非営利団体PMI主催の国際資格
PM(プロジェクト・マネージャー試験)
独立行政法人 情報処理推進機構(IPM)主催の資格
ITストラテジテスト
IT技術を利用した経営戦略や企画推進力まで問われるため、非常に難易度が高い試験

紹介した上記3つの資格で最もおすすめなのは、PMPです。国際的にもアピールできるだけでなく、実務でも役立つ幅広い知識が問われるため、一定の実務能力の証明になり得ます。

業務経験を詳細に整理する

PMの求人では、「何等かのシステム開発経験(主に3年以上)」「システムの保守運用の経験」というように、開発に携わった経験が求められることがほとんどです。

また、「プロジェクトリーダー以上の経験」「管理職、それに準ずる経験」というように、リーダーシップに関する経験が求められる場合も多いです。

今までの経験をアピールする場合の注意点は、できる限り詳細に説明すると良いでしょう。

選考にあたり人事担当者が確認したい事項はたくさんあります。人事が知りたいポイントをきちんと記載することが、書類選考の通過率を上げる大きなポイントです。

PMの採用において、人事が知りたいポイントは以下の通りです。

  • プロジェクトの規模(人数、期間、予算)
  • 業界
  • クライアントの規模(大手、中堅、上場等)
  • システムの内容
  • プロジェクトの中で果たしてきた役割
  • 開発言語等のテクニカルスキル

上記以外にも、失敗談や成功談なども合わせて説明すると、採用後どのように働いてくれるのかイメージがわくので良いでしょう。

まとめ

まとめ

PMの仕事内容・年収・前職・キャリアプラン・転職方法などを紹介しました。 PMはプロジェクトの全体的な管理をおこなう立場です。

プロジェクトの上流工程を担うため、年収はかなり高いのが特徴。 プログラマーやシステムエンジニアなどシステム制作の下流工程からキャリアアップを目指し、転職するケースが多いです。

転職成功のためには、コミュニケーション力やマネジメントスキルなどPMに求められる能力を備えていることをアピールする必要があります。

また、人事担当者に自分のこれまでの具体的な経験が伝わるよう、職務経歴書の記載はできる限り詳細におこないましょう。

かんたん3分!転職のプロがあなたをサポート無料登録はこちら末

 

この記事を読んだ方におすすめ

マネジメントってどんな仕事? 若手敏腕マネージャーに聞いた「やりがいと悩み」

キャリアアップを加速させるPDCA!PDCAの方法と得られる効果とは?

広告・IT/Web業界の転職支援に強いエージェントサービス「プロの転職(旧:シンアド転職エージェント)」では、キャリアの志向性や実現したいことなどを丁寧にヒアリングさせていただいた上での「一分の一」のマッチングを目指してご提案しております。

<プロの転職が選ばれる3つの理由>

1.10年以上続く業界特化型サービスで、社長、役員クラスとの強いパイプを保有。他にはない良質・限定案件やオープンポジションが多数。

2.対応するコンサルタントは、豊富な業界経験を持つプロフェッショナル。業務レベルであなたを理解しポテンシャルを提案できるため、条件交渉も強い!

3.ただ提案するだけでは終わらない。面接同席やレジュメ添削など、あなたの大切な転職活動を徹底フォロー!

<こんな方におすすめです>

  • 専門性が高く業界に特化した担当者に相談したい
  • マッチング精度重視。本当に魅力を感じる企業にだけ応募したい
  • 適切な意思決定をするために、スピード感も大事
  • 転職した後のキャリア・年収レンジまで考えた提案が欲しい
  • いま転職するのは正しいのか?メリット・デメリット両方提示してほしい

サービス利用者の口コミはこちら(アンケートより)

業界経験豊富なコンサルタントが、無料であなたにあった求人をご提案いたします。広告・IT/Web業界での転職をご検討なら、まずは「プロの転職」にご相談ください。

キャリアのご相談はこちらから(無料登録)

プロテンMZ編集部

プロテンMZ編集部

この記事を監修した人 プロテンMZ編集部

転職のためのキャリアアップ情報メディア「プロテンマガジン」の編集部です。広告・IT/Web業界にまつわる業界・業種・職種の情報から転職ノウハウ、キャリアのお悩み相談までを週2回ペースでお届けします。

SNSで記事をシェア